2021年冬ドラマ-俺の家の話一覧

俺の家の話 5話 感想|能に縛られ続ける2人の人生

 

f:id:rincoro_ht:20210123210314p:plain

 

寿限無桐谷健太)の遅めの反抗期は、案外あっさりと終わった。

まぁ…大人になってからだとあんな感じなんだと思いますよ。

父がクソジジイだと知ったら、家出をしたり能を辞めたり出来たはずだけど、

彼はそうはせず、いつも通りの生活を送る事を選んだ。

小さい頃から現在まで長い間人生を共にしてきた「能」だから…

捨て切れなかったし、捨てたくてもどうやって捨てたら良いのか

分かんなくなっちゃったんでしょうね。きっと。

大州(道枝駿佑)くらいの年齢で事実を知らされていれば

別の夢を見つける事も、親に対して思いっきり口答えする事も出来たかもしれないだけに、

感情を上手く伝えきれないまま「結局自分にはこの道しかないんだ」状態になってしまう

寿限無の姿は、ちょっと切ない。

 

でも、どうしようも出来ない怒りを

寿一(長瀬智也)にぶつけられただけでも良かった。

身近な兄の存在がいた事が唯一の救いか。

終盤の「どこ乗れば良いの?」「ふふ…俺の隣だよ」の会話は、

実際には車のどこの席が空いているのかを聞くくだりでも、

その奥底には、初めてお互いを兄弟だと認識した2人が

不器用ながらも兄として、弟として"同じラインで"接しようとする

真っ直ぐな気持ちが込められているようで、妙な温かさを感じるシーンでした。

なので…ここは直に解決すると思いたいです。

 

「能」に縛られていたのは、寿三郎(西田敏行)も同じで。

妻が里帰り出産している時、アルコール中毒で倒れた時、イタリア公演の時と

事あるごとに女性と親密な関係を築くのは褒めたもんではないけれど、

何もかも捨てたい…でも人間国宝に選ばれたのがきっかけで

世間の目を気にしてしまって、結局は捨てる事を諦めたという所は分かる気がしました。

(性欲はむき出しだったよねっていうのは置いといてw)

 

家族写真も、誰かが能面の時を除いては、一度しか撮っていない。

まともに全員で旅行も行けないほど「能」に時間を費やし、縛られてきた人生。

そんな家族が「やらずに後悔よりやって後悔」というスタンスでいるのは、

"今"の観山家らしいなぁ…と思います。

このご時世だから、いつまたどこかで再拡大して、あるいはいつ終息するのかも分からないし。

最期になるかもしれない家族旅行、何も問題が起きずに

思いっきり楽しんでいって欲しいです。

 

ところで…あれだけ女性と交流があるなら、寿限無以外にも隠し子がいても

おかしくない気はしますよねぇ。

さくら(戸田恵梨香)が…って事はないのかしら。

っていうかそれ以前に、旅行から帰って来たら姿も家の物も消えてそうなんですけど…(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


俺の家の話 4話 感想|絶対権力者の前ではNOとは言えない

 

f:id:rincoro_ht:20210123210314p:plain

 

いや、本当クソじじいですな(笑)

これは寿限無桐谷健太)が闇堕ちするのも無理ないですよ。

前回の「死に方が分からない」でしみじみしちゃったけどさぁ…

あの話を聞いちゃうと、意味、結構変わって来るよねぇ……。

だって、自分が自分じゃなくなる前に、後悔ない人生を送るために言ってしまおうか、

それとも子供のために言わないでおこうかっていう葛藤も含まれていた訳でしょ?

まぁ、結局はカミングアウトしてしまったし、

心が晴れやかになるのは当本人だけなんですけど。

でも…個人的には、ちゃんと意識がある前に言った方が良いと思うんですよ。

亡くなってから分かれば「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ!」という

怒りをぶつける相手がいないモヤモヤは残りますし、

認知症が進行してきた場合、本人はボケた頭でもポロっと出ちゃう事だってあり得ますし。

そっちの方が精神的に来そうです。

それにしてもねぇ…さくら(戸田恵梨香)に凄いべったりだとは思ったけれど、

まさか他の女性の子供を作るほど女好きだったとは…印象が変わっちまいましたな(泣)

 

印象が変わったと言えば、O.S.D(秋山竜次)も。

場を盛り上げるために生まれたボケキャラのイメージがあっただけに、

深い言葉が彼から出てくるとは思いもしませんでした。

「ラーメン好きなやつってさぁ、

ラーメン好きなやつの気持ちしか分かんねぇんだよなぁ」

これ…自分なりに解釈すれば、今まで医者を目指して努力してきた親が

我が子にも医者になってもらいたいという想いで厳しく教育する

ある種の"願望"と同じ原理なんですよね。多分。

人間国宝で絶対権力者の寿三郎(西田敏行)の下で育ってきた

寿一(長瀬智也)、踊介(永山絢斗)、寿限無

そして、その家族に影響されてきた秀生(羽村仁成)と大州(道枝駿佑)。

観山家の息子達も、繋がりを持つ人々も、

みんな「男なら男らしく継ぐべし」「男らしい意志を持つべし」という

見えないけど確固たる"しがらみ"の中で生きてきたんだろうなぁ…と考えさせられる話でした。

 

"長男なんだから"家を継がなければならない責任感を持つ寿一。

"弟子になったんだから"観山家のために尽くさなければならない任務を任される寿限無

"能の才能がないのなら"違う職業で家に貢献しなければならない踊介。

"能一家の孫として生まれたのなら"能が好きじゃなくても踊らなければならない大州。

初回の感想で「父親の呪いもこの物語には含まれている」といった文を書きましたが、

今回は男性中心の話に絞って、

逃れたくても中々逃れられない"家族の繋がり"を描いてきたと。

 

これは今更の気づきで、俺の家の話の「家」は「いえ」とも読めるけれど、

家庭や家族を意味する「うち」とも読める訳でさ。二重の物語になっているんですよね。

長男は能とプロレスを掛け持ちしていて、父は要介護で、個性的な子達で…という、

一見風変わりの家族を紹介する話でもあるし。

寿一が現状を知って、介護に関わっていく事で、家族とどう向き合って行くのか…という、

長い間そこに存在している"家"そのものを建て直す話でもある。

いや〜、よう捻られてますわ。

 

前半も相変わらず笑いの連続でしたし。

で…ビューティフルライフごっこって、本当に当時からあったのかしら(笑)

世代じゃないので分からないw

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


俺の家の話 3話 感想|まことの"フリ"した顔とまことの顔

 

f:id:rincoro_ht:20210123210314p:plain

 

再現能が始まった時にゃあ…びっくりしましたよ。

唐突な劇中劇を放り込むくだりは「流星の絆」のポストイットを思い出してしまいました(笑)

あれは初回からいきなりあんなコミカルな展開になったもんだから

雰囲気が噛み合わないように感じて、

それからあの作品の面白さに気づくまで時間がかかったもんですが、

本作の場合は初回、2話と徐々にクスッとさせられるネタを重ねていって…の今回の劇ですからね。

やっぱり"タイミング"って大事だなぁと。

登場人物が役になりきっているのも相まって、楽しく見られましたよ。

「ぽかりぽかり」には笑いましたw

 

そして、前回に引き続き触れられたさくら(戸田恵梨香)自身のお話。

さくらの幼少期…まぁ、親とのお金関係で悲惨な日々を送っていたのが真実なら

「貸してくれオーラ」を感じ取れてしまうのも理解は出来ますが…

レンタル彼女代として月額3万円をせびる辺り、

作り話なのではないかとちょっと疑っちゃうんですよね。

やっぱり"限りなく黒に近いグレーゾーン"なんじゃないかと。

 

「私の家の話」は嘘かまことか。

半分はまことで、残り半分はオブラートに包んだ嘘かもしれない。

さくらの話を聞いて、本作のテーマが何かが掴めてきましたよ。

"仮面"をつけて本音を隠しながら生きている人々を描きたいのだと。

だから「プロレス」が絡んでくるんだ…と、妙に腑に落ちてしまいました。

 

建前と本音とも言い換えられるお話。

息子に能の才能があると分かって嬉しい反面、

自分は褒められた事ないのに孫が褒められるのは羨ましいという

嫉妬の顔を覗かせる寿一(長瀬智也)と。

「死に方が分からない」とボソリと弱音を漏らす時はマスク姿で、

スーパー世阿弥マシンを褒める時は、当本人の顔が見えない形で

風呂場の壁を挟んで褒めてみせる寿三郎(西田敏行)。

表向きでは"自分"を取り繕ってみせているけど、

実は"何か"で隠していないと自分の気持ちを伝えられなかったり、

気づかれないようにと隠したままでいたり…という

2人の二面性の描写に惹かれます。

 

寿三郎が死ぬ前に本当にやりたい事は恐らく「家族旅行」なんだろうな…というのが

二重線で引かれているのを見て何となく分かるから、それがちょっと切ない。

そして、スーパー世阿弥マシンが息子だというのも恐らく気づいていて。

エンディングノートに大きく書かれた「もう一度、舞台に立つ」に

そのうち「息子と一緒に」が付け加えられる展開が来るんじゃないかなぁと思っています。

親子で立っている所、最終回で見たいな。

 

一見バラバラで密度の濃い内容を羅列させているようで、

最後はきちんとオチをつけて完結させる。

今回の話だけで1本の作品を見ている感覚に陥りました。

じわじわと満足度が上がってきております♪

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓ 

kimama-freedays.ddns.net

 


俺の家の話 2話 感想|10分で忘れる…をネタに出来る強さ(笑)

 

f:id:rincoro_ht:20210123210314p:plain

 

勢いが加速してきましたねぇ…

初回は「俺の家の話」だけあって

主人公の生い立ちや家族事情について紹介するくだりがあったために、

序盤が大人しくて中盤から徐々に"らしさ"が見えて来る…という印象を持っていたけれど。

そんな初期設定が済んだ今回は、終始クスクス笑える小ネタが満載でした。

YO YO!俺のじいちゃん要介護!から始まり、

「ヘルパー 夜這い むちむち」の検索まで。

特に10分前の事を忘れるくだりなんて本来笑っちゃいけない所なんですけど、

西田敏行さんが気持ち良いくらいにカラッとした演技をされるもんだから可笑しくて(笑)

一歩間違えたら顰蹙を買う恐れのある「認知症あるある」を可哀想と思わせる以外で見せるには、

ある程度の潔さがないと成立出来ないんだろうなぁ…と実感しましたよ。

 

そして、さくら(戸田恵梨香)の後妻業疑惑の件。

これは…彼女の言う通り、自分の仕事を全うしているだけですね。この意見はごもっともだ。

Aさん、Bさんと名付けて何人ものおじいさんから遺産をガッポリもらっているのは

はたから見れば詐欺行為ととれるでしょうけど、

後妻業というのは「遺産をもらうために死へと導く」職業であって、

彼女は死に導くよりもむしろ命を長く生かしてきたから、決して不正を働いたとは言えない。

さくらがヘルパーになった動機も特に明かされませんでした。

でも、少なからず分かるのは…"父親"くらい歳の離れた人と共に過ごす形で

その人と"家族"にもなりたかったし、誰かからの"愛情"を欲しかったんじゃないかな…という事。

寿一(長瀬智也)が息子の才能に関して悟っていた

「親でありながら、俺は親離れ出来ていない。いびつな男だ。」じゃないけれど。

寿一が25年間実家に帰らなかったのにもかかわらず、"家族"から逃れられなかったように、

彼女もまた家族という"思い出"から抜け出せない一人なのではないかとふと考えさせられました。

そう考えると、ぱっと見はコメディでテーマは介護でも、

軸はちゃんと"ホームドラマ"なんですね。

クビにはならなそうだったから、今後も寿一達と関わりながら

寿三郎(西田敏行)の世話をしていく事で、少しずつ人との向き合い方が変わっていく所も

さり気なく描かれていくんだろうな。

 

それにしても、本作以外にも言える事ですが、

最近のドラマは中盤や最終章まで引っ張りそうなネタを

早々に解決している傾向にありますね。(視聴者に考察させるためにそうする所もあるけれど)

さくらの後妻業疑惑なんて、まだまだ引っ張ろうと思えば引っ張れたでしょうに、

2話で言及してしまうとは驚きました。

縦軸以上に"描きたいモノ"があるんだ…という

脚本家の意欲やメッセージ性が感じ取れて、良いですね。

 

話の内容に戻るとして…最後の寿三郎の倒れ方は、

きっとこんな風に孤独死するケースもあるんだろうと思えるシーン。

寿一が試合で苦戦している時の歩き方と、

寿三郎の足のおぼつかない歩き方を交互に映してシンクロさせるけど、

後者はドラマのように劇的に立ち上がるなんて事はなかった…という

"理想と現実"を見せられたのが、余計に胸に来ました。

予告では無事そうで何よりでしたが、

寿一は介護の失敗によりプロレスとの繋がりを完全に断つ事になるのか、

はたまた二足のわらじを履くのか…来週も楽しみです!

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


俺の家の話 1話 感想|俺の介護生活が始まる!

 

f:id:rincoro_ht:20210123210314p:plain

 

冒頭から超個人的なイメージを書いてしまうと…

宮藤官九郎さんの脚本は、私にとっては

ゴーヤチャンプルーみたいなものだと思っているんですよねぇ。

コメディタッチで展開されていく物語に

最初は「なんじゃこりゃ!?」とあまり惹かれずにいるんですが、

回を重ねるにつれて台詞から"真意"が見えてきたり、伏線が回収されたりして

その作品の良さがだんだん分かってくる…みたいな。

つまり、初回の段階だと、独特さの方が勝ってしまって掴めない事が多い。

そんなイメージを抱えていたからか、本作は大衆受けしやすいように

"クドカン節"が抑えめに作られていたのが意外でした。

 

控えめに作られていると言っても、台詞の節々から出てくるキワドさや面白さは健在だし、

特に「退院しました!」「実は録音してました!」っていうくだりは

とんでもなくひどい(笑)←褒めてます

「さんたまプロレス」も、多分視聴者が「あれ一本足したら…」と想像するのを

分かっている上で設定したんだと思ってます。

でも、笑えるやり取りをトントン拍子で進めていった分、後半の重さが効いてくる。

 

認知症疑惑のシーンでは、空気を読まずに答えまくる秀生(羽村仁成)の存在が

気まずい雰囲気を作るのに一役買っていて、

徐々に神妙な面持ちになってしまう大人たちから考えさせられる"余白"が感じ取れましたし、

「介護に特別な感情を持ち込まない方が良いですよ」

介護保険サービスを受けるのは国民の権利」などと、

介護が軸の話だけあって、かなり現実的な面にも触れている印象がありました。

しかし、本作が一番伝えたいのは、きっとそこではない…んでしょうねぇ。

寿一(長瀬智也)が「なんで俺が」というような言葉を

風呂場で投げかけた時にハッとしましたよ。

25年間顔を見せていなくても"家族だから"いつまでも繋がれるけど、

逆に顔を見せなかったから「普通に介護出来るよね?」と圧をかける

父親の呪いもこの物語には含まれているんだと。

 

そんな感じで、表向きは楽しいけれど、深く深く本作を捉えて行ったらゾワッとさせられる…

コメディとシリアスが同居した、

毎回見終わった後に不思議な余韻が残る作品になりそうな予感がした初回でした。

 

戸田恵梨香さんの悪い女っぷりも新鮮で、堪らんですね。

細い方だから、寿三郎(西田敏行)の膝の上に乗って軽い!って言われるのも

全然頷けますし(笑)

次回予告で後妻業かどうかを言及されているあたり…多分違う目的があるんでしょう。

家族のしがらみの中で、他人のさくら(戸田恵梨香)が

どう関わっていくのかにも注目したいです。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net