視聴リスト&期待度一覧

2021年 春ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20210325185351j:plain

 

4/21:「大豆田とわ子と三人の元夫」「着飾る恋には理由があって」最新話をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の4月期のドラマを紹介して行こうと思います。

※なお、期待度は私の嗜好で善し悪しを決めているので、

特定の原作が大好きだという方は満足感を得られない恐れもあります。

あくまでも一個人の意見です。基本的に、自己責任でお願いします。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2021年 春ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くかもしれない全19作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 春ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

   

2021年 春ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴&初回執筆予定の19作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

※初回放送日、スタッフに関する情報は、3/26時点のものです。

 

 

月曜日

 

イチケイのカラス(4/5・フジテレビ・月曜21時)★★★★

 

刑事裁判官を主人公として描く民放連続ドラマは本作が初めて。 自由奔放で型破りなみちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの、人間臭く温かみのある活躍に光を当てていく、笑いあり、涙あり、サスペンスありの爽快リーガルエンターテインメント

 

まずね…竹野内豊さん×月9の組み合わせだけでテンション上がるのよ!!!

情報解禁された時点で生き甲斐が確定しました(笑)

私が竹野内さんを好きになったのはこの枠の「流れ星」で(途中からの視聴だったけど)、

それから11年ぶりに月9で主演をされるというんだから感慨深い。

一時期月9のオファーも断っていて、

フジドラマも連ドラだと2014年を最後に全然出演なしだったので、

もうフジには出たくないのかなぁ…と思っていたけど、余計な心配は無用でしたね。

 

スタッフに関しては正直「これは最強な布陣でしょ!」と胸張って言えるほどではないんですが、

原作があるので、それなりに面白さは確保されているでしょう。

刑事裁判官がメインのドラマっていうのも新鮮ですし、

真面目で冷静そうな面々が並ぶ中、ラフな格好でにんまりしている主人公が際立っていて

「変わり者っぽそうだなぁ〜」と思えるキャラ造形にもワクワクさせられます。

 

出演:竹野内豊黒木華新田真剣佑

脚本:浜田秀哉(「絶対零度 シリーズ」「ナオミとカナコ」「ボイス 110緊急指令室」)

演出:田中亮 (「コンフィデンスマンJP シリーズ」「アンサング・シンデレラ」)

   星野和成(「僕らは奇跡でできている」「アリバイ崩し承ります」「SUITS2」)

   森脇智延(「SUITS/スーツ シリーズ」「好きな人がいること」「黄昏流星群」)

   並木道子(「最高の離婚」「セシルのもくろみ」「モトカレマニア」)

音楽:服部隆之(「半沢直樹 シリーズ」「陸王」「ラジエーションハウス」)

編成企画:高田雄貴(「Chef~三ツ星の給食~」「刑事ゆがみ」「黄昏流星群」)

プロデュース:後藤博幸(「SUITS/スーツ シリーズ」「突然ですが、明日結婚します」)

       有賀聡 (「カンナさーん!」「初めて恋をした日に読む話」「アライブ」)

       橋爪駿輝(「平成物語 シリーズ ※SP」「ペンション・恋は桃色」)

主題歌:「」

原作 :浅見理都『イチケイのカラス』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/ichikei/

 

 

きれいのくに(4/12・NHK総合・月曜22時45分)

 

「好きな人の、好きな顔になりたい」誰しもが抱える容姿へのコンプレックスにまつわる、まったく新しい、ジュブナイルSFが誕生!「自分の口がゆるせない」「輪郭をほんの少し変えたい」そんな悩みを抱えた高校生たちが暮らすのは、ほとんどの大人が“同じ顔”をした不条理な国…リアルと虚構が入り混じった青春ダークファンタジー

 

学園モノという事で大衆受け&若者受けする「俺のスカート、どこ行った?」や

逆にキワどい要素が入っていて見る人を選びそうな「死にたい夜にかぎって」など、

時間帯や放送枠のカラーに合わせた作品を手掛ける脚本家として個人的に注目している

加藤拓也さんの最新作。

公式サイトによると、2年ほど前に決まっていた企画を一新し、

ダメだろうなぁと思っていた変わったプロットが採用されて、本作に決まったそうです。

 

「高校生達が暮らすのは、ほとんどの大人が"同じ顔"をした不条理な国」

という部分に「世にも奇妙な物語」っぽさも感じさせますが、

所謂"ボツ案"が使われたくらいなので、

ある意味好き嫌いが分かれるほど独特な世界観を構築して

どんどん引きずり込ませる作品になるんじゃないかと期待しております。

 

出演:吉田羊、蓮佛美沙子、平原テツ、小野花梨、橋本淳、加藤ローサ

作 :加藤拓也 (「俺のスカート、どこ行った?」「死にたい夜にかぎって」)

演出:西村武五郎(「あまちゃん」「ツバキ文具店」「いだてん」「Living ※SP」)

   鹿島悠  (「アシガール」「透明なゆりかご」「螢草 菜々の剣」「エール」)

   田中陽児 (作品不明)

   加藤拓也 (「劇場特別版 カフカの東京絶望日記 ※映画」)

音楽:蓮沼執太 (「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」「恋愛奇譚集」※全て映画)

制作統括:訓覇圭(「トットてれび」「いだてん」「天使にリクエストを」)

プロデューサー:小西千栄子(「西郷どん」「エール」)

        高橋優香子(「わろてんか」「だから私は推しました」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/444023.html

 

 

珈琲いかがでしょう(4/5・テレビ東京・月曜23時6分)★★★★

 

いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは、素敵な移動珈琲屋さん。日々がしんどくて癒されたい人、人間関係を見直したい人、珈琲が好きな人…全ての人を湯気のようにやさしく包み込む、幸せを運ぶ"最高の珈琲タイム"をお届けする。

 

原作は読んでいませんが、当時大好きだった「凪のお暇」と同じ原作者の作品の実写化なので

これもお気に入りになるんだろうなぁ…と踏んでおります。

また、最近続いていた強気な王子様的な役よりも、ちょっと和んだ役の方が

中村倫也さんには合っているとも思うので、今回のキャスティングは間違いなしですね。

 

出演:中村倫也夏帆磯村勇斗光石研

監督・脚本:荻上直子(「かもめ食堂」「彼らが本気で編むときは、」※全て映画)

監督:森義隆 (「イロドリヒムラ」「バイバイ、ブラックバード」)

   小路紘史(「ケンとカズ ※映画」「GIVER 復讐の贈与者」)

音楽:HAKASE-SUN(「スイートプールサイド」「人のセックスを笑うな」※全て映画)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「浦安鉄筋家族」「アノニマス」)

プロデューサー:合田知弘(「新米姉妹のふたりごはん」「共演NG」「アノニマス」)

        森田昇 (「サイレント・ヴォイス シリーズ」「歴史迷宮からの脱出」)

        山田雅子(「偉大なる、しゅららぼん」「ラブ×ドッグ」※全て映画)

        平部隆明(「忘却のサチコ シリーズ」「サイレーン」「姉ちゃんの恋人」)

OPテーマ:小沢健二「エル・フエゴ(ザ・炎)」

EDテーマ:Nulbarich「CHAIN」

原作:コナリミサト『珈琲いかがでしょう』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/coffee_ikaga/

 

 

火曜日

   

大豆田とわ子と三人の元夫(4/13・フジテレビ・火曜21時)★★★★

 

大豆田とわ子はこれまでの人生で三度結婚し、三度離婚している。しかし、今もまだ3人の元夫たちに振り回されている。 離婚する理由として、人間的に問題がある事も考えられるが、果たして問題のない人間なんているのだろうか? "好きで嫌い"状態のワケありの関係が続く4人による、それぞれの幸せを見つけるまでの物語

 

坂元裕二さんの作品は基本的にキャラが立っていて、

会話劇もクスッとさせられるものが多いので、まずそこで楽しめそうではあります。

ただ、ちょろっと心配なのは、松たか子さん&松田龍平さん…で、

メインキャストが4人となると「カルテット」を思い出すのと、

離婚という題材が取り扱われているとなると「最高の離婚」を思い出す点で、

以前のヒット作の二番煎じになってしまうのかな?という気がしなくもないです。

 

出演:松たか子岡田将生角田晃広松田龍平

脚本:坂元裕二「Mother」最高の離婚」「カルテット」「anone」)

演出:中江和仁(「嘘を愛する女 ※映画」「きのう何食べた?」)

   池田千尋(「まどろみバーメイド」「B面女子 ※SP」「Red ※映画」)

   瀧悠輔 (「名刺ゲーム」「わたし旦那をシェアしてた」「僕はどこから」)

音楽:坂東祐大(「美食探偵 明智五郎」)

プロデュース:佐藤亜裕美(作品不明)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ktv.jp/mameo/

 

    

着飾る恋には理由があって(4/20・TBS・火曜22時)★

 

鎧を纏う事で自分の居場所を得ていた“着飾る女”と、シンプルを追求する“ミニマリスト男”。 価値観の違う人々がひとつ屋根の下で暮らし、恋をしたり、友情を深めたりする中で、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く"うちキュン♡”ラブストーリー

 

もう飽きたどころの話じゃない……………………(滝汗)

火10枠、以前はもう少し社会派要素も絡んでいた印象なんですが、

去年の某医療ラブコメがヒットしてからずーっと

「完璧そうに見えてちょっとドジっ子な女性×容姿端麗な男性」で

2人セットにしたラブコメが続いているんですよね。(一部は面白い作品もあったけれども。)

 

初回の内容次第では、感想すら書かない可能性大です。

脚本家の作品も基本的に合わないものばかりですし…。

 

出演:川口春奈横浜流星丸山隆平中村アン

脚本:金子ありさ(「花燃ゆ」「FINAL CUT」「中学聖日記」「恋はつづくよどこまでも」)

演出:塚原あゆ子(「アンナチュラル」「グランメゾン東京」「MIU404」)

   棚澤孝義 (「大恋愛」「死役所」「レンタルなんもしない人」)

   府川亮介 (「中学聖日記」「恋の切れ目がおカネのはじまり?」)

音楽:(「」「」「」)

編成:松本友香(「私の家政夫ナギサさん」)

   川島優子(作品不明)

プロデュース:新井順子(「アンナチュラル」「わたし、定時で帰ります。」「MIU404」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kikazarukoi_tbs/

 

 

水曜日

  

恋はDeepに(4/14・日本テレビ・水曜22時)★★ ←リタイア

 

海を愛する魚オタクの海洋学者と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司。住む世界がまるで違う2人が、巨大マリンリゾートの開発プロジェクトを通して運命的な恋に落ちる。しかし、彼女には誰にも言えない秘密があり、その恋はかつてないほど禁断だった…。この春、地上で一番Deepな恋の幕が上がる!

  

火曜に続いて、こちらもラブコメ

綾野剛さんはどっちかっていうと、"正統派""キラキラ"なイメージのある御曹司よりも、

人目をはばからず推しへの愛をプレゼンするオタクの姿を見たい気持ちがあるので、

御曹司な時点で「あ、もうこれはなんか違うな」と思っております(苦笑)

 

脚本家の作品も「おっさんずラブ(無印)」は面白かったですが、

続編も含めてそれ以降の作品は良かった印象はなく…。

特にラブコメに関しては、目先のキュンばかり優先し過ぎて

登場人物の心情描写が不足していたり、変に恋愛方面に寄せたりしているのが気になります。

今回はどうなんでしょうね…。

 

出演:石原さとみ綾野剛今田美桜渡邊圭祐、大谷亮平 他

脚本:徳尾浩司(「おっさんずラブ シリーズ」「チア☆ダン」「私の家政夫ナギサさん」)

演出:鈴木勇馬(「東京タラレバ娘」「今日から俺は!!「3年A組」「偽装不倫」)

   岩本仁志(「時をかける少女(2016)」「崖っぷちホテル!」「大全力失踪」)

   伊藤彰記(「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」「35歳の少女」)

音楽:菅野祐悟(「刑事ゆがみ」「半分、青い。」「危険なビーナス」「青のSP」)

チーフプロデューサー :加藤正俊(「偽装不倫」「ウチの娘は、彼氏ができない!!」)

プロデューサー:枝見洋子(「ゆとりですがなにか」「奥様は、取り扱い注意」)

        畠山直人(「リモートで殺される」「アプリで恋する20の条件」※全てSP)

        鈴木香織(「生田家の朝 シリーズ」「東京タラレバ娘」「白衣の戦士!」)

        山口雅俊(「闇金ウシジマくん シリーズ」「ハケンの品格2」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/deep/

 

 

木曜日 

 

桜の塔(4/15・テレビ朝日・木曜21時)★★

 

犯人VS警察の構図を主軸に描かれることが多かった刑事ドラマに、常識を180度覆す衝撃作が登場!警視庁を舞台に、その頂点=警視総監を目指し巻き起こる組織内の「パワーゲーム」を描きながら、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマを描いていく。

 

常識を180度覆す衝撃作!って言ってもなぁ…

上層部との争いや陰謀論によるドロドロ展開は、

テレビ朝日のこの枠のドラマでは刑事でも医療でも描かれてきた印象があるので、

個人的にはそんなに新鮮味を感じないんですよね。

あと、一番不安なのは「3年A組」「ニッポンノワール」を手がけた脚本家の作品だという事。

制作局のカラーに寄せた作品になりそうな可能性もありますが、

また主人公に熱い説教をさせてお涙頂戴路線に走ったり、

机を蹴るなどの暴力を振るったりしてガチャガチャした雰囲気になるんだったら

即リタイアするかも…。

 

出演:玉木宏広末涼子仲里依紗、岡田健史、椎名桔平

脚本:武藤将吾(「家族ゲーム「3年A組」「ニッポンノワール」)

演出:田村直己(「未解決の女 シリーズ」「ドクターX シリーズ」「刑事ゼロ」)

   星野和成(「僕らは奇跡でできている」「アリバイ崩し承ります」「SUITS2」)

   片山修 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「黒革の手帖」「七人の秘書」)

音楽:(「」「」「」)

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「七人の秘書」「モコミ」)

プロデューサー:中川慎子(「エイジハラスメント」「黒革の手帖」「東京独身男子」)

        中沢晋 (「サヨナラ、えなりくん」「豆腐プロレス」「当確師 ※SP」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/sakuranotou/#/?category=drama

 

 

レンアイ漫画家(4/8・フジテレビ・木曜22時)★★

 

漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・誠一郎と、“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子・あいこ…そんな恋に不器用な二人の、笑えて、ほろっとくるハートフルラブコメディー。二人の出会いは誠一郎の弟の葬儀で、「俺のためにレンアイしろ!」と彼があいこにとんでもない仕事の依頼をした所から物語が始まる。

 

これもまた脚本家が最大の不安要素…(汗)

ただ、火水木とラブコメが続きますが、本作に関しては"不器用な二人"という点で

成長物語=人間ドラマとしての面白さが加わり、

差別化も図れるんじゃないかとわずかに期待しております。

心が折れた感じの鈴木亮平さんは見てみたいです。

 

出演:鈴木亮平吉岡里帆、眞栄田郷敦 他

脚本:松田裕子 (「東京タラレバ娘 シリーズ」「正義のセ」「絆のペダル ※SP」)

演出:石川淳一 (「リーガルハイ シリーズ」「海月姫」「絶対零度(2020)」)

   小林義則 (「駐在刑事 シリーズ」「明日の約束」「ヘッドハンター」)

   淵上正人 (「HOPE」「新宿セブン」「デイジー・ラック」)

音楽:末廣健一郎(「逃げ恥」「ストロベリーナイト・サーガ」「G線上のあなたと私」)

編成企画:佐藤未郷 (「謎解きはディナーのあとで」「ストロベリーナイト」)

     江花松樹 (「不甲斐ないこの感性を愛してる ※SP」)

プロデュース:小林宙(「家族ゲーム」「海月姫」「SUITS/スーツ1」)

OPテーマ:BiSH「ZENSHiN ZENREi」

主題歌:佐藤千亜妃「カタワレ」

原作 :山崎紗也夏『レンアイ漫画家』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/index.html

 

 

金曜日

 

半径5メートル(4/30・NHK総合・金曜22時)★★★★ 

 

「半径5メートル」とは、すごく個人的で、ニュースにもならず、名前もついていないような感情や出来事を指す。 女性週刊誌の迷コンビが、育児、仕事、夫との生活の中で「なぜ私はこんな思いをしているのだろう?」という女性たちの"もやもや"から、人生の機敏と時代に迫る。

 

まず、「半径5メートル」というタイトルに目を惹かれますね。

どんな内容なんだろうと思わされましたし、概要を見ても興味深い。

橋部敦子さんと社会派ドラマの組み合わせは珍しいですが、

心情描写と、不思議と優しくなれる余韻の生み出し方には長けている

脚本家さんだと思うので、当たり作品になりそうな予感がしています。

 

出演:芳根京子永作博美、毎熊克哉、真飛聖山田真歩

作 :橋部敦子  (「僕らは奇跡でできている」「知ってるワイフ」「モコミ」)

演出:三島有紀子 (「少女」「ビブリア古書堂の事件手帖」「Red」※全て映画)

   岡田健   (「とと姉ちゃん」「西郷どん」「螢草 菜々の剣」)

   北野隆   (「いだてん」「鉄の骨」)

音楽:田中拓人  (「無伴奏」「幼な子われらに生まれ」「Red」※全て映画)

制作統括:勝田夏子(「ゲゲゲの女房」「軍師官兵衛」「半分、青い。」)

     岡本幸江(「ごちそうさん」「おんな城主 直虎」「タリオ」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/442717.html


 

リコカツ(4/16・TBS・金曜22時)★★★

 

自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲と、厳格な自衛官一家で育った生真面目な男・緒原紘一。 まるで正反対な2人は、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚を果たしたのだが、価値観の違いで意見が食い違い、新婚早々離婚を決意する事に…本作は、そんな離婚から始まるラブストーリーをお届けする。

  

話が「離婚したい!」「いや、やっぱり離婚しなくても良いかな…」の

繰り返しだったらどうしよう(笑)

離婚が前提のドラマなので、面白くなるかどうかは

どれだけ話を膨らませられるかにかかっている感じですね。

キャラ造形は悪くなさそうですが、何話か見てみないと分からないかも。

 

出演:北川景子永山瑛太高橋光臣白洲迅

脚本:泉澤陽子(「お迎えデス。」「いつまでも白い羽根」「ギルティ」)

演出:坪井敏雄(「カルテット」「凪のお暇」「この恋あたためますか」)

   鈴木早苗(「コウノドリ シリーズ ※企画名義」「レンタルの恋 ※プロデューサー名義」)

   韓哲  (「桜蘭高校ホスト部」「コウノドリ2」「集団左遷!!」)

   小牧桜 (「3人のパパ」「この恋あたためますか」)

音楽:井筒昭雄(「99.9 シリーズ」「民王」「Heaven?」「妖怪シェアハウス」)

プロデュース:植田博樹(「アンナチュラル」「SPECサーガ完結篇 SICK'S シリーズ」)

       吉藤芽衣(作品不明)

主題歌:米津玄師「Pale Blue」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

 

 

あのときキスしておけば(4/30・テレビ朝日・金曜23時15分)★★★

 

僕の大好きな彼女は今、中年のおじさんの中にいます…。ヒロインは麻生久美子!…ではなく、井浦新松坂桃李史上「最もポンコツな主人公」が奔走する、衝撃の“入れ替わり”ラブコメディーが開幕!

 

僕の大切な人がおじさんの姿になって…っていうドラマ、前に見たぞ(笑)

最近続く入れ替わりネタに食傷気味ではあるんですが、

それを払拭するくらい面白いと良いなぁ…と思ってます。

 

出演:松坂桃李井浦新麻生久美子、三浦翔平 他

脚本:大石静  (「家売るオンナ シリーズ」「大恋愛」「恋する母たち」)

演出:本橋圭太 (「緊急取調室 シリーズ」「TWO WEEKS」「姉ちゃんの恋人」)

   日暮謙    (「過保護のカホコ」「FINAL CUT」「24 JAPAN」)

   Yuki Saito(「おっさんずラブ シリーズ」「私のおじさん」「書けないッ!?」)

音楽:(「」「」「」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「にじいろカルテ」)

プロデューサー:貴島彩理 (「おっさんずラブ シリーズ」「にじいろカルテ」)

        本郷達也 (「セミオトコ」「女子高生の無駄づかい」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/anokiss/#/?category=drama

 

 

生きるとか死ぬとか父親とか(4/9・テレビ東京・金曜24時12分)★★★★

 

愛嬌はあるが自由奔放な父と、それに振り回される中年の娘による、おもしろ可笑しくて、ときどき切ない家族の愛憎物語。ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔を持ち、女性からの圧倒的な支持を厚ける『人生相談の名手』と呼ばれるジェーン・スーが主人公のモデルとなっている。

 

ジェーン・スーさんは存じ上げないですが、

回を重ねるごとに親子に愛着が湧いてくる"隠れた名作"になりそうな気がしています。

ポスタービジュアルの、昭和の写真館で撮る家族写真のような色褪せた感じが

そうさせるんですよねぇ…。

 

出演:吉田羊、國村隼田中みな実松岡茉優富田靖子岩崎う大

脚本:井土紀州(「私立探偵 濱マイク」「溺れるナイフ ※映画」)

監督:山戸結希(「溺れるナイフ」「ホットギミック」※全て映画)

   菊池健雄(「東京アリス」「仮面同窓会」「この男は人生最大の過ちです」)

シリーズ構成:山戸結希(「溺れるナイフ」「ホットギミック」※全て映画)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :阿部真士 (「きのう何食べた?」「浦安鉄筋家族」「アノニマス」)

プロデューサー:佐久間宣之(「ウレロ☆未確認少女 シリーズ」)

        祖父江里奈(「東京センチメンタル」「きのう何食べた?」「共演NG」)

        半田健  (「東京女子図鑑」「お父さんと伊達さん ※映画」)

        平林勉  (「コタキ兄弟と四苦八苦」)

OPテーマ:高橋優「ever since」

EDテーマ:ヒグチアイ「縁」

原作:ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/ikirutoka/ 

 

 

ソロ活女子のススメ(4/2・テレビ東京・金曜24時52分)★★★

 

孤独のグルメ」「ワカコ酒」「ひとりキャンプで食って寝る」のように、“ソロ活”をメインとした作品を数々と生み出してきたテレビ東京が次に手掛けるのは、女性の“ソロ活”。本作は、主人公・五月女恵が新たなひとり○○を体験していく物語となっている。

 

 

「俺の家の話」「その女、ジルバ」で個人的に好感度急上昇中の

江口のりこさんの主演作。

30歳までの結婚を推奨するドラマもある中で、

「ソロ活最高!」をはっきりうたうドラマを作るテレ東深夜枠、本当に我が道を進みますね。

シリーズ化前提で進んでいるのかも?

 

出演:江口のりこ小林きな子、渋谷謙人、佐々木春香 他

脚本・監督:及川博則(「ファーストクラス」「真夜中の百貨店」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:森田昇 (「サイレント・ヴォイス シリーズ」「歴史迷宮からの脱出」)

        村上浩美(「真夜中の百貨店」)

        永井清 (「真夜中の百貨店」)

OPテーマ:Sano ibuki「Genius」

EDテーマ:Homecomings「Herge」

原案:浅井麻由美『ソロ活女子のススメ』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/solokatsu/ 

 

 

土曜日

 

今ここにある危機とぼくの好感度について

(4/24・NHK総合・土曜21時)★★★★

 

長い伝統を誇る名門「帝都大学」を社会の縮図として、世の中で直面しているさまざまな問題を描く風刺コメディ。大学の広報マンである主人公が、次々と巻き起こる不祥事に振り回されては、その場しのぎで逃げ切ろうとする姿をブラックな笑いに変えながら、現代社会が抱える矛盾と、そこに生きる人々の悲哀に迫る。

   

大学と世の中の出来事を結びつけるという設定は面白そう。

これもタイトルに惹かれます。

"「帝都大学」を社会の縮図として…"となると、あれもこれもと書きたい欲が

出てきそうな気もしますが、全5話で綺麗事で済まさない程度に、

いかにコンパクトにまとめられるかどうかですかね。

 

出演:松坂桃李鈴木杏渡辺いっけい高橋和也池田成志

作 :渡辺あや(「カーネーション」「ロング・グッドバイ」「ストレンジャー ※SP」)

演出:柴田岳志(「みをつくし料理帖 シリーズ」「平清盛」「透明なゆりかご」)

   堀切園健太郎(「篤姫」「スニッファー」「フェイクニュース 前編 ※SP」)

音楽:清水靖晃(「みをつくし料理帖 シリーズ」「夏目漱石の妻」「透明なゆりかご」)

制作統括:勝田夏子(「軍師官兵衛」「半分、青い。」「ストレンジャー ※SP」)

     訓覇圭(「トットてれび」「いだてん」「天使にリクエストを」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/439721.html

 

  

コントが始まる(4/17・日本テレビ・土曜22時)★★★★

 

「人生」とは、壮大なコント(喜劇)である!?本作は毎話、一本のショートコントから幕を開ける。誰もが指差す"大敗"のド渦中にいる男女5人だが、それは煌めく未来への"前フリ"なのかもしれない…笑って泣いて、俯いた"前フリ"を回収していく群像劇が始まる。

   

情報解禁された時、内容を読んでいて「これは金子脚本だと良いなぁ…」と考えていたのが

本当にそうで、またこの枠で笑いと悲哀の入り混じった作品が見られると思うと嬉しいです。

金子茂樹さんが描く主人公は、あんまり好感が持てないように見えて

じわじわと愛らしく感じられる人物ばかりなんですよ。

「一本のショートコント」となると、話のバリエーションも豊富で飽きが来なさそう。

 

出演:菅田将暉有村架純、仲野大賀、古川琴音、神木隆之介

脚本:金子茂樹(「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です。」「俺の話は長い」)

演出:猪股隆一(「家売るオンナ シリーズ」「私たちはどうかしている」「35歳の少女」)

   金井紘 (「貴族探偵」「グッド・ドクター」「ラジエーションハウス」)

音楽:松本晃彦(「怪盗 山猫「3年A組」「ニッポンノワール」)

チーフプロデューサー :池田健司(「地味にスゴイ!」「親バカ青春白書」「レッドアイズ」)

プロデューサー:福井雄太(「ボク、運命の人です。」「3年A組」「ニッポンノワール」)

        松山雅則(「あなたの番です」「私たちはどうかしている」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/conpaji/

 

 

泣くな研修医(4/24・テレビ朝日・土曜23時)★★

 

自分の無力さにもがき、傷つく若者たちをはじめ、医療従事者にも熱いエールを届ける作品がこの春誕生!傷ついた患者や、時に救えない患者を前に、無力感に打ちのめされ、幾度となく涙を流しながらも"医師"という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描いていく。

 

感染者も各地で再び増加して、コロナ禍がしばらく収まりそうな気配のない中で、

あえて"医療従事者"にスポットを当てた作品。

いくら経験の浅い研修医でも、このご時世的に

医療現場の描写にリアリティが感じられなかったらアウトだと思うので。

まずはちょっと様子見してみます。

原作がどうかは分かりませんが、おっちょこちょいな部分を強調したり、

恋愛要素を入れたりしないと良いな…

 

出演:白濱亜嵐、木南晴夏野村周平柄本時生恒松祐里

脚本:樋口卓治 (「離婚なふたり ※SP」「真夏の少年」「共演NG」)

演出:豊島圭介 (「豆腐プロレス」「妖怪シェアハウス」「書けないッ!?」)

   朝鳥ツワ子(作品不明)

   小松隆志 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「美しい隣人」「先生を消す方程式。」)

音楽:(「」「」「」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英 (「未解決の女 シリーズ」「先生を消す方程式。」)

プロデューサー:服部宣之 (「やすらぎの道〜刻」「ケイジとケンジ」「書けないッ!?」)

        残間理央 (「全身刑事 ※SP」「警視庁・捜査一課長2020」)

        山本喜彦 (「時効警察はじめました」「アリバイ崩し承ります」)

        小路美智子(「原島浩美がモノ申す!」「先生を消す方程式。」)

主題歌:「」

原作 :中山祐次郎『泣くな研修医』

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/nakuna_doctor/#/?category=drama

 

    

コタローは1人暮らし(4/24・テレビ朝日・土曜23時30分)★★★

 

子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進の隣の部屋に、何やら訳アリな5歳児・さとうコタローが1人で引っ越してくる所から物語が始まる。狩野&コタローコンビ、そしてアパートの住人たちが織り成す、日本で一番優しいハートフル・コメディ

 

これは普通〜に、気軽に楽しむつもりです。

ただ、個人的に微妙な作品が続く衛藤さん脚本なのが不安ですが…。

 

出演:横山裕、川原瑛都、山本舞香西畑大吾百田夏菜子生瀬勝久

脚本:衛藤凛 (「のだめカンタービレ」「偽装不倫」「私たちはどうかしている」)

監督:松本佳奈(「デザイナー 渋井直人の休日」「きょうの猫村さん」)他

音楽:篠田大介(「蜜蜂と遠雷 ※映画」「きょうの猫村さん」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「にじいろカルテ」)

プロデューサー:都築歩  (「緊急取調室2,3」「僕とシッポと神楽坂」)

        尾花典子 (「死役所」「レンタルなんもしない人」「書けないッ!?」)

        松野千鶴子(「おっさんずラブ シリーズ」「にじいろカルテ」)

        岡美鶴  (「黒革の手帖」「東京独身男子」「にじいろカルテ」)

主題歌:「」

原作 :津村マミ『コタローは1人暮らし』

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/kotaro/#/?category=drama

 

 

日曜日

 

ドラゴン桜(4/25・TBS・日曜21時)★★★

 

前作で多くの受験生を驚かせた勉強法"桜木メソッド"を時代に合わせた形で紹介すると共に、若者達が抱える現代ならではの悩みや、大人が抱える子育ての悩みをも繊細に写し出す。日曜の夜にスカッと爽快な気分になれる、ある意味での"スポ根"ドラマ

  

前作は未視聴(そのうち予習はするつもり)。

金10枠で放送されていたのが今度は日9枠での放送となるので、

(3/26時点で)まだ発表されていない脚本家次第ではありますが、

福澤演出となると"いかにも日9"な顔芸寄りの暑苦しい雰囲気に

変わってしまうのではないか?と思っています。

あとは内容が時代に合っているかどうか。

「まだ結婚できない男」や「ハケンの品格」の二の舞にならない事を願います…。

 

出演:阿部寛長澤まさみ、高橋海人、南沙良江口のりこ及川光博

脚本:(「」「」「」)

演出:福澤克雄(「半沢直樹 シリーズ」「下町ロケット シリーズ」「ノーサイド・ゲーム」)他

音楽:(「」「」「」)

プロデュース:飯田和孝(「陸王」「義母と娘のブルース」「集団左遷!!」)

       黎景怡 (「凪のお暇」「半沢直樹2」「この恋あたためますか」)

主題歌:「」

原作 :三田紀房ドラゴン桜2』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/dragonzakura/

 

 

ネメシス(4/11・日本テレビ・日曜22時30分)★★

 

すべての事件が、最後の謎に繋がるーーポンコツ探偵と天才過ぎる助手が、超難解な事件を次々解決!無関係なはずだった事件は連鎖し、驚愕の真実が浮かび上がる…極上のミステリーエンターテインメントが開幕。

 

ぶっちゃけ、この枠がうたう「極上ミステリー」には期待していません(笑)

そして、公式サイトには

"《一話完結の事件》と《20年前の謎》が複雑に織りなす、全10話の物語。"と

書かれているので、どうせ真相の裏側はHuluで明かされるんだろう…と踏んでいます。

櫻井翔さんと広瀬すずさん、江口洋介さんの組み合わせから楽し気な雰囲気は伝わるので、

最初からゆるく見るスタンスで行った方が丁度良いのかと。

 

出演:櫻井翔広瀬すず江口洋介

総監督:入江悠(「みんな!エスパーだよ!」「SR サイタマノラッパー」)

脚本:片岡翔 (「きいろいゾウ ※映画」「トーキョーエイリアンブラザーズ」)

   入江悠 (「SR サイタマノラッパー」「ギャングース ※映画」「AI崩壊 ※映画」)

監督:片桐健滋(「増山超能力師事務所」「きのう何食べた?」「決してマネしないでください。」)

   岸塚祐季(「生きる街 ※映画・助監督」「AI崩壊 ※映画・監督補」)

脚本協力:講談社タイガ ※出版社

     今村昌弘(「屍人荘の殺人 ※映画」の原作者)

     藤石波矢(「今からあなたを脅迫します」の原作者)

     周木律 (作品不明)

     降田天 (「このミステリーがすごい!※SP」の原作者)

     青崎有吾(作品不明)

音楽:横山克(「わろてんか」「絶対零度2」「トップナイフ」「ドリームチーム」)

チーフプロデューサー   :池田健司(「地味にスゴイ!」「親バカ青春白書」「レッドアイズ」)

企画・プロデューサー:北島直明(「ちはやふる シリーズ」「AI崩壊」※全て映画)

プロデューサー  :里吉優也(「こえ恋」「ルームロンダリング」)

          次屋尚 (「先に生まれただけの僕」「anone」「ドロ刑」)

          田端綾子(作品不明)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/nemesis/

 

                  

番外編 

 

おかえりモネ(5/17・NHK総合・月〜金曜8時)★★★

 

朝ドラ第104作は、今を生きるすべての人に捧げたい「現代ドラマ」。宮城県気仙沼で生まれ育ち、同県の登米(とめ)で青春を送るヒロインが、“気象予報”という天気にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな"未来"を届けてゆく、希望の物語。

 

2作連続で視聴を諦めてしまっている朝ドラ…今度こそ完走したい!

清原果耶さん×安達奈緒子脚本という今ノリに乗ってる最強の組み合わせですが、

朝ドラには"魔物"がいるので、期待はほどほどに。

きのう何食べた?」コンビの西島秀俊さんと内野聖陽さんの共演はないだろうか…♪

 

出演:清原果耶、内野聖陽鈴木京香

作 :安達奈緒子(「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」「G線上のあなたと私」)

演出:一木正恵 (「ゲゲゲの女房」「八重の桜」「運命に、似た恋」「いだてん」)

   梶原登城 (「龍馬伝」「あまちゃん」「ちかえもん」「デジタル・タトゥー」)

   桑野智宏 (「梅ちゃん先生」「あまちゃん」「いだてん」)他

音楽:高木正勝 (「おおかみこどもの雨と雪」「未来のミライ」※全てアニメ映画)

制作統括:吉永証(「夏目漱石の妻」「マチ工場のオンナ」「トクサツガガガ」)

     須崎岳(「花子とアン」「弟の夫」「透明なゆりかご」「サギデカ」)

プロデューサー:上田明子(「この声をきみに」「伝説のお母さん」)

広報プロデューサー  :川口俊介(「なつぞら」「エール」※プロデューサー名義)

        西本涼子(作品不明)

主題歌:BUMP OF CHICKEN「なないろ」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/okaerimone/

 

                  

視聴未定なドラマ 

 

カラフラブル(4/1・日本テレビ・木曜23時59分)

 

仕事に打ち込むあまり、自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者・わこが出会うのは、メイクもファッションも完璧な美し過ぎる男・めぐる。お互いのありのままを受け入れ合い、2人で一緒に成長していく、新時代の理想のカップル像を描く。

 

平日の深夜で、かつ見たい作品も現時点で多いので

見るかどうかはまだ分かりませんが、

世間から理解されづらいイメージの"おじさんは可愛いもの好き"の心理に踏み込んだ

「おじカワ」スタッフが揃っているので、大きく外れる事はなさそうです。

初回、チェックしようかなぁ…。

 

出演:吉川愛、板垣李光人、桐山漣水野美紀

脚本:坪田文 (「コウノドリ シリーズ」「おじさんはカワイイものがお好き。」)

監督:熊坂出 (「僕はどこから」「おじさんはカワイイものがお好き。」)

   湯浅弘章(「探偵が早すぎる」「死役所」「アノニマス」)

   松浦健志(「来世ではちゃんとします」)

音楽:眞鍋昭大(「おじさんはカワイイものがお好き。」「姉ちゃんの恋人」)

チーフプロデューサー :前西和成(「おじさんはカワイイものがお好き。」「極主夫道」)

プロデューサー:小島祥子(「おじさんはカワイイものがお好き。」「極主夫道」)

        熊谷理恵(「屋根裏の恋人」「おじさんはカワイイものがお好き。」)

        塙太志 (「こんなところに運命の人」「働かざる者たち」)

主題歌:Amber's「Question」

原作 :ためこう『ジェンダーレス男子に愛されています。』

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/haruko/

 

 

私の夫は冷凍庫に眠っている(4/10・テレビ東京・土曜23時25分)

 

この人がいる限り、自由な生活は手に入らない…そう思ってキチンと殺したのに…殺した相手が普通に帰ってきた?!殺したはずの相手が生きていて、再びその人と生活する!今までにない衝撃の本格ホラーサスペンス

 

土曜深夜ドラマの新枠。

"れいぞう子"じゃなくて"れいとう子"のドラマですね(笑)←分かる人には分かる

ただでさえ渋滞しているので、見るかどうかは不明です。

 

出演:本仮屋ユイカ白洲迅、青柳翔、おかやまはじめ浅田美代子斉藤由貴

脚本:大谷洋介 (「白鳥麗子でございます!シリーズ」「母さんがどんなに僕を嫌いでも」)

   本山久美子(「いつか、眠りにつく日」「フード・ラック!食運 ※映画」)

   御法川修 (「ダブル・ファンタジー」)

監督:御法川修 (「きみはペット(2017)」「パーフェクトクライム」)

音楽:木戸崇博 (「ダブル・ファンタジー」)

   村田有希 (「ダブル・ファンタジー」)

プロデューサー:岡部紳二 (「三匹のおっさん2」「保育探偵25時」「警視庁ゼロ係1」)

        佐々木梢 (作品不明)

        宮田幸太郎(「バイバイ、ブラックヤード」「我が家のヒミツ」)

主題歌:MATSURI「金魚すくい

原作 :八月美咲『私の夫は冷凍庫に眠っている』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/watashino_otto/

 

 

最高のオバハン 中島ハルコ(4/10・フジテレビ・土曜23時40分) ←リタイア

 

主人公・中島ハルコは、還暦を迎えるバツ2の独身。美容系クリニックの敏腕経営者だが、生粋の名古屋人で、無駄なことが大嫌い!そんな彼女の言葉は辛辣でド直球ではあるが、なぜかストンと胸に落ちてくる…世の中の悩みや不正をぶった切る、ぶっ飛び痛快エンターテインメント

 

おばちゃん版スカッとジャパンな作りになるんでしょうかね。

振り回されるまりか様は見たい気はするけど、今の所そんなに惹かれない…。

 

出演:大地真央松本まりか

脚本:西萩弓絵 (「民王」「リーガル・ハート」「妖怪シェアハウス」)

監督:大谷健太郎(「花にけだもの シリーズ」「不協和音 ※SP」「全身刑事 ※SP」)

   金子与志一(「ウツボカズラの夢」「いつかこの雨がやむ日まで」)

   渋谷未来 (「いつか日のあたる場所で」「オーファン・ブラック」)

音楽:辻陽(「幕末グルメ ブシメシ! シリーズ」「ピュア! ※SP」)

企画:市野直親 (「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「隕石家族」)

プロデューサー:松本圭右(「朝が来る」「13(サーティーン)」「その女、ジルバ」>

        古林都子(「パパがも一度恋をした」「ゲキカラドウ」)

        渋谷未来(「神酒クリニックで乾杯を」「ゲキカラドウ」)

協力プロデューサー  :後藤勝利(「ノンママ白書」「屋根裏の恋人」「恐怖新聞」)

主題歌:「」

原作 :林真理子『最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室』

          『最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない!』

公式サイト:https://tk.tokai-tv.com/nakajimaharuko/

 

                 

まとめ

 

以下、視聴予定の19作品です。

ちなみに、前期の視聴リスト&期待度でやっていた

感想執筆優先度の分類(◎◯△で分けるやつ)については、

もうこれは本編が始まってみないと分からないし、

書きたくても私生活が忙しくて書けずじまいだった…って場合もあるので(汗)

撤廃する形にします。

みんな、初回は書くつもり。その後は内容によって決めます。

 

イチケイのカラス(フジ・月9)

きれいのくに(NHK総合・月10)

珈琲いかがでしょう(テレ東・月深夜)※録画視聴

大豆田とわ子と三人の元夫(フジ・火9)

着飾る恋には理由があって(TBS・火10)

恋はDeepに(日テレ・水10)

桜の塔(テレ朝・木9)

レンアイ漫画家(フジ・木10)

半径5メートル(NHK総合・金10)※録画視聴

リコカツ(TBS・金10)

あのときキスしておけば(テレ朝・金11)

生きるとか死ぬとか父親とか(テレ東・金深夜)

ソロ活のススメ(テレ東・金深夜)

今ここにある危機とぼくの好感度について(NHK総合・土9)

コントが始まる(日テレ・土10)

泣くな研修医(テレ朝・土11)

コタローと1人暮らし(テレ朝・土11)

ドラゴン桜2(TBS・日9)

ネメシス(日テレ・日10)

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 イチケイのカラス(フジ・月9)

2位 きれいのくに(NHK総合・月10)

3位 珈琲いかがでしょう(テレ東・月11)

4位 コントが始まる(日テレ・土10)

5位 生きるとか死ぬとか父親とか(テレ東・金深夜)

 

 

1位の「イチケイのカラス」に関しては

スタッフやコンセプトなどいろいろ加味した上での"期待度"じゃなくて

"楽しみ度"の割合が大きいです(笑)

個人的には月曜日のラインナップが濃い気がしています。

ただ、「珈琲いかがでしょう」は録画視聴して後で感想を書くとして、

月曜に2本書けるかなぁ…番組と番組の間に空いている時間(45分)で

いけるかなぁ…と、ちょっと心配ではあります。

度々理由を書いているので、何度か訪問して下さってる読者様は分かると思いますが、

なんせ、0時から楽しみにしているバラエティ番組があるものでね。

それともう一本は好きで基本欠かさずに見ている番組なので、捨てたくはないんですよねぇ。

そこはとりあえず、実験的にやってみるとして…

 

全体的な印象としては、主演単独じゃなくて、2組セットで売っているドラマが多めなのかなと。

"凸凹コンビ"あとは火水木金で恋愛に絡んだ話が続くので、

各々で良い意味で尖った作品になる事を期待したいです。

 

で、再び勃発する事となった土曜深夜ドラマの"録画問題"。

うちのHDDは2番組しか同時録画出来ないんですね。

NHKの「よるドラ」が土曜23:30から月曜22:45に枠移動したので、

どれを録ろうか迷う必要もなくなって済むわ〜と安心していたんですが、

今度はテレ東に23:25からの「サタドラ」が新設されるという(笑)

NHKは再放送もしてくれるからそっちを録画すれば済んだのだけど、

民放は本放送しかないから、以前よりも録画選びに苦しむ事になりそう。

(初回放送日が3つとも重なった場合は本当にキツイなぁ…w)

なので、先に始まる順からチェックしていって視聴継続する作品を決めるか、

あるいはどれも辞めちゃう…って事もあり得るのかも。

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

春クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


2021年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20201224232454j:plain

 

1/24:「レッドアイズ」最新話をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の1月期のドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2021年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

 今期は全18作品を視聴予定。作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 冬ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

                    

2021年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴予定の18作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

※初回放送日、スタッフに関する情報は、12/22時点のものです。

また、現在放送中の作品も掲載しておきます。 

 

 

月曜日

 

監察医 朝顔(フジテレビ・月曜21時) 現在放送中 

 

 

アノニマス 〜警視庁"指殺人"対策室〜

(1/25・テレビ東京・月曜22時)★★★

 

日本語で“匿名”を意味する言葉“アノニマス”。主にSNSで社会問題となっているキーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)の被害者を救うために闘う人々を描く、新感覚クライムサスペンス

 

「指殺人」というネーミングは表現が的確で面白いですし、

その言葉だけで少し興味は惹かれますが、

SNSの誹謗中傷を扱うドラマは過去に何作か見てきた訳で…

"サスペンス"の名の通り見応えあるものになるかは

他の作品と差別化出来るかどうかにかかっていると思います。

また、曲者だらけのメンバーという事で、単独行動や主人公上げ周り下げではなく

"チームワーク"で物事を解決していく姿を見せてくれる所に期待します。

 

出演:香取慎吾関水渚MEGUMI清水尋也勝村政信

脚本:小峯裕之(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「SUITS/スーツ シリーズ」)

   玉田真也(「のの湯」「JOKER×FACE」「女子高生の無駄づかい」)

   入江信吾(「駐在刑事 シリーズ」「警視庁・捜査一課長 season2」「白夜行」)

監督:及川拓郎(「刑事7人 シリーズ」「ケイジとケンジ」「歴史迷宮からの脱出」)

   湯浅弘章(「ワカコ酒 シリーズ」「探偵が早すぎる」「死役所」)

   大内隆弘(「健康で文化的な最低限度の生活」「僕はどこから」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「あのコの夢を見たんです。」)

プロデューサー:濱谷晃一(「コタキ兄弟と四苦八苦」「きょうの猫村さん」)

        北川俊樹(「銀と金」「あまんじゃく ※SP」「僕はどこから」)

        合田知弘(「さばドル」「新米姉妹のふたりごはん」「共演NG」)

        稲垣護 (「クソ野郎と美しき世界」「モンスターズクラブ」※全て映画)

        佐藤満 (「実りゆく」「ザ・ファブル」「来る」※全て映画)

        高橋潤 (「続・深夜食堂」「東京喰種 トーキョーグール ※映画」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/

 

 

火曜日

 

青のSP —学校内警察・嶋田隆平

(1/12・フジテレビ・火曜21時)★★★

 

「守ってやるが、容赦はしない」常に冷製で毒舌なスクールポリス・嶋田が、赤嶺中学校にはびこる”悪”を痛快に成敗する物語。そして、警視庁捜査一課の敏腕刑事だった過去を持つ彼が、なぜその職業を志願したのかも描かれていく。

 

最近のこの枠はサスペンス系統の作品が増えつつありますが、

ドラマあるあるの無能警察ではなく、主人公を頭の切れるキャラクターとして描いてくれれば、

緊張感が滲み出て面白くなるかもしれません。

あとは、その"痛快に成敗する"の見せ方が、

説教や名言を吐いて生徒を感動させる…というワンパターンにならなければ良いのですが。

 

出演:藤原竜也真木よう子

脚本:大石哲也 (「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「遺留捜査 シリーズ」「嫌われる勇気」)

   山岡潤平 (「正義のセ」「仮面同窓会」「特捜9 season3」)

   小島聡一郎(「俺のセンセイ」)

演出:国本雅広 (「デカワンコ」「僕のヤバイ妻」「カンナさーん!」)

   白川士  (「記憶捜査 シリーズ」「三匹のおっさん シリーズ」「極道めし」)

   高橋貴司 (「水球ヤンキース」「限界団地」「家族の旅路」)

音楽:菅野祐悟 (「刑事ゆがみ」「半分、青い。」「危険なビーナス」)

プロデューサー:河西秀幸(「嘘の戦争」「パーフェクトワールド」「10の秘密」)

        国本雅広(「デカワンコ」「僕のヤバイ妻」「カンナさーん!」)

        高橋史典(「火の粉」「先に生まれただけの僕」「限界団地」)

協力プロデューサー:阿部優香子(作品不明)

主題歌:SHE'S「追い風」

原案 :『スクールポリス』(ポプラ文庫)

公式サイト:https://www.ktv.jp/schoolpolice/

 

 

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(1/12・TBS・火曜22時)★ ←リタイア

 

ファッション雑誌編集部が舞台。“普通の幸せ”で良いというイマドキの主人公が、ドSな鬼編集長や子犬系男子に振り回されながら、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュン♥お仕事&ラブコメディ

 

「恋つづ」主演の上白石萌音さん、「鬼上司」に菜々緒さん。そして「子犬系男子」。

少女漫画あるある要素を盛り込んだ設定な上に、

「恋つづ」好きの視聴者を取り込もうとしている感が半端ないですね。

お仕事パートや、そこから生まれる会話劇が面白かったら良いんですが、

主人公をただのドジっ子キャラとして描くなら、即リタイアしちゃうかな。

 

出演:上白石萌音菜々緒玉森裕太間宮祥太朗

脚本:田辺茂範 (「表参道高校合唱部!」「インハンド」「美食探偵 明智五郎」)

演出:田中健太 (「半沢直樹 シリーズ」「恋はつづくよどこまでも」)

   石井康晴 (「逃げるは恥だが役に立つ」「花のち晴れ」「テセウスの船」)

   山本剛義 (「Nのために」「凪のお暇」「私の家政夫ナギサさん」)

音楽:(「」「」「」)

編成:宮﨑真佐子(「逃げるは恥だが役に立つ」「大恋愛」「恋はつづくよどこまでも」)

プロデューサー:松本明子(「今日から俺は!!「3年A組」「恋はつづくよどこまでも」)

主題歌:Kis-My-Ft2Luv Bias」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

 

 

水曜日

 

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!(1/13・日本テレビ・水曜22時)★★

 

「恋愛小説の女王」と呼ばれたシングルマザーとオタ活に忙しい娘に、恋の春一番が到来する。凸凹なトモダチ母娘による、エキサイティングラブストーリー

  

久しぶりの菅野美穂さんで嬉しいんですが、内容は特に惹かれないんだよなぁ(汗)

とりあえず初回を見てみようかという感じです。

 

出演:菅野美穂浜辺美波、岡田健史、川上洋平有田哲平沢村一樹

脚本:北川悦吏子(「ビューティフルライフ」「運命に、似た恋」「半分、青い。」)

演出:南雲聖一 (「過保護のカホコ」「同期のサクラ」「未満警察」)

   内田秀実 (「あなたの番です」「知らなくていいコト」)

音楽:得田真裕 (「監察医 朝顔 シリーズ」「アンナチュラル」「MIU404」)

チーフプロデューサー :加藤正俊(「花咲舞が黙ってない」「白衣の戦士!」「偽装不倫」)

プロデューサー:小田玲奈(「家売るオンナ シリーズ」「知らなくていいコト」)

        森雅弘 (「生田家の朝 シリーズ」「地味にスゴイ!」「未満警察」)

        仲野尚之(「満願」「JOKE〜2022パニック配信!」※全てSP)

主題歌:家入レオ「空と青」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/uchikare/

 

 

おじさまと猫(1/6・テレビ東京・水曜24時58分)★★★★

 

累計160万部を誇るインターネットで話題沸騰の大人気コミックを連続ドラマ化!愛されることを諦めていた猫と、孤独だったおじさまの心温まる日々を紡いだハートフルストーリー

 

おじさまと猫の組み合わせ。癒され系の話。 

設定は違いますが、「きょうの猫村さん」の好評を受けて

本作が生まれたんだろうなぁ…と思えるくらい、何とな〜く似てますね。

(脚本家もふじきみつ彦さんですしね。)

でも、自己卑下してしまう者同士が出会い、次第に心を通わせ合う関係になる…

という"繋がりの貴重さ"を感じさせる話は好きなので、

純粋に温かい気持ちになりながら見られそうな気はしています。

  

出演:草刈正雄神木隆之介(声のみ) 他

脚本:ふじきみつ彦(「バイプレイヤーズ シリーズ」「きょうの猫村さん」)

   伊達さん(大人のカフェ)(「時をかけるバンド」「40万キロかなたの恋」)

監督:椿本慶次郎 (「コーヒー&バニラ」「時をかけるバンド」「40万キロかなたの恋」)

   副島正寛(「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 ※映画 ※助監督」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :山鹿達也(「死役所」「レンタルなんもしない人」)

プロデューサー:濱谷晃一(「コタキ兄弟と四苦八苦」「きょうの猫村さん」)

        田中智子(作品不明)

        櫻井雄一(「文学処女」「スキャンダル専門弁護士QUEEN」)

        山邊博文(「チワワちゃん ※映画」「40万キロかなたの恋」)

主題歌:「」

原作 :桜井海『おじさまと猫』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/ozineko/

 

 

木曜日 

 

にじいろカルテ(1/21・テレビ朝日・木曜21時)★★★★

 

本作が目指すのは医療ドラマの”王道”ではなく、”手術した先の物語”。スーパードクターでも何でもない普通の医者たちが、患者の人生に寄り添っていく姿を描く、至高のヒューマンドラマ

 

医療ドラマは「スーパードクター」「1話完結型」よりも

「医者だって一人の人間」というヒューマンドラマ寄りの作りの方が好みですし、

そこに登場人物に愛着を沸かせる作風を得意とする岡田脚本が組み合わさるとなると

手堅い作品になりそうな気はしています。

後は演出次第かな…?同じ演出家だけあって、

雰囲気がなんとなく「僕とシッポと神楽坂」と似てますね。

 

出演:高畑充希北村匠海井浦新

脚本:岡田惠和(「ひよっこ シリーズ」「この世界の片隅に」「姉ちゃんの恋人」)

演出:深川栄洋(「偽装の夫婦」「赤ひげ」「僕とシッポと神楽坂」)

音楽:ワンミュージック(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「グッドワイフ」「ハル」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「真夏の少年」)

プロデューサー:貴島彩理 (「おっさんずラブ シリーズ」「女子高生の無駄づかい」)

        松野千鶴子(「おっさんずラブ シリーズ」「ケイジとケンジ」)

        岡美鶴  (「黒革の手帖」「東京独身男子」「ケイジとケンジ」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/nijiiro/

 

     

知ってるワイフ(1/7・フジテレビ・木曜22時)★★

 

「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と日々嘆く恐妻家の主人公が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから物語が始まる。“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”そんな夫婦の普遍的ともいえるテーマを追求していく。

 

韓ドラを日本が輸入してパッケージ化すると、どんな作品でもラブコメ風になってしまう

という呟きを以前SNSで見かけた事があり、

本作も情報が解禁された時は、また同じ感じに仕上がっちゃうのかな?などと

少し脳裏を過ぎりましたが、予告や概要を見る限りはそんな雰囲気ではなさそうで安心しました。

 

しかし、最近の韓ドラリメイク作品のクオリティを考えると、

微妙だったり、日本の設定に上手く落とし込めきれていなかったり…と

若干ネガティブな印象の方が強いので、

いくら個人的に波長の合う橋部敦子脚本だったとしても、あまり期待しないで見る事にします。

 

出演:大倉忠義広瀬アリス松下洸平川栄李奈

脚本:橋部敦子(「フリーター、家を買う。」「僕らは奇跡でできている」)

演出:土方政人(「謎解きはディナーのあとで」「ヘッドハンター」「ハル」)

   山内大典(「海月姫」「ストロベリーナイト・サーガ」)

   木村真人(「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(2020)」)

音楽:河野伸 (「おっさんずラブ シリーズ」「重版出来!」「東京独身男子」)

編成企画:狩野雄太(「世にも奇妙な物語 シリーズ」「デート」)

プロデュース:貸川聡子(「警視庁いきもの係」「スキャンダル専門弁護士QUEEN」)

主題歌:関ジャニ∞「キミトミタイセカイ」

原作 :『知ってるワイフ』

    脚本:ヤン・ヒスン

    制作:STUDIO DRAGON CORPORATION/Chorokbaem Media

    配給:CJ ENM CO.,Ltd

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/shitteruwife/

 

 

江戸モアゼル(1/7・日本テレビ・木曜23時59分)★★★

 

江戸で輝く粋な花魁が、現代の男性に恋をした。しかし、他人を想う気持ちは共通しているものの、行動し過ぎてしまう主人公に対して、彼は考えすぎて何も行動できないという真逆の性格っぷり…。そんな二人を中心とした、時代を越えたハートフルラブコメディ

 

花魁と聞くと上品できらびやかなイメージがあります。

なので、「女子高生の無駄づかい」でのガサツで元気な主人公とは真逆の役ですし、

その"なごり"を残さず演じきれるのか?という不安は多少ありますが、

とりあえず、岡田結実さんのコメディエンヌっぷりを堪能したいと思っています。

 

出演:岡田結実葉山奨之、前田光輝、吉谷彩子、田中直樹

脚本:政池洋佑 (「絶対正義」「死役所」「あのコの夢を見たんです。」)

   大林利江子「こえ恋」「ラブリラン」「ギルティ」

監督:汐口武史 (「ラブリラン」「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」)

   菊川誠  (「警視庁いきもの係」「リカ」「ランチ合コン探偵」)

   朝比奈陽子(「トットちゃん!」「サイレント・ヴォイス」「ランチ合コン探偵」)

音楽:兼松衆  (「僕らは奇跡でできている」「恋する母たち」)

   中村巴奈重(「警視庁ゼロ係 シリーズ」「モトカレマニア」)

   櫻井美希 (「限界団地」「僕らは奇跡でできている」「4分間のマリーゴールド」)

チーフプロデューサー :岡本浩一(「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」)

プロデューサー:汐口武史(「黒い十人の女」「ラブリラン」「向かいのバズる家族」)

        斎木綾乃(「ランチ合コン探偵」)

        森安彩 (「心がポキッとね」「ランチ合コン探偵」)

        関本純一(「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(2020)」)

主題歌:「」

原作 :江戸キリエ『江戸モアゼル』

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/edomoiselle/

 

 

金曜日

 

ドリームチーム(1/22・NHK総合・金曜22時)★★★ 

 

本作内で描かれる3世代の女性の共通点は、高校時代にバスケ部のキャプテンとして青春をかけたということ。“あの子になりたい人生だった…”そんな思いを抱いている全ての人への応援歌をお届けする。

 

これも初回を見てみないと、面白いかどうかちょっと分かりづらい感じですね。

最近のドラマ10枠は個人的に当たり作品が出ていない印象なので、

今度こそ見応えある内容だと良いんですが。

 

出演:山口紗弥加財前直見桜庭ななみ

作 :吉澤智子(「初めて恋をした日に読む話」「病室で念仏を唱えないでください」)

演出:増田靜雄(「花子とアン」「64(ロクヨン)」「ハムラアキラ」)

   土井祥平(「ダークスーツ」「真田丸」「半分、青い。」)

音楽:横山克 (「わろてんか」「ホリデイラブ」「絶対零度2」「トップナイフ」)

制作統括:三鬼一希(「べっぴんさん」「女子的生活」「ハムラアキラ」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/439658.html


 

俺の家の話(1/22・TBS・金曜22時)★★★★

 

長瀬智也×宮藤官九郎のTBS連ドラ11年ぶりのタッグで描くのは、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。少し変わった設定の家族の話だが、どの家族にもあるような「悩み」や「喜び」を描く他に、生きていたら誰もが経験する「介護と相続」にも踏み込んでいく。

  

クドカン作品は個人的に独特な印象が強くて、

面白さや魅力が途中からだんだん分かってくるようなイメージがあるんですが、

本作はホームドラマとの事で、そこにクドカン特有の"クセ"が

どう絡んでくるのかという所に既に惹かれ始めてしまっていますね。

見た目は強烈なんだけど、どこか温かさを感じる…

相反する気持ちが常に混在するような

 

出演:長瀬智也戸田恵梨香桐谷健太永山絢斗江口のりこ

脚本:宮藤官九郎(「ゆとりですがなにか」「監獄のお姫さま」「いだてん」)

演出:金子文紀 (「逃げ恥」「大恋愛」「G線上のあなたと私」)

   山室大輔 (「ごめんね青春!」「グランメゾン東京」「キワドい2人」)

   福田亮介 (「G線上のあなたと私」「恋する母たち」)

音楽:河野伸(「おっさんずラブ シリーズ」「重版出来!」「東京独身男子」)

チーフプロデューサー :磯山晶 (「ごめんね青春!」「G線上のあなたと私」「恋する母たち」)

 

プロデューサー:勝野逸未(作品不明)

        佐藤敦司(「G線上のあなたと私」「恋する母たち」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/oreie_tbs/

 

 

バイプレイヤーズ名脇役の森の100日間〜

(1/8・テレビ東京・金曜24時12分)★★★★

 

日本の映画・ドラマ界に欠かせない名脇役が本人役で出演し、業界内視聴率30%とも言われた作品が壮大スケールで帰って来る!テレビ東京ならではの、タブーを気にしない業界の裏側を赤裸々に描く。

 

前シーズンの清々しい&エネルギッシュな最終回を見て、

もう続編はないのだろうなぁ…と思っていた本作に、なんと新作が!

メンバーが4人になったとは言え、またおじさん俳優陣による

わちゃわちゃが見られるなんて楽しみでしかないです。

そして、バイプレイヤーズは100人…もっともっと自由な話になりそう(笑)

 

出演:田口トモロヲ松重豊光石研遠藤憲一

脚本:ふじきみつ彦(「バイプレイヤーズ シリーズ」「きょうの猫村さん」)

   宮本武史(「バイプレイヤーズ シリーズ」「俺たちはあぶなくない」)

監督:松井大悟(作品不明)

   浅野敦也(「バイプレイヤーズ シリーズ」「砂の塔」「インハンド」)

   守下敏行(「バイプレイヤーズ(2017)」「ミラー・ツインズ シリーズ」)

   トミー・チャン(「隕石家族」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「あのコの夢を見たんです。」)

プロデューサー:濱谷晃一(「バイプレイヤーズ シリーズ」「きょうの猫村さん」)

        田辺勇人(バイプレイヤーズ シリーズ」「ハラスメントゲーム」)

        浅野敦也(「バイプレイヤーズ シリーズ」「砂の塔」「インハンド」)

OPテーマ:10-FEET「アオ」

EDテーマ:「」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/byplayers/

 

 

直ちゃんは小学三年生(1/8・テレビ東京・金曜24時52分)★★★

 

小学三年生の直ちゃん、きんべ、てつちん、山ちょは、いつも放課後を一緒に過ごすほどの仲良し4人組。大騒ぎしたり、些細な事で喧嘩したり…そんな「今」を一生懸命生きる彼らの日常を通して描かれる、少しブラックながらもどこかほっとするヒューマンコメディドラマ

  

この枠は基本的に全12話での放送なんですが、

最近は全6話構成の作品が続きますね。

いろんなジャンルの作品を生み出していこうと実験する意欲を感じます。

 

大人があえて小学生役を演じる所から生まれるギャップを活かしつつも、

仲良し4人組による会話劇が面白いものだったら良いなぁ…と思ってます。

 

出演:杉野遥亮渡邊圭祐、前原滉、竹原ピストル

脚本:熊本浩武(「四月一日さん家と ※アニメ」「闇芝居(生)」)

監督:近藤啓介(「食べられる男 ※映画」「女子グルメバーガー部」)

音楽:遠藤浩二(「黒霧仁左衛門4」「Aではない君と ※SPドラマ」「スパイラル」)

プロデューサー:太田勇  (「黒い十人の秋山 ※SP」「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」)

        青野華生子(作品不明)

        向井達矢 (「スモーキング」「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」)

OPテーマ:OKAMOTO'S「Young Japanese」

EDテーマ:小山田壮平「恋はマーブルの君へ」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/naochan/

 

 

土曜日 

 

六畳間のピアノマン(2/6・NHK総合・土曜21時)★★★★

 

ビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」がモデルになった作品。ひとりじゃない、離れていてもつながっている、人生の不思議ですてきな化学反応…再び歩みはじめた道に、温かな光がさす4つの物語をお届けする。

   

「ひとりじゃない」「離れてもつながっている」

このご時世に相応しい作品になりそうですね。

全4回で、主人公がそれぞれ違った4つの物語を披露する…という企画も斬新。

ピアノマン」だけに、音楽で泣かされそうな予感が…。

 

出演:加藤シゲアキ段田安則原田泰造南沙良

脚本:足立紳 (「嘘八百 シリーズ ※映画」「さぼリーマン甘太朗」)

演出:野田雄介(「西郷どん」「腐女子、うっかりゲイに告る。」「スカーレット」)

   泉並敬眞(「インディゴの恋人 ※SP」「スカーレット」「これっきりサマー ※SP」)

音楽:伊賀拓郎(「歌舞伎町シャーロック」「恋する小惑星」※全てアニメ)

制作統括:内田ゆき(「カーネーション」「アシガール」「スカーレット」)

主題歌:「」

原作 :安達祐介『六畳間のピアノマン(改題:逃げ出せなかった君へ)』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/438887.html

 

        

レッドアイズ 監視捜査班(1/23・日本テレビ・土曜22時)★★

 

「俺がお前を見つけ出す—」愛する人の命を奪われた元刑事と、天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、監視カメラを駆使した科学捜査によって凶悪な連続殺人鬼に迫る、スリリングなサイバークライムサスペンス

   

以前にも書きましたが、この枠でシリアス系ドラマを放送すると

主に出演者のファンだけが楽しめるような内容だったり、

警察の描写を疎かにして単独行動をしたりと

どれも個人的にはハズレ作品ばかり出てくるイメージしかないので、

今回も特に期待はしていません。

っていうか…予告映像の雰囲気を見ると、

今度は日テレの方でてぇへんだ「FINAL CUT」をやるんか…?

と思えてしまうのは気のせいでしょうか(笑)

 

出演:亀梨和也松下奈緒趣里シシド・カフカ松村北斗

脚本:酒井雅秋(「仰げば尊し」「名探偵・明智小五郎(2019) ※SP」)

   福田哲平(「&美少女〜NEXT GIRL meets Tokyo〜」「インハンド」)

   まなべゆきこ (「心が叫びたがってるんだ。※映画」「連続殺人鬼カエル男」)

演出:水野格 (「俺のスカート、どこ行った?」「私たちはどうかしている」)

   長沼誠 (「奥様は、取り扱い注意」「ブラックスキャンダル」「未満警察」)

音楽:カワイヒデヒロ(「節約ロック」「ダブルブッキング ※SP」)

チーフプロデューサー :池田健司(「地味にスゴイ!」「親バカ青春白書」「35歳の少女」)

プロデューサー:尾上貴洋(「ヒガンバナ シリーズ」「ブラックリベンジ」「ボイス」)

        茂山佳則(「ゆとりですがなにか」「トップナイフ」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/redeyes/

 

 

モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜

(1/23・テレビ朝日・土曜23時)★★★

 

主人公・萌子美はヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまう繊細な“感覚”の持ち主。このことで世間からの目を気にしていたが、一方で自分を変えたいとも思っていた…彼女の心の成長を、家族との関わりの中で描くヒューマンホームドラマ

 

モチーフを変えただけで、「成長物語」「特殊能力」「誰かと関わる事で強くなる」

という点では「妖怪シェアハウス」と似ちゃってますね。

脚本家もスタッフも違うので大丈夫でしょうが、

「前と一緒かな?」ってならないかどうか…ですかね。

 

出演:小芝風花工藤阿須加、加藤清史郎、田辺誠一橋爪功

脚本:橋部敦子(「フリーター、家を買う。」「僕らは奇跡でできている」)

演出:竹園元 (「明日の君がもっと好き」「セミオトコ」「真夏の少年」)

   常廣丈太(「緊急取調室 シリーズ」「遺産争族」「dele」)

   鎌田敏明(「スマイル 聖夜の奇跡 ※助監督」「越路吹雪物語」)

音楽プロデュース:S.E.N.S Company (「明日の君がもっと好き」「真夏の少年」)

音楽:森英治 (「癒し屋キリコの約束」「越路吹雪物語」)

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「七人の秘書」)

プロデューサー:竹園元 (「あいの結婚相談所」「明日の君がもっと好き」)

        中込卓也「明日の君がもっと好き」「やすらぎの刻〜道」)

        布施等 (「越路吹雪物語」「セミオトコ」「真夏の少年」)

主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「雨のち晴れ」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/mokomi/#/?category=drama

 

    

書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜

(1/16・テレビ朝日・土曜23時30分)★★★★

 

無名の脚本家・吉丸圭祐の元に、ゴールデンタイムの連続ドラマの脚本執筆という千載一遇のチャンスが舞い込んできた!クセの強いドラマ関係者に振り回されながらも奔走する圭佑と、それを支える家族の絆を描く。

 

「JOKE〜2022」での巧みな一人芝居を披露した事でも記憶に新しい

生田斗真さんの最新主演作。

本作も予告映像を見てみる限りは、周りに振り回されていく様やモノローグを扱うなどして

主人公の動揺→逆境に乗り越えていく姿をコミカルに描く内容になりそうな気がしますし、

また、愉快なキャラ造形や会話劇を得意とする福田靖脚本なので、

これは楽しみでしかないでしょう。

 

出演:生田斗真吉瀬美智子菊池風磨

脚本:福田靖   (「DOCTORS シリーズ」「まんぷく」「ケイジとケンジ」)

演出:豊島圭介 (「豆腐プロレス」「妖怪シェアハウス」)

   Yuki Saito(「おっさんずラブ シリーズ」「昼のセント酒」「私のおじさん」)

音楽:(「」「」「」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「真夏の少年」)

チーフプロデューサー :黒田徹也 (「あなたには渡さない」「ケイジとケンジ」)

プロデューサー:服部宣之 (「やすらぎの道〜刻」「ケイジとケンジ」「真夏の少年」)

        尾花典子 (「死役所」「レンタルなんもしない人」)

        宮内貴子 (「妖怪シェアハウス」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/kakenai/#/?category=drama

 

 

日曜日

 

天国と地獄〜サイコな2人〜(1/17・TBS・日曜21時)★★★★

 

ドン詰まりな女性刑事と、サイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わる!「女から男」へ、そして「善から悪」へ—人生が逆転した二人の愛と運命が交錯する、究極の入れ替わりエンターテインメント

  

入れ替わりネタはあまり斬新な題材でもなくなりましたが、

森下脚本にハズレはないので、新しい作品になるだろう…という安心感の方が強いです。

狂気じみた表情を見せる綾瀬はるかさん、誠実そうな高橋一生さんと、

ポスタービジュアルの時点で既に2人のキャラクターが確立されている所も期待出来ます。

まぁ、副題の「サイコな2人」は「キワドい2人」を彷彿とさせて

ちょっとダサいな…とは思わなくもないですが(笑)

 

出演:綾瀬はるか高橋一生柄本佑北村一輝

脚本:森下佳子 (「JIN-仁- シリーズ」「義母と娘のブルース」「だから私は推しました」)

演出:平川雄一朗(「天皇の料理番」「義母と娘のブルース」「集団左遷!!」)

   青山貴洋 (「ブラックペアン」「下町ロケット(2018)」「半沢直樹(2020)」)

   松木彩  (「花のち晴れ」「テセウスの船」「半沢直樹(2020)」)

音楽:高見優  (「BG シリーズ」「義母と娘のブルース」「べしゃり暮らし」)

編成・プロデュース:渡瀬暁彦(「メゾン・ド・ポリス」「MIU404」)

プロデュース :中島啓介(「あなたのことはそれほど」「新しい王様」「キワドい2人」)

主題歌:手嶌葵「ただいま」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/

 

                                         

君と世界が終わる日に(1/17・日本テレビ・日曜22時30分)★★

 

滑落事故に遭ったトンネルから脱出した主人公が目にしたのは、おびただしい数の遺体と”生ける屍”たちがはびこる異様な光景。そして、彼には愛する人がいた…。引き裂かれた恋人たちは、再び出会えるのか!?現在と過去が交錯する、サバイバルラブストーリー

 

Huluとの共同制作で、1月から地上波でSeason1を、

3月からHuluでSeason2を放送(配信)…との事です。

今までの傾向を考えると、まぁ、地上波の最終回で

物語を終わらせる可能性は低いでしょうね(苦笑)

恋愛ばかりを描いて真相を引っ張り続けたり、演出で煽ったりして

視聴者にHuluの加入を誘導するのが見え見えな内容であれば早い段階でやめます。

 

出演:竹内涼真中条あやみ笠松将、飯豊まりえ、大谷亮平 他

脚本:池田奈津子(「砂の塔」「東野圭吾 手紙 ※SP」「Wの悲劇 ※SP」)

演出:菅原伸太郎(「世界一難しい恋」「トドメの接吻」「美食探偵 明智五郎」)

   中茎強  (「SHARK」「HiGH&LOW シリーズ」「あなたの番です」)

   久保田充 (「家売るオンナの逆襲」「ボイス」「知らなくていいコト」)

音楽:Slavomir Kowalewski (作品不明)

   A-bee   (「ドライブクルクル」「ブレイブビーツ」「クラシカロイド2」※全てアニメ)

チーフプロデューサー :加藤正俊 (「花咲舞が黙ってない」「偽装不倫」)

        茶ノ前香 (「咲-Saki- シリーズ」「黒崎くんの言いなりになんてならない」)

プロデューサー:鈴木亜季乃(作品不明)

        鬼頭直孝 (作品不明)

        伊藤裕史 (「頭に来てもアホとは戦うな!」「ザンビ」「DASADA」)

協力プロデューサー  :白石香織 (「トップナイフ」「親バカ青春白書」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/

 

                                    

番外編 

 

ミヤコが京都にやって来た!

(1/10・朝日放送テレビ 他・日曜23時55分)★★★

 

京都の町医者として穏やかな日々を過ごしていた独り身の中年男性の元に、別れた妻と暮らしていたはずのひとり娘が突然やって来た所から物語が始まる。 秋から冬へ季節が移る風光明媚な古都・京都を舞台に、父と娘のハートウォーミングな人情ドラマをお届けする。

 

内容が面白そう云々より、単純に、蔵之介さん目当てで見るつもりです(笑)

しかし、ABCテレビは勿論、テレビ神奈川も映らない地域なので、

TVerで配信してくれたら嬉しいんですけども…。

 

出演:佐々木蔵之介藤野涼子市川猿之助

脚本:今井雅子(「嘘八百 シリーズ」「イジューは岐阜と」)

演出:千葉行利(「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」「隕石家族」)

音楽:山内達哉(「望み ※映画」)

プロデューサー :山崎宏太 (「パーフェクトクライム」「マリーミー!」)

         南雅大  (作品不明)

         宮川晶  (「僕らは奇跡でできている」「隕石家族」)

アソシエイトプロデューサー:佐々木匡哉(作品不明)

主題歌:BREAKERZ「I love my daughter」

公式サイト:https://www.asahi.co.jp/miyakyo/

 

                     

視聴未定なドラマ 

 

ここは今から倫理です。(1/16・NHK総合・土曜23時30分)

 

20代を中心に異例の人気を誇る雨瀬シオリの異色の学園コミック『ここは今から倫理です。』を実写ドラマ化。日々価値観が揺さぶられ続けるこの世界で、新時代のあるべき「倫理」を問う。誰も見たことの無い本気の学園ドラマ

 

山田裕貴さんの教師率の高さ(爆)

今期はテレ朝の深夜ドラマ2本に興味があるので、

これは評判が良ければ見るって感じかなぁ。

 

出演:山田裕貴

脚本:高羽彩 (「魔法使いの嫁 シリーズ」「PSYCHO-PASS サイコパス」※全てアニメ)

演出:渡辺哲也(「真田丸」「ひよっこ」「なつぞら」)

   小野見知(「マチ工場のオンナ」「トクサツガガガ」)

   大野陽平(作品不明)

音楽:梅林太郎(「ユーリ!!! on ICE ※アニメ」「乃木坂シネマズ 1話」)

制作統括:尾崎裕和(「腐女子、うっかりゲイに告る。」「エール」)

     菅原浩 (「大全力失踪」「これは経費で落ちません!」)

主題歌:「」

原作 :雨瀬シオリ『ここは今から倫理です。』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/439100.html

 

 

その女、ジルバ(1/9・フジテレビ・土曜23時40分)

 

歳を重ねるにつれ、恋に仕事に色々と諦めるようになってしまった主人公が出会ったのは、50〜80代の元気な高齢ホステスが集うBAR。彼女たちの明るくポジティブな姿に影響を受け、前向きに生きようと決意する“変化”を描く、思い切り笑って思い切り泣ける人生賛歌物語。

 

作品は未見ですし、イメージだけで書きますけど、

なんとなく「やすらぎの郷」っぽい感じがしますね。

私の世代向けではなさそうなんですが…初回は暇だったら見るのかなぁ。

 

出演:池脇千鶴江口のりこ真飛聖、山崎茂範 他

脚本:吉田紀子(「Dr.コトー診療所 シリーズ」「忠臣蔵の恋」「ミストレス」)

監督:村上牧人(「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「一億円のさようなら」)

   根本和政(「脳にスマホが埋められた!」「忘却のサチコ(2018)」)他

音楽:吉川慶 (「レ・ミゼラブル ※SP」「リーガル・ハート」「13(サーティーン)」)

   HAL  (「深夜のダメ恋図鑑」「先生を消す方程式」)

プロデューサー:遠山圭介(「限界団地」「仮面同窓会」「13(サーティーン)」)

        松本圭右(「朝が来る」「パパがも一度恋をした」「13(サーティーン)」)

        雫石瑞穂(「いつかこの雨がやむ日まで」「行列の女神」)

        黒沢淳 (「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「みかづき」「行列の女神」)

主題歌:「」

原作 :有間しのぶ『その女、ジルバ』

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/jitterbug/

 

                    

まとめ

 

以下、視聴予定の18作品です。

※現時点で放送されている作品は除きます。

 

ちなみに、

…よほどの事がなければ毎回感想を執筆予定

…1話だけしか書かないかも

…視聴のみ

の3つに分けるとするならば…

 

〇 アノニマス 〜警視庁"指殺人"対策室〜(テレ東・月10)

◎ 青のSP −学校内警察・嶋田隆平−(フジ・火9)

〇 オー!マイ・ボス!恋は別冊で(TBS・火10)

◎ ウチの娘は、彼氏ができない!!(日テレ・水10)

△ おじさまと猫(テレ東・水深夜)

◎ にじいろカルテ(テレ朝・木9)

◎ 知ってるワイフ(フジ・木10)

△ 江戸モアゼル(日テレ・木深夜)

〇 ドリームチーム(NHK総合・金10)

◎ 俺の家の話(TBS・金10)

〇 バイプレイヤーズ名脇役の森の100日間〜(テレ東・金深夜)

△ 直ちゃんは小学三年生(テレ東・金深夜)

◎ 六畳間のピアノマンNHK総合・土9)

◎ レッドアイズ 監視捜査班(日テレ・土10)

〇? モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜(テレ朝・土11)

〇? 書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜(テレ朝・土11)

◎ 天国と地獄〜サイコな2人〜(TBS・日9)

◎ 君と世界が終わる日に(日テレ・日10)

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 俺の家の話(TBS・金10)

2位 バイプレイヤーズ名脇役の森の100日間〜(テレ東・金深夜)

3位 書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜(テレ朝・土11)

4位 六畳間のピアノマンNHK総合・土9)

5位 天国と地獄〜サイコな2人〜(TBS・日9)

 

 

 

恋愛ドラマに偏っていた前期と違って、ざっと調べてみた印象で言えば

今期は恋愛もコメディもシリアスも上手い具合にバランスがとれていて、

個性溢れたラインナップになっている気がしますね。

 

特に金曜日は、某数字のドラマを除いて

期待度高めな2本「俺の家の話」「バイプレイヤーズ」と

なんとなく面白そうな「直ちゃんは小学三年生」があるので、

久しぶりに充実した一日になりそうです。

土曜日の方も感想を書いてみたいものが多すぎて、ちょっと困っております(笑)

2〜3本に絞りたい。

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

冬クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


2020年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20200920183222j:plain

 

10/16:「ルパンの娘」最新話をUPしました。 

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の10月期のドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2020年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全16作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 秋ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

       

2020年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴&初回感想執筆予定の16作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

※初回放送日、スタッフに関する情報は、10/12時点のものです。

また、現在放送中の作品も掲載しておきます。 

 

月曜日

     

監察医 朝顔2(11/2・フジテレビ・月曜21時)★★★★

 

日本中から愛されたあの家族が帰ってくるー法医学者×刑事!10年ぶり&月9史上初の2クールで、遺体の”生きた証”を探す異色の父娘のかけがえのない日々を描き切る、2020年最大の感動作!

 

続編はもちろん嬉しいのですが、

私の中では正直、最終回の駅でのシーンで一歩前へ踏み出す朝顔が印象に残っていて、

完全にそこで"答え"が出たと思っていたので、

「まだ続きの話があるんだ!?」という意外な気持ちの方が大きいです。

 

本作で最も好きだったのは「医者も一人の人間である」を

日常生活や人々との関わりを通して、ドラマ向けに奇を衒う事なく描いた所。

震災部分はどうやって絡めるのか少し不安ではあるものの、

2クールだからこそ細かな心情描写にももっと踏み込めるかもしれません。

そこに期待してみます。

 

出演:上野樹里時任三郎風間俊介

脚本:根本ノンジ(「監察医 朝顔」「犬神家の一族(2018) ※SP」「フルーツ宅配便」)

演出:平野眞  (「監察医 朝顔」「Chef〜三ツ星の給食〜」「SUITS/スーツ2」)

   阿部雅和 (「監察医 朝顔」「戦力外捜査官」「婚活刑事」)

   三橋利行 (「ROAD TO EDEN」「コンフィデンスマンJP」「トレース」)

音楽:得田真裕 (「監察医 朝顔」「アンナチュラル」「MIU404」)

プロデュース:金城綾香(「監察医 朝顔」「グッド・ドクター」「悪魔の手毬唄 ※SP」)

主題歌:折坂悠太「朝顔

原作 :香川まさひと・漫画:木村直巳・監修:佐藤喜宣『監察医 朝顔

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/

 

 

共演NG(10/26・テレビ東京・月曜22時)★★★

 

長きにわたり、常に芸能界の第一線で活躍してきた秋元康だからこそ描ける「業界の裏側」を舞台にした物語。ドラマの制作現場で繰り広げられるドタバタ劇とラブストーリーを、テレビ東京史上最高スケールでお届けする。

 

「ドラマBiz」枠が廃止になっただけで、月10枠自体は潰れていないって事なんですかね。

(あれ?でも、バラエティ番組が始まるとかなんとか言ってたような…)

中井貴一さんと鈴木京香さんの組み合わせは興味深いですし、

個人的には「ハロー張りネズミ」以来の大根仁さん作品なので楽しみなんですが、

企画も原作も秋元康さんなので、自分には合わなそうな気もしてしまいます…。

続きはParaviで!はやめてね。

 

出演:中井貴一鈴木京香斎藤工山口紗弥加里見浩太朗

脚本:大根仁 (「モテキ」「リバースエッジ」「ハロー張りネズミ」)

   樋口卓治(「離婚なふたり ※SP」「真夏の少年」)

監督:大根仁 (「モテキ」「バクマン。※映画」「いだてん」)

音楽:堀込高樹(KIRINJI)(作品不明)

企画・原作:秋元康 (「あなたの番です」「リモートで殺される ※SP」)

プロデューサー:稲田秀樹 (「リーガル・ハイ シリーズ」「レンタルなんもしない人」)

        祖父江里奈(「セーラーゾンビ」「東京センチメンタル」「きのう何食べた?」)

        合田知弘 (「さばドル」「新米姉妹のふたりごはん」)

        浅野澄美 (「ハラスメントゲーム」「絶対正義」「13」)

主題歌:Novelbright「あなたを求めただけなのに」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/

 

 

火曜日

    

DIVER-特殊潜入班-(フジテレビ・火曜21時)現在放送中   

 

 

姉ちゃんの恋人(10/27・フジテレビ・火曜21時)★★★★

 

有村架純が脚本・岡田惠和との6作目のタッグで、今度は”肝っ玉姉ちゃん”になる!ひとつ屋根の下、愛する弟3人を養うために明るく賢明に働き続けていた姉ちゃんが、ある日ワケあり男に恋をした所から始まるラブ&ホームコメディ。

 

6作目のタッグ…凄いですねぇ…(笑)

岡田さんの描く温かみのある世界観は基本的に好きなので、

無条件で期待度を上げてしまいますね。

ほっと一息つきながらクスッと笑える、そんな作品になると良いなぁ。

 

出演:有村架純林遣都

脚本:岡田惠和(「ひよっこ シリーズ」「この世界の片隅に」「少年寅次郎」)

演出:三宅喜重(「僕のヤバイ妻」「嘘の戦争」「10の秘密」)

   本橋圭太(「緊急取調室 シリーズ」「TWO WEEKS」「ケイジとケンジ」)

   宝来忠昭(「こえ恋」「嘘の戦争」「セミオトコ」「10の秘密」)

音楽:眞鍋昭大(「SUITS シリーズ」「おじさんはカワイイものがお好き。」)

プロデューサー:岡光寛子(「TWO WEEKS」)

        白石裕菜(「探偵が早すぎる」「TWO WEEKS」)

        平部隆明(「忘却のサチコ シリーズ」「サイレーン」「TWO WEEKS」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ktv.jp/anekoi/

 

     

(終)おカネの切れ目が恋のはじまり(TBS・火曜22時)

 

 

この恋あたためますか(10/20・TBS・火曜22時)★★

 

夢破れたコンビニアルバイトに業界最下位のコンビニチェーン社長が急接近!「一番売れる」スイーツ開発をしながら2人の甘い恋が爆誕する、オリジナル脚本「スイーツ×ラブ」ストーリー。

 

まず驚いたのが、ボロボロなお姫様の元に輝かしい経歴を歩む王子様が突然現れる…

みたいな"漫画的設定"を付けた本作がオリジナル脚本だという事。

「コンビニスイーツ開発」パートを上手く魅せてくれれば良いんですが、

この枠は個人的には優劣の差が激しい印象で、

しかも恋愛モノとなると好みに合わない作品も多くなるので、あんまり期待はしていません…。

 

出演:森七菜、中村倫也

脚本:神森万里江(「相棒 シリーズ」「ラヴソング」「記憶」)

   青塚美穂 (「超限定能力 ※SP」「伊藤くん A to E」「プリズンホテル」)

演出:岡本伸吾 (「99.9 シリーズ」「大恋愛」「病室で念仏を唱えないでください」)

   坪井敏雄 (「カルテット」「凪のお暇」「私の家政夫ナギサさん」)

   大内舞子 (「GTO(2014)」「女はそれを許さない」「屋根裏の恋人」)

音楽:木村秀彬 (「コウノドリ シリーズ」「ブラックペアン」「未満警察」)

プロデュース:中井芳彦(「重版出来!」「義母と娘のブルース」「凪のお暇」)

       黎景怡 (「凪のお暇」「半沢直樹2」)

主題歌:SEKAI NO OWARI「silent」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koiata_tbs/

 

 

水曜日

   

#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜(10/14・日本テレビ・水曜22時)★★

 

恋愛をさぼってきた”おひとり様”産業医・大桜美々。そんな彼女が、顔も名前もわからない誰かにSNSで恋をした。ところが、その相手はなんと社内の誰か…!?

  

オンラインで出会って恋に落ちる…という、今の状況を上手く取り入れた設定や、

ソーシャルディスタンスを促す予告映像は目を引くのですが、

いかんせん、「誰と恋する?」みたいな乙女ゲー的物語にあまり惹かれなくて…(汗)

しかし、スタッフを見ると割と良い作品に携わっている方が多いんですよね。

少し期待度は下げつつ初回を見てみます。

 

出演:波瑠、松下洸平、間宮翔太郎、川栄李奈及川光博

脚本:水橋文美江(「母になる」「みかづき」「スカーレット」)

演出:中島悟  (「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「俺の話は長い」)

   丸谷俊平 (「世界一難しい恋」「イノセンス」「ハケンの品格2」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :西憲彦 (「地味にスゴイ!」「ハケンの品格2」)

プロデューサー:櫨山裕子(「ハケンの品格 シリーズ」「俺の話は長い」)

        秋元孝之(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ハケンの品格2」)

主題歌:福山雅治「心音」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/remolove/

 

 

木曜日 

 

七人の秘書(10/22・テレビ朝日・木曜21時)★

 

「名乗るほどの者ではございません」脚本家・中園ミホが描く、痛快“秘書”ドラマが誕生!この世を動かしているのは国や財政のトップではなく、影の黒子たちー。七人の秘書が理不尽だらけの日本社会を裏で操り、変えてゆく。

 

必殺仕事人…?新たにシリーズ化しようと考えている企画でしょうかね。

中園脚本の最近の作品「ハケンの品格」で作風に"時代感覚のズレ"を感じさせたので、

特に期待はしていません。

ぶっちゃけ、木曜10時のドラマがあるから良いかな…とさえ思っています(汗)

 

出演:木村文乃広瀬アリス菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子

脚本:中園ミホ(「ハケンの品格 シリーズ」「ドクターX シリーズ」「西郷どん」)

   香坂隆史(「火の粉」「限界団地」「緊急取調室3」「サイン」)

   林誠人 (「ドクターX シリーズ」「ストロベリーナイト」「特捜9 2」)

演出:田中直己(「ドクターX シリーズ」「未解決の女 シリーズ」「刑事ゼロ」)

   山田勇人(「ドクターX シリーズ」「ドクターY シリーズ ※SP」)

   片山修 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「黒革の手帖」「サイン」)

音楽:沢田完 (「ドクターX シリーズ」「奪い愛、冬」「あなたには渡さない」)

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(「ドクターX シリーズ」「家政夫のミタゾノ シリーズ」)

プロデューサー:大江達樹(「ドクターX シリーズ」「スミカスミレ」「リーガルV」)

        浜田壮瑛(「べしゃり暮らし」「アリバイ崩し承ります」)

        大垣一穂(「ドクターX シリーズ」「リーガルV」)

        角田正子(「トットちゃん!」「ドクターY(2019) ※SP」)

主題歌:milet「Who I Am」「The Hardest」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/7-hisho/

 

    

ルパンの娘(10/15・フジテレビ・木曜22時)★★★★

 

前作ではLの一族は死んだという設定にして、無事に結ばれる事となった華と和馬。続編では、彼らのその後を描いていく。あくまでも事実婚なので、日常生活では自身の正体を偽りながら過ごす2人だが、ある日アパートの隣人が警察に追われ、その聞き込み調査に巻き込まれる形で物語が始まる。

 

こちらもこちらで、2人が結ばれた前作で完結したイメージがあったので、

また愉快な仲間たちに再会出来るのか!という驚きが。

新キャラを除けば、キャストもスタッフも、そして主題歌も前作と変わらない所も嬉しい。

 

ドラマでラブコメなのに映画みたいな完成度高い作り込みに好感が持てましたし、

深田恭子さんの魅力を再発見するきっかけにもなった作品でもありました。

続編も変わらず飛ばしてくれる事を期待しています!

 

出演:深田恭子瀬戸康史小沢真珠渡部篤郎

脚本:徳永友一(「ルパンの娘」「海月姫」「グッド・ドクター」)

演出:武内英樹(「ルパンの娘」「デート」「飛んで埼玉 ※映画」)

   洞功二 (「ルパンの娘」「デート」「ストロベリーナイト・サーガ」)

音楽:Face 2 fAKE(「ルパンの娘」「飛んで埼玉 ※映画」「砂の器(2019) ※SP」)

プロデュース:稲葉直人(「ルパンの娘」「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 シリーズ」)

主題歌:サカナクション「モス」

原作 :横関大『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/index.html

 

 

金曜日

     

タリオ 復讐代行の2人(10/9・NHK総合・金曜22時)★★★

 

泣き寝入りをせざるを得ない被害者からの依頼を受け、彼らの代わりに卑劣な悪人たちに復讐する事を裏稼業とする2人を描く、痛快でポップな新感覚"復讐"エンターテインメント。また、シリーズを通して、主人公の父の謎にも迫っていく。

 

復讐モノなのにポップ…?正反対の要素が混ざっている所に惹かれます。

「木村ひさしワールド」と、社会情勢を取り扱うのが上手いNHKドラマが

どんな化学反応を起こすのか楽しみではあります。

 

出演:浜辺美波岡田将生

作 :蒔田光治  (「99.9 シリーズ」「スリル!」「ピュア! ※SP」)

   瀧本智行  (「北斗」「dele 4話」「コールドケース2」)

   渡辺雄介  (「レンタル救世主」「dele 2話」「未満警察」)

   徳永富彦  (「相棒 シリーズ」「刑事7人 シリーズ」「べしゃり暮らし」)

演出:木村ひさし (「99.9 シリーズ」「あまんじゃく シリーズ ※SP」「Heaven?」)

   山本透   (「チャンネルはそのまま!」「東京ラブストーリー(2020)」)

音楽:流線形   (作品不明)

   一十三十一 (作品不明)

音楽プロデューサー:岩崎太整(「下北沢ダイハード」「dele」※全て音楽担当)

制作統括:川田尚広(「闇の伴走者 シリーズ」)

     高橋練 (「チェイス 国税査察官」「まれ」「ディア・ペイシェント」)

     岡本幸江(「金魚倶楽部」「ごちそうさん」「おんな城主 直虎」)

プロデューサー:山田兼司(「dele」「ハケン占い師アタル」)

        北野拓 (「宮崎のふたり」「フェイクニュース」※全てSP)

OP曲  :一十三十一「金曜日のヴィーナス feat. 堀込泰行

主題歌:一十三十一「悲しいくらいダイヤモンド」

公式サイト:https://www.nhk.jp/p/ts/78YR8PJXJ5/

 

 

キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木(TBS・火曜22時)現在放送中   

 

     

恋する母たち(10/23・TBS・金曜22時)★

 

心に突き刺さった、夫に対する「好き」という感情が抜けたところに、別の男性が入ってきたら…そこから新たな恋が始まる─恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみ×恋愛ドラマの名手・大石静による、極上のラブストーリー。

  

心のどこかにぽっかりとした穴が空いているのを感じつつも、

それなりに充実した生活を送っていた妻が、ある日突然、恋に落ちてしまった…

みたいな話って、もう出尽くしたと思うんですけどね。

果たして、需要があるのかどうか…。

 

出演:木村佳乃、吉田羊、仲里依紗

脚本:大石静  (「家売るオンナ シリーズ」「大恋愛」「知らなくていいコト」)

演出:福田亮介 (「初めて恋をした日に読む話」「G線上のあなたと私」)

   吉田健  (「この世界の片隅に」「初めて恋をした日に読む話」)

音楽:出羽良彰 (「初めて恋をした日に読む話」「私たちはどうかしている」)

   兼松衆  (「僕らは奇跡でできている」「ディア・ペイシェント」)

チーフプロデューサー :磯山晶 (「G線上のあなたと私」「恋はつづくよどこまでも」)

プロデューサー:佐藤敦司(「あなたのことはそれほど」「G線上のあなたと私」)

主題歌:松任谷由実「知らないどうし」

原作 :柴門ふみ『恋する母たち』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/

 

 

24 JAPAN(10/9・テレビ朝日・金曜23時15分)★★★

 

テレビ朝日20世紀FOXが手を組み、日本版リメイクの制作が決定!2020年の最新テクノロジーと世界情勢も盛り込みながらも、手に汗握る“日本初のリアルタイムサスペンス”を最大スケールで展開する。

  

唐沢寿明さん、木村多江さん、桜田ひよりさんの3人のキャスティングで

どうしても「あまんじゃく」を思い出してしまう私…

なので、巨大プロジェクトなのでそれなりにお金はかかっているんでしょうけど、

不思議とトンチキになりそうな予感しかしません(笑)

まぁ、トンチキでもシリアスでも、エンターテインメント作品として面白ければ

何でもOKです。

 

出演:唐沢寿明木村多江桜田ひより仲間由紀恵筒井道隆

脚本:長坂秀佳(「そして誰もいなくなった」「予告殺人 ※SP」)

脚本協力:山浦雅大(「都庁爆破!※SP」「Missデビル」「TWO WEEKS」)

監督:鈴木浩介(「特捜9 シリーズ」「特命刑事カクホの女2」「鉄の骨」)

   木内健人(「さくらの親子丼 シリーズ」「戦う!書店ガール」「TWO WEEKS」)

   日暮謙 (「過保護のカホコ」「FINAL CUT」「女子高生の無駄づかい」)

   大塚徹 (「私の嫌いな探偵」「青春探偵ハルヤ」「越路吹雪物語」)

音楽:奈良悠樹(「刑事7人 シリーズ」「所轄魂 ※SP」)

チーフプロデューサー :五十嵐文郎(「白い巨塔(2020) ※SP」「やすらぎの刻〜道」)

プロデューサー:神田エミイ亜希子(「重要参考人探偵」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

        下山潤(「死神くん」「ボク、運命の人です。」「サイン」)

協力プロデューサー  :藤本一彦(「予告殺人 ※SP」「ハゲタカ(2018)」)

        船津浩一(「就活家族」「白い巨塔(2020) ※SP」)

原作 :Based on the U.S. Seried "24"

    Created by JOEL SURNOW & ROBERT COCHRAN

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/24japan/

 

 

あのコの夢を見たんです。(10/2・テレビ東京・金曜24時12分)★★★

 

山里亮太が、実在する人気女優・アイドル・モデルたちのイメージから創作した短編小説をドラマ化。誰もが一度は思い出す青春の1ページから、淡くも切ない恋愛小説、あっと驚くファンタジー小説まで、多岐にわたるエピソードをお届けする。

  

実在する女性芸能人が元になった物語をオムニバス形式でお届けする…

という企画自体が、テレ東らしくて良いですね。

仲野太賀さんのビジュアルも絶妙〜に山里さんに似ていて、

中々上手いキャスティングだなぁと。

芳根京子さん、白石聖さん、鞘師里保さん、池田エライザさんの回に特に注目しています。

 

出演:仲野太賀、中条あやみ芳根京子、森七菜、飯豊まりえ 他

脚本:政池洋佑 (「天 天和通りの快男児」「絶対正義」「レンタルなんもしない人」)

   マンボウやしろ(作品不明)

   三浦希紗 (「わたし旦那をシェアしてた」「死役所」)

   野村有志 (「強行犯捜査第七係 ※SP」)

脚本監修:山里亮太

監督:大九明子 (「時効警察はじめました」「捨ててよ、安達さん。」)

   瀬田なつき(「ヴァンパイア・ヘヴン」「セトウツミ」「声ガール!」)

   枝優花  (作品不明)

   松本花奈 (「平成物語 シリーズ」「恋のツキ」「死役所」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「浦安鉄筋家族」)

プロデューサー:倉地雄大(「死役所」「行列の女神」)

        和田圭介(「下荒井5兄弟の帰郷」「ハリウッド大作戦!」※全てSP)

        瀬島翔 (「たまゆら ※映画」「なれない二人 ※映画」「死役所」)

OPテーマ:マカロニえんぴつ ※曲は週替わり

EDテーマ:山本彩「ゼロ ユニバース」

原作:山里亮太山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anoyume/

 

  

土曜日

     

天使にリクエストを〜人生最後の願い〜(NHK総合・土曜21時)現在放送中 

 

 

35歳の少女(10/10・日本テレビ・土曜22時)★★★

 

不慮の事故から25年ぶりに目覚めた娘は、体は35歳、心は10歳の少女になっていた…。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の”時をこえた”成長物語。

   

柴咲コウさん×遊川和彦脚本で「〇〇妻再び!」との事ですが、

私はその作品は見た事はありません。

そして、本作もどんな作風になって行くのか、初回になってみないと分かりません…。

 

出演:柴咲コウ、坂口健太郎橋本愛田中哲司

脚本:遊川和彦 (「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」「同期のサクラ」)

演出:猪股隆一 (「家売るオンナ シリーズ」「私たちはどうかしている」)

   明石広人 (「過保護のカホコ」「私たちはどうかしている」)

   伊藤彰記 (「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

音楽:平井真美子(「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」「同期のサクラ」)

チーフプロデューサー :池田健司(「地味にスゴイ!」「親バカ青春白書」)

プロデューサー:大平太 (「泣くな、はらちゃん」「〇〇妻」「同期のサクラ」)

        諸田景子(「永久就職試験」「同期のサクラ」)

        田上リサ(「偽装の夫婦」「過保護のカホコ」「同期のサクラ」)

主題歌:King Gnu「三文小説」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shojo35/

 

 

先生を消す方程式。(10/31・テレビ朝日・土曜23時15分)★★

 

田中圭がこの秋、挑む新境地は…恐怖の進学校教師!いつも笑顔の謎の教師VS彼に殺意を抱く高IQ生徒たちによる壮絶バトルが繰り広げられる、異色な学園サスペンス。

 

ニコニコしていて、どこか精神がぶっ飛んでいる教師の設定は「家族ゲーム」、

教師vs生徒の構図は「3年A組」を彷彿とさせる感じですね。

不気味な田中圭さんには興味はありますが、脚本が鈴木おさむさん…

うーん…変なネタが盛り込まれそう…(滝汗)

 

出演:田中圭松本まりか山田裕貴

脚本:鈴木おさむ(「奪い愛、冬」「M 愛すべき人がいて」)

監督:小松隆志 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「美しい隣人」「まだ結婚できない男」)他

音楽:HAL(「真夜中のスーパーカー ※SP」「探偵物語(2018) ※SP」「深夜のダメ恋図鑑」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英 (「未解決の女 シリーズ」「アリバイ崩し承ります」)

プロデューサー:秋山貴人 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「BG」「ヒモメン」)

        遠田孝一 (「探偵物語(2018) ※SP」「時効警察はじめました」)

        小路美智子(「青春探偵ハルヤ」「原島浩美がモノ申す!」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/houteishiki/#/?category=drama

 

 

さくらの親子丼(10/17・フジテレビ・土曜23時40分)★★★

 

シリーズ第3弾となった本作。前作に続き、民間子どもシェルターが舞台となる。“食べること”を通じて愛を伝えてきた九十九さくらと、行き場のない子どもたちによる、激しいドラマが繰り広げられていく。

 

「オトナの土ドラ」初の全10話構成という事で、気合が入っていますね。

本当は第1シーズンの九十九食堂で働くさくらさんを見たいんですが、

新舞台で彼女の個性である"お節介"っぷりが

前作よりも発揮してくれると良いなぁと願っています。

 

出演:真矢ミキ、新川優愛山崎静代名取裕子

原作・脚本:清水有生(「さくらの親子丼 シリーズ」「明日の光をつかめ シリーズ」)

演出:阿部雄一 (「さくらの親子丼1」「やすらぎの刻〜道」)

   谷川功  (「さくらの親子丼2」「いつまでも白い羽根」)

   最知由暁斗(「さくらの親子丼1」「警視庁・捜査一課長SP(2019)」)

音楽:富貴晴美 (「さくらの親子丼 シリーズ」「西郷どん」「隕石家族」)

企画:市野直親(「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「隕石家族」)

企画協力:古賀誠一(「ドクターX シリーズ」「黒革の手帖」「リーガルV」)

プロデューサー:河角直樹(「さくらの親子丼2」「やすらぎの郷」「リカ」)

        中頭千廣(「警視庁SP特命係」「陰陽師(2020)」※全てSP)

        浦井孝行(「さくらの親子丼 シリーズ」)

        岸川正史(「文学処女」「ラーメン大好き小泉さん 二代目! ※SP」)

主題歌:lol-エルオーエル-「sign

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/oyakodon2020/

 

 

日曜日

 

危険なビーナス(10/11・TBS・日曜21時)★★★★

 

突然現れ「弟の妻」だと名乗る謎の美女に翻弄されながら、30億の遺産をめぐる名家の争いに巻き込まれていく。誰が味方で、誰が敵なのか?人間の欲望が渦巻く壮大な謎解きが始まる…。

  

最近の傾向からするに、「あの作品のスタッフだから」というだけで

新作の期待度を上げてしまってはいかん…とは思いつつも…

「累 −かさね−」の黒岩勉さん×佐藤祐市さんの組み合わせで

ついつい期待してしまいますね。

 

テセウスの船」の芋羊羹でインパクトを残した麻生祐未さんを筆頭に、

小日向文世さん、斉藤由貴さんと、中々一癖二癖あるキャストを揃えている所も良いです。

黒岩さん、お得意(個人的印象)のサスペンスで挽回出来るかどうか?

 

出演:妻夫木聡吉高由里子ディーン・フジオカ染谷将太中村アン

脚本:黒岩勉 (「僕のヤバイ妻」「グランメゾン東京」「アンサング・シンデレラ」)

演出:佐藤祐市(「家族ゲーム」「累 -かさね- ※映画」「メゾン・ド・ポリス」)

   河野圭太(「マルモのおきて」「僕らは奇跡でできている」「4分間のマリーゴールド」)

音楽:菅野祐悟(「刑事ゆがみ」「半分、青い。」「シャーロック」)

プロデューサー:橋本芙美(「メゾン・ド・ポリス」「4分間のマリーゴールド」)

        高丸雅隆(「BRIDGE ※SP」「4分間のマリーゴールド」)

        久松大地(「ラーメン大好き小泉さん シリーズ」「ランチ合コン探偵」)

主題歌:back number「エメラルド」

原作 :東野圭吾『危険なビーナス』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

 

       

極主夫道(10/11・日本テレビ・日曜22時30分)★★★

 

本作で描くのは、極主夫流の「正義と家族愛」。事件に巻き込まれた愛する町と家族を、守り抜く事ができるのか…?主夫力が高すぎる元極道が大奮闘する、ドタバタ痛快劇!

 

竜一の生まれ変わり!(笑)っていうのは置いといて…

日テレでも読売でも関係なく、この枠の作品とは合わない事が多いのですが、

"イイ男"代表の玉木宏さんに真逆のイメージの極道、

そして家事!?というギャップを効かせまくった設定になっていて、

視聴者の興味を引かせる点では成功してるんじゃないかと思っています。

あとは、コメディに振り切れてなくて、間延びしないかどうか…ですね。

 

出演:玉木宏川口春奈、志尊淳、古川雄大

脚本:宇田学(「99.9 シリーズ」「探偵が早すぎる」「DIVER」)

   モラル(「まだ結婚できない男 チェインストーリー ※ネットドラマ」「年下彼氏」)

監督:瑠東東一郎(「おっさんずラブ シリーズ」「探偵が早すぎる」「浦安鉄筋家族」)

   内藤瑛亮 (「悪霊病棟」「不能犯ネットドラマ」「仮面同窓会」)

   本田隆一 (「ドクターカー」「探偵が早すぎる」「盤上の向日葵」)

音楽:瀬川英史 (「勇者ヨシヒコ シリーズ」「今日から俺は!!」「親バカ青春白書」)

チーフプロデューサー :前西和成(「探偵が早すぎる」「おじさんはカワイイものがお好き。」)

プロデューサー:中山喬詞(「眠れぬ真珠 ※SP」「探偵が早すぎる」「チート」)

        小島祥子(「おじさんはカワイイものがお好き。」)

        清家優輝(「声ガール!」「仮面同窓会」「銀座黒猫物語」)

共同プロデューサー  :池田健司(「地味にスゴイ!」「親バカ青春白書」)

主題歌:Da-iCECITRUS

原作:おおのこうすけ『極主夫道』

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/

 

           

番外編 

 

ハルとアオのお弁当箱(10/12・BSテレ東・月曜24時)★★★★

 

ゲームやアニメのためにお金と時間を使うオタク女子がある日、自分を憐れむ世間の目に落ち込み、そんな時に出会ったジェンダーレス男子と勢いで同居生活をする所から物語が始まる。心温まるお弁当を通した触れ合いによって前向きに生きていく、お弁当ドラマ。

 

家にアンテナが繋がっていないため、普段はBSドラマはスルーしているのですが、

新ドラマをチェックしていたら何やら自分好みそうだなぁ…と思いまして。

「日常」とか、見ていて自然と心が満たされていくような題材に惹かれるんですよね。

テレビ東京系列で言うと、"同性愛"を扱った「きのう何食べた?」という実績があるので、

こちらでも丁寧に2人の関係を描いてくれそう。

あとは、TVerで配信してくれるかどうか…!

 

出演:吉谷彩子、井之脇海

脚本:川﨑いづみ(「地味にスゴイ!」「赤ひげ」「大江戸もののけ物語」)

   鈴木裕那 (「修善寺温泉殺人事件 ※SP」「いつかこの雨がやむ日まで 7話」)

   遠山絵梨香(「アロハ・ソムリエ」「警視庁・捜査一課長2020 10話」)

   阿部沙耶佳(「豆腐プロレス 15話」「警視庁・捜査一課長2020 13話」)

監督:東田陽介 (「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「水族館ガール」「沈黙法廷」)

   加藤綾佳 (「7人の夫」「絶対正義」※全て脚本担当)

   加治屋彰人(「ディアスポリス」「ブスの瞳に恋してる2019 ※ネットドラマ」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:戸石紀子 (「フジコ ※ネットドラマ」「僕はどこから」)

        園部雄一郎(作品不明)

        三本千晶 (「琥珀の夢」「逆転弁護士 水木邦夫」※全てSP)

        𠮷川厚志(「」「」「」)

主題歌:H△G「5センチ先の夢」

原作 :まちた『ハルとアオのお弁当箱』

公式サイト:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/obentou-bako/

 

 

ざんねんないきもの事典(10/7・テレビ東京・水曜24時52分)★★★

 

累計発行部数が420万部を超える作品を初実写化。“ざんねんだけど愛おしい”動植物たちにそっくりの現代人を描く。

 

きょうの猫村さん」の評判を受けて、第2弾って所でしょうか。

漫画でもなく、小説でもなく、イラスト図解付き教材(?)を

実写化するという発想が面白いです。

そして、三宅弘城さんと磯村勇斗さんと言えば「サ道」のお2人ですね♪

前作に引き続き、ゆるりと見てみます。

 

出演:竹中直人三宅弘城磯村勇斗畑芽育、新津ちせ 他

脚本:保木本真也(「狙撃 ※SP」「声ガール!」「幸色のワンルーム」)

   下田悠子 (「ぼくは麻理のなか」「青と僕」「捨ててよ、安達さん。」)

監督:久万真路 (「ワカコ酒 シリーズ」「デザイナー 渋井直人の休日」)

   千村利光 (「マジムリ学園」「でも、結婚したいっ! ※SP」)

   高明   (作品不明)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:漆間宏一(「トモダチゲーム」「捨ててよ、安達さん。」)

        鈴木伸明(「居酒屋ぼったくり」「南くんの恋人」「のの湯」)

原作 :今泉忠明『ざんねんないきもの事典』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/zannen/

 

 

おちょやん(11/30・NHK総合・月〜金曜8時)★★★

 

大阪の喜劇の原点はココにあり!女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、笑って、泣けて、人情あふれる、ひとりの女性の波乱万丈の物語。

 

「エール」は録画が溜まって行った都合上、視聴を諦めてしまっているので、

本作も最後まで完走出来るかどうかは分からないです。

でも、これは面白い!と感じる部分があったら、見続けたいとは思っています。

 

出演:杉咲花

脚本:八津弘幸(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「半沢直樹1」「ミス・ジコチョー」)

演出:梛川善郎(「純と愛」「銀二貫」「べっぴんさん」)

   盆子原誠(「ごちそうさん」「とと姉ちゃん」「西郷どん」)他

音楽:(「」「」「」)

制作統括:櫻井壮一(「お母さん、娘をやめていいですか?」「西郷どん」)

     熊野律時(「あさが来た」)

主題歌:秦基博「泣き笑いのエピソード」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/414844.html

 

        

視聴未定なドラマ 

 

歴史迷宮からの脱出 〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京

(10/2・テレビ東京・金曜24時52分)

 

リアル脱出ゲーム”の仕掛け人・SCRAP×ニュースアプリ・SmartNews×テレビ東京による、視聴者参加型ドラマ。未来において改竄された歴史を修正するため過去に遡り、必要な暗号(=謎)を主人公が制限時間内に解き明かす新感覚SFコメディとなっている。

 

「パパがも一度恋をした」の娘役として、しっかり者でありながらも

人一倍繊細な心を持つ難しい役どころを演じてみせた点で印象に残っている、

福本莉子さん主演作という事で。

このコーナーに入れましたが、初回はとりあえず見てみるつもりです。

 

出演:福本莉子

脚本:土屋亮一 (「ウレロ☆ シリーズ」「決してマネしないでください。」)

監督:及川拓郎 (「刑事7人 シリーズ」「ケイジとケンジ」「真夏の少年」)

謎制作 :加藤隆生(SCRAP)

総合演出:乾雅人(「リアル脱出ゲームTV シリーズ」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:森田昇  (「サイレント・ヴォイス シリーズ」「闇芝居(生)」)

        間宮由玲子(「セトウツミ」「手紙(2018) ※SP」「聖域 ※SP」)

        八木亜末 (作品不明)

        渡辺良介 (「下剋上受験」「テセウスの船」)

OPテーマ:WOMCADOLE「軌跡」

EDテーマ:みるきーうぇい「君をさらって夜を飛ぶ」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/escape/

 

 

閻魔堂沙羅の推理奇譚(10/31・NHK総合・土曜23時30分)

 

閻魔堂(えんまどう)の主・沙羅が生き返りを願う亡者に、誰に、なぜ、どのように殺されたかを推理させるゲームを仕掛ける! 被害者に自分で自分の殺人事件の真相を解決させる、異色のオムニバスミステリードラマ。

 

主人公のファッションも楽しめるとの事で、

中条あやみさんのファンには堪らない作品になりそうですね。

どうかなぁ…評判が良かったら見てみるかなぁ…?

 

出演:中条あやみ

脚本:古家和尚  (「ON」「明日の約束」「ハゲタカ(2018)」「行列の女神」)

演出:渡辺良雄  (「北条時宗」「パパ トールド★ミー」「出雲の阿国」)

   葛西勇也  (「ホクロのひみつ ※SP」「スカーレット」)

   石川慎一郎 (作品不明)

   鈴木航   (「わろてんか」「スカーレット」「駐在刑事 Season2」)

音楽:岩崎琢   (「文豪ストレイドッグス シリーズ」「黒執事 シリーズ」※全てアニメ) 

制作統括:出水有三(「ブシメシ!シリーズ」「だから私は推しました」)

主題歌:「」

原作 :木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』シリーズ

公式サイト:https://www.nhk.jp/p/ts/PM3KQQV9Z2/

 

       

まとめ

 

以下、視聴予定の19作品です。

※現時点で放送されている作品は除きます。

 

・監察医 朝顔2(フジ・月9)

・共演NG(テレ東・月10)

・ハルとアオのお弁当箱(BSテレ東・月深夜)

・姉ちゃんの恋人(フジ・火9)

・この恋あたためますか(TBS・火10)

・#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜(日テレ・水10)

・ざんねんないきもの事典(テレ東・水深夜)

・七人の秘書(テレ朝・木9)

・ルパンの娘(フジ・木10)

・タリオ 復讐代行の二人(NHK総合・金10)

・恋する母たち(TBS・金10)

・24 JAPAN(テレ朝・金11)

・あのコの夢を見たんです。(テレ東・金深夜)

・35歳の少女(日テレ・土10)

・先生を消す方程式。(テレ朝・土11)

・さくらの親子丼3(フジ・土11)

・危険なビーナス(TBS・日9)

・極主夫道(日テレ・日10)

・おちょやん(NHK・月〜金朝)

 

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 ルパンの娘(フジ・木10)

2位 監察医 朝顔2(フジ・月9)

3位 ハルとアオのお弁当箱(BSテレ東・月深夜)

4位 姉ちゃんの恋人(フジ・火9)

5位 危険なビーナス(TBS・日9)

 

 

コロナ禍のため、9月から既に放送されているドラマがあったり、短い話数で終わったり…と、

未だに放送時期がバラついている感じではありますが、

それでも10月から始まるドラマの方が多く、

徐々に足並みを揃えて、1月期からは完全に通常通りになるのかな?という気もしています。

 

本記事を作るために各ドラマの概要をざっと見た印象としては、

"恋愛"を取り扱っている作品が多いなぁ…と。

(メインサブ関係なしに調べてみた所、初回執筆予定の16作品中7作品ありました。)

火曜日はどちらも恋愛がガッツリ絡んで来る話みたいで、

「ハグの日」じゃなくて「ラブの日」になりそうですし、

TBSの3作品(特に火10と金10)に至っては少しずつ被ってますね(笑)

火10はラブストーリー。金10は不倫。日9はラブサスペンス。

これもコロナが生み出した"偶然"だと考えるべきなのでしょうか…?

 

一方で、オリジナル作品も7作品と約半分を占めています。

春ドラマの頃は17作品中4作品だった事を踏まえると、

中々良い流れなのではないかと思います。

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

秋クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


2020年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20200711135842j:plain

 

8/18:「竜の道」
8/19:「妖怪シェアハウス」最新話をUPしました。 

 

こんにちは、りんころです!何とか間に合った…

視聴予定の7月期(と言ってももう8月になるけど(笑))の

ドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2020年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう6作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 夏ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

※既に発表されている「おカネの切れ目が恋のはじまり」「K2 -キワドい刑事-」の2作品に関しては、9月スタートなので秋ドラマ扱いとさせていただきます。

なお、「監察医 朝顔2」は当初は夏からの放送との事でしたが、2020年秋〜2021年冬に時期が変更となりました。

 

それでは、参りましょう〜。

 

         

2020年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴予定の6作品と期待度を発表していきます。

(7/28時点で放送作品が未定な枠もあるので、情報解禁され次第更新していきます。)

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/ 視聴前期待度(最大:★5つ)/
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

また、現在放送中の作品も掲載しておきます。

 

月曜日

     

SUITS/スーツ2(フジテレビ・月曜21時)現在放送中 


 

火曜日

      

竜の道(フジテレビ・火曜21時)現在放送中

 

 

私の家政夫ナギサさん(TBS・火曜22時)現在放送中 リタイア

 

 

水曜日

     

(終)ハケンの品格日本テレビ・水曜22時)

 

      

私たちはどうかしている(8/12・日本テレビ・水曜22時)★★

 

互いに初恋相手だったはずの七桜(なお)と椿は、ある事件をきっかけに容疑者の娘と被害者の息子となってしまうが、15年の時を経て偶然の再会を果たす所から物語が始まる。過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う二人の姿…そして、15年前の事件の真相も明かされていく、クール・ジャパンなラブ・ミステリー。

  

ポスタービジュアルは日本らしい雅な雰囲気が感じられますし、

東京事変の主題歌も本作の世界観に合いそうで楽しみですが、

スタッフを見ると少し不安が。

「容疑者の娘と被害者の娘」という水10には珍しい重たい題材を扱っているので、

これを上手く調理出来るかどうかにかかっていると思います。

 

ミステリー要素にしても、話題作り重視のためだけの風呂敷広げっぱなし展開で

終わらない事を願います…。

 

出演:浜辺美波横浜流星観月ありさ

脚本:衛藤凛 (「のだめカンタービレ」「サバイバル・ウェディング」「偽装不倫」)

演出:小室直子(「ボク、運命の人です。」「サバイバル・ウェディング」「3年A組」

   猪股隆一(「家売るオンナ シリーズ」「ボク、運命の人です。」「ニッポンノワール」)

   明石広人(「過保護のカホコ」「獣になれない私たち」「同期のサクラ」)

   水野格 (「俺のスカート、どこ行った?」「美食探偵 明智五郎」)

音楽:出羽良彰(「下剋上受験」「初めて恋をした日に読む話」「左ききのエレン」)

チーフプロデューサー :西憲彦 (「地味にスゴイ!」「同期のサクラ」「ハケンの品格」)

プロデューサー:鈴間広枝(「サバイバル・ウェディング」「あなたの番です」)

        松山雅則(「ラストコップ2」「あなたの番です」)

協力プロデューサー:藤森真美(作品不明)

主題歌:東京事変「赤の同盟」

原作 :安藤なつみ『私たちはどうかしている』

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/watadou/

 

レンタルなんもしない人(テレビ東京・水曜24時12分)9/9より放送再開

 

きょうの猫村さんテレビ東京・水曜24時52分)現在放送中

 

 

木曜日 

         

未解決の女 警視庁文書捜査官(8/6・テレビ朝日・木曜21時)★★★

 

2020年夏…またも日本に文字の神様が降臨!肉体派・波瑠×頭脳派・鈴木京香の最強凸凹女刑事バディが、文字を糸口に“令和の未解決事件”に再び挑む。

 

第1シーズンの頃は、"文書"というより"活字"なのでは?と思える事件描写や、

名脇役を揃えた割には上手く活かせていない所が少し引っかかりましたが、

SPはその2つが改善された内容となっていて満足した記憶があります。

 

物語の苦い結末とシンクロしていた平井堅さんの「知らないんでしょ?」が

聞けなくなるのは寂しいですが、波瑠さんと京香さんの掛け合いは好きなので、

基本的には面白く見られそうです。

  

出演:波瑠、鈴木京香沢村一樹遠藤憲一谷原章介

脚本:大森美香(「未解決の女」「東京バンドワゴン」「この声をきみに」)

演出:田村直己(「未解決の女」「ドクターX シリーズ」「刑事ゼロ」)

   樹下直美(「未解決の女」「この声をきみに」「東京独身男子」)

音楽:村松崇継(「未解決の女」「昭和元禄落語心中」「竜の道」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(「未解決の女」「ヒモメン」「アリバイ崩し承ります」)

プロデューサー:大江達樹(「ドクターX シリーズ」「スミカスミレ」「リーガルV」)

        西山隆一(「東京独身男子」「ドクターY(2019)※SP」)

        菊池誠 (「未解決の女」「民王」「ケイジとケンジ」)

        木川康利(「未解決の女 緋色のシグナル ※SP」「ラストチャンス」)

主題歌:いきものがかり「きらきらにひかる」

原作 :麻見和史『警視庁文書捜査官』

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu02/#/?category=1737180a0ef

 

 

アンサング・シンデレラ(フジテレビ・木曜22時)現在放送中

 

 

   

おじさんはカワイイものがお好き。

(8/13・日本テレビ・木曜23時59分)★★★

 

容姿端麗で、上司や部下からも頼られる存在の小路三貴(おじ みつたか)だが、カワイイものが好きすぎるという誰にも言えない秘密を抱えていた。しかし、様々な人との出会いによって、互いの秘密を認め合い、少しずつ心の距離を近づけていく…「好きなモノは好きなままでいい!」をそっと教えてくれる” おじカワ” コメディ。

 

普段は悪役か遺影のイメージがある眞島秀和さんにギャップの強い役をやらせるなんて、

視聴者のツボを分かってらっしゃるな〜…と思える企画。

結局、まんまとスタッフの策略に乗っかってしまいました(笑)

どんな作風になるのか、まずは様子見してみます。

 

出演:眞島秀和今井翼桐山漣、藤原大祐 他

脚本:坪田文 (「コウノドリ シリーズ」「半沢直樹(2013)」「モトカレマニア」)

監督:熊坂出 (「わにとかげぎす」「僕はどこから」)

音楽:眞鍋昭大(「SUITS/スーツ シリーズ」「モンテ・クリスト伯」「アライブ」)

チーフプロデューサー :前西和成(「探偵が早すぎる」「ラブリラン」「ランチ合コン探偵」)

プロデューサー:小島祥子(「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」※アシスタントP)

        熊谷理恵(「屋根裏の恋人」「トレース」「わたし旦那をシェアしてた」)

主題歌:「」

原作 :ツトム『おじさんはカワイイものがお好き。』

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/ojikawa/

 

 

金曜日

 

らせんの迷宮(テレビ東京・金曜20時)初回放送日未定

やるとしても…早くて秋クールになってしまうのかな。2本掛け持ち状態だしね。

         

MIU404(TBS・金曜22時)現在放送中

 

         

真夏の少年〜19452020(7/31・テレビ朝日・金曜23時15分)★★★ ←リタイア

 

個性豊かな高校生たちが現代にタイムスリップしてきた“軍人”と織りなす、ひと夏の成長物語。“自由”の不自由、“不自由”の自由…生きるって、一体何なんだ!アツい夏をさらにアツくする青春ヒューマン・コメディ。

  

情報解禁時は主演がジャニーズJrのグループ6人だと知って、正直

「え!?このキャストならドラマL枠(ABCテレビ制作)じゃないの?」と驚きましたし、

ファンだけが喜ぶような内容になってしまうのではないかも心配だったのですが…

哀愁を漂わせる映画風の予告映像を見て結構印象が変わりました。

今時の高校生と軍人の出会いを通して「本当の"幸せ""自由"とは何か」を描く

テーマも興味深いです。

まだまだ若い年代だからこそのリアルな実態や感情を映し出せるのかも?

 

去年のこの時期に「セミオトコ」という作品が放送されていましたが、

そのスタッフも何人か携わっているようですし、

ひと夏の思い出…として記憶に残る作品になりそうな予感がします。

 

出演:岩﨑大昇、佐藤龍我、那須雄登、

   浮所飛貴、藤井直樹、金指一世(美 少年 全員主演)他

脚本:樋口卓治 放送作家(「Qさま!!」「ぴったんこカン・カン」「金スマ」)他

監督:及川拓郎(「刑事7人 シリーズ」「ユニバーサル広告社」「ケイジとケンジ」)

   竹園元 (「あいの結婚相談所」「明日の君がもっと好き」「セミオトコ」)

   小野浩司(「健康で文化的な最低限度の生活」「原島浩美がモノ申す!」)

メインテーマプロデュース:S.E.N.S. Company(「やすらぎの郷」「明日の君がもっと好き」)

メインテーマ :有木竜郎(「トットちゃん!」「明日の君がもっと好き」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「女子高生の無駄づかい」)

プロデューサー:服部宣之(「やすらぎの道〜刻」「セミオトコ」「ケイジとケンジ」)

        布施等 (「越路吹雪物語」「セミオトコ」「女子高生の無駄づかい」)

        森一季 (「激アツ!! ヤンキーサッカー部 ※SP」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

主題歌:Kis-My-Ft2「ENDLESS SUMMER」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/manatsunoshonen/#/?category=drama

 

浦安鉄筋家族テレビ東京・金曜24時12分)8/21より放送再開

  

 

土曜日

     

未満警察 ミッドナイトランナー(日本テレビ・土曜22時)現在放送中


   

妖怪シェアハウス(8/1・テレビ朝日・土曜23時15分)★★★

 

コメディエンヌの次世代ホープと呼ばれている小芝風花さんの、民放連ドラ初主演作。くず男にお金も仕事も家も奪われたどん底気弱女子を、ルームシェアとして住み着く妖怪たちが“奇想天外”な方法で救う、種別を超えた友情を描くホラーコメディ。

 

「美食探偵 明智五郎」で爪痕を残した小芝風花さんが、満を持して民放連ドラ初主演!

コロナ禍の時期に相応しい、気軽に笑えて友情にホッコリ出来て…な

作品になる事を期待しています。

 

出演:小芝風花松本まりか、毎熊克哉、池谷のぶえ大倉孝二

脚本:西萩弓絵(「民王」「女囚セブン」「リーガル・ハート」)

   ブラジリィー・アン・山田(「サイレント・ヴォイス シリーズ」「東京センチメンタル」)

   綿種アヤ(作品不明)

   ※西萩さんは1〜3、5、7〜8話、山田さんは4話、綿種さんは6話の脚本を

   担当とのこと(7/28時点での公式サイトの情報より)

演出:豊島圭介(「豆腐プロレス」「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ ※SP」)

   山本大輔(「おっさんずラブ シリーズ」「民王」「女子高生の無駄づかい」)

音楽:井筒昭雄(「99.9 シリーズ」「民王」「Heaven?」)

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「ドクターX シリーズ」)

プロデューサー:飯田サヤカ(「ケイジとケンジ」)

        宮内貴子 (「ホーンテッド・キャンパス ※映画」)

主題歌:miwa「DAITAN!」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai/

  

 

日曜日

     

半沢直樹(TBS・日曜21時)現在放送中 

 

  

親バカ青春白書(8/2・日本テレビ・日曜22時30分)★★★

 

舞台は、青春真っ只中の「大学」。娘が大好きすぎて心配するあまり、娘と同じ大学の同級生になっちゃった父によって繰り広げられる、日本一バカで可愛い父娘の物語。

 

このポスタービジュアルも好き。学校が終わって、夜になったらあの6人みんなで

花火を土手から見ていそう…っていうのは置いといて。

普段コメディのイメージが強い福田雄一さんが

ホームドラマを手がけるのは気になりますね。

 

ムロツヨシさん演じる主人公が、親バカなあまりに娘と関わる人々や行事に

首をつっこむ性格なので、ここの描き方次第では

不快を与えるただのウザったいおじさんで終わってしまう可能性がありますが、

ムロさんなら愛されキャラとして消化出来ちゃうんだろうな〜…とも思っています。

 

出演:ムロツヨシ永野芽郁中川大志今田美桜新垣結衣

脚本統括・演出:福田雄一(「勇者ヨシヒコ シリーズ」「今日から俺は!!」)

脚本:穴吹一朗(「Dr.DMAT」「警視庁岡部班 シリーズ ※SP」)

音楽:瀬川英史(「勇者ヨシヒコ シリーズ」「スーパーサラリーマン左江内氏」「今日から俺は!!」)

チーフプロデューサー:池田健司(「地味にスゴイ!」「美食探偵 明智五郎」)

プロデューサー:高明希(「偽装の夫婦」「スーパーサラリーマン左江内氏」「今日から俺は!!」)

       鈴木大造(「アオイホノオ」「まっしろ」「聖☆おにいさん」)

       白石香織(「トップナイフ」)

主題歌:ゆず「公私混同」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/oyabaka/

 

                                  

視聴未定なドラマ 

  

13(サーティーン)(8/1・フジテレビ・土曜23時40分)

 

イギリスでブームを巻き起こしたBBCの人気ドラマをリメイク。不条理な現実と、連鎖する事件のはざまで揺れ動く人々を描く、衝撃のクライムサスペンス!

 

「妖怪シェアハウス」を優先させたいので、本作はこっちのコーナーに移しました。

いつもの8話構成でも駆け足展開が多いオトナの土ドラ枠なのに、

4話となると大丈夫なのか…?とも思うんですけどね。

初回の評判次第で見るかどうか決めます。

 

出演:桜庭ななみ板谷由夏、青柳翔、神保悟志遊井亮子

脚本:浅野妙子(「ごめん、愛してる」「黄昏流星群」「デジタル・タトゥー」)

演出:水田成英(「ごめん、愛してる」「きみが心に棲みついた」「アライブ」)

音楽:吉川慶 (「ビター・ブラッド」「レ・ミゼラブル ※SP」「リーガル・ハート」)

企画:市野直親(「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「隕石家族」)

プロデュース:遠山圭介(「限界団地」「仮面同窓会」「悪魔の弁護人 御子柴礼司」)

       浅野澄美(「ハラスメントゲーム」「絶対正義」「リーガル・ハート」)

協力プロデューサー:松本圭右(「碧の海」「朝が来る」「パパがも一度恋をした」)

主題歌:LiSA「愛錠」

原作 :「Thirteen」Based on the original BBC Series "Thirteen",

    written by Marnie Dickens.

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/13/

 

                                 

まとめ

 

以下、視聴予定の6作品です。

※現時点で放送されている作品は除きます。

 

・私たちはどうかしている(日テレ・水10)

・未解決の女 警視庁文書捜査官(テレ朝・木9)

・おじさんはカワイイものがお好き。(日テレ・木深夜)

・真夏の少年〜19452020(テレ朝・金11)

・妖怪シェアハウス(テレ朝・土11)

・親バカ青春白書(日テレ・日10)

 

 

期待度ランキングを付けるならば…

1位 親バカ青春白書(日テレ・日10)

2位 妖怪シェアハウス(テレ朝・土11)

3位 真夏の少年〜19452020(テレ朝・金11)

4位 未解決の女 警視庁文書捜査官(テレ朝・木9)

5位 おじさんはカワイイものがお好き。(日テレ・木深夜)

6位 私たちはどうかしている(日テレ・水10)

 

 

コロナ禍の影響で本来予定されていたドラマの放送時期が大幅にズレているため、

今回も新たに視聴する予定の作品は少なめ。

とりあえず、7月末〜8月から放送されるドラマは上3つの作品を中心に

全体的に楽しみな作品が多いかな〜という感じ。

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

夏クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


2020年 春ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20200314140028j:plain

 

  

5/13:「行列の女神」最新話をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の4月期のドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2020年 春ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全17作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 春ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

       

2020年 春ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴予定の17作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

 

月曜日

 

SUITS/スーツ2(4/13・フジテレビ・月曜21時)★★

 

“月9” 史上、歴代最長話数にて放送決定!全米メガヒットドラマをリメイクした『SUITS/スーツ』が、続編として帰ってくる。更に、新キャラの登場により、シーズン1以上に「幸村・上杉法律事務所」のメンバーの人間模様が色濃く描かれていく。

 

前作は正直、"リメイク"とは名ばかりの出来で、

中途半端にアメリカンな会話劇や所作を取り入れたお陰で、

日本のドラマとしては成り立っていない印象がありました。

そして、普通なら見やすいであろう1話完結式も、

2つの事件を同時進行で進めて、調査過程が曖昧なまま

残り10分で無理やり繋げ合わせるという展開で

物語の流れが分かりづらく感じる事が多々あったのも、あまりハマれなかった理由です。

 

甲斐と蟹江のコンビは好きだったので、その2人を見たさに見るつもりです。

しかし、上に書いた内容に加えて、今年の月9は続編続きで「平均視聴率を10%以上に戻そう!」

という局側の保守的な考えが見え透いてしまう事から(これは邪推ですが)、

今作も「視聴者のファンが楽しめれば良いドラマ」になってしまいそうで、

特に期待はしていません…。

 

出演:織田裕二、中島裕翔、新木優子吉田鋼太郎鈴木保奈美

脚本:小峯裕之(「SUITS/スーツ」「家政夫のミタゾノ シリーズ」「砂の器(2019) ※SP」)

演出:平野眞 (「5→9」「Chef〜三ツ星の給食〜」「監察医 朝顔」)

   森脇智延(「SUITS/スーツ」「好きな人がいること」「黄昏流星群」)

   星野和成(「僕らは奇跡でできている」「アリバイ崩し承ります」)

音楽:眞鍋昭大(「SUITS/スーツ」「モンテ・クリスト伯」「アライブ」)

プロデュース:後藤博幸(「SUITS/スーツ」「突然ですが、明日結婚します」)

       荒井俊雄(「モンテ・クリスト伯」「砂の器(2019) ※SP」「ルパンの娘」)

主題歌:「」

原作 :The 'Suits' series by NBCUniversal

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/index.html

 

   

行列の女神〜らーめん才遊記〜(4/20・テレビ東京・月曜22時)★★★

 

これまで数多くの食をテーマにしたドラマを生み出してきたテレビ東京に、ビジネスを切り口にコメディタッチで味つけした、新たな作品が誕生!ラーメン業界をけん引する主人公が、苦境にあえぐ街のラーメン店を繁盛店へと導くフード・コンサルティングの物語。

  

最近のこの枠は、再建モノが主流になってきましたね。

スタッフも悪くないですし、鈴木京香さんと黒島結菜さんの組み合わせで

どんな化学反応が生まれるのか興味があります。

 

孤独のグルメ」をはじめ、「きのう何食べた?」「忘却のサチコ」など

グルメを取り扱ったドラマを多く生み出してきたテレビ東京なので、

その強みがビジネスドラマにも活かされると思うと楽しみです。

しかし、「ラーメンハゲ」でおなじみの主人公の設定が女性に変わってしまったとの事で、

原作の"改悪"にならないか若干心配です。

 

出演:鈴木京香黒島結菜高橋メアリージュン小関裕太前野朋哉

脚本:古家和尚(「ON」「明日の約束」「ハゲタカ(2018)」「イノセンス」)

監督:星護  (「高校入試」「dinner」「ヘッドハンター」)

   池澤辰也(「相棒 シリーズ」「警視庁・捜査一課長 シリーズ」「ミラー・ツインズ」)

音楽:佐藤俊彦(作品不明)

チーフプロデューサー :浅野太 (「バイプレイヤーズ シリーズ」「病院の治しかた」)

プロデューサー:中川順平(「娘の結婚※SP」「東野圭吾 手紙※SP」「リーガル・ハート」)

        倉地雄大(「電影少女 -VIDEO GIRL- シリーズ」「天」「死役所」)

        黒沢淳 (「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「みかづき」)

        雫石瑞穂(「いつかこの雨がやむ日まで」「マンゴーの樹の下で※SP」)

主題歌:THEイナズマ戦隊「WABISABIの唄」

原作 :久部緑郎(作) 河合単(画)『らーめん才遊記』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/gyouretu/

 

 

火曜日

 

竜の道 二つの顔の復讐者(4/14 放送日未定・フジテレビ・火曜21時)★★

 

両親の敵討ちをするために復讐を誓い合った双子の兄弟の、犯人に立ち向かっていく姿が描かれる本格サスペンス。 「これからは、なんでも二人だ」ーコインの裏表のような正反対の立場の双子による、波乱万丈の復讐劇が幕を開ける!

 

整形する所は違いますが、3兄弟が子供の頃に両親を殺され、何年後かに復讐する…

という設定は「流星の絆」を彷彿とさせられますね。

  

ここ最近の火9枠はサスペンスドラマが作られる頻度が増えてきていますが、

テーマにぴったりの役者陣を揃えては、結局、最後まで緊迫感のないまま終わってしまった

前作「10の秘密」からの次作なので、あんまり期待はしていません。

予告映像の「おにいちゃーん!」も、ちょっとサムい感じがします…(汗)

 

出演:玉木宏高橋一生松本穂香細田善彦奈緒

脚本:篠﨑絵里子(「まれ」「人魚の眠る家 ※映画」「グッドワイフ」)

   守口悠介 (「フリンジマン」「左ききのエレン」「ランチ合コン探偵」)

演出:城宝秀則 (「フラジャイル」「メゾン・ド・ポリス」「4分間のマリーゴールド」)

   岩田和行 (「福家警部補の挨拶」「美しき罠 〜残花繚乱〜」)

   紙谷楓  (「実況される男」「海月姫」「結婚相手は抽選で」)

   吉田使憲 (「ウォーターボーイズ2」「インディゴの夜」「聖母・聖美物語」)

音楽:村松崇継 (「もう一度君に、プロポーズ」「未解決の女」「昭和元禄落語心中」)

プロデュース:米田孝 (「健康で文化的な最低限度の生活」「まだ結婚できない男」)

       水野綾子(「犯罪症候群」「68歳の新入社員 ※SPドラマ」「後妻業」)

原作:白川道『竜の道』

主題歌:SEKAI NO OWARI「タイトル未定」

公式サイト:https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/

 

 

私の家政夫ナギサさん(4/14 放送日未定・TBS・火曜22時)★★★★

 

働き盛りで仕事に一直線!だけど家事と恋は不器用な28歳の独身女性の元に現れたのは、家事全般をパーフェクトにこなすおじさん家政夫。そんな見ず知らずの家政夫を雇うことから巻き起こる、ハートフルラブコメディ。

 

「これは経費で落ちません!」に続くバリバリのキャリアウーマンを演じる多部未華子さん、

かわいい"おじさん"の大森南朋さん、そして、甘いマスクの瀬戸康史さんの配役で、

視聴者のニーズをよく分かっているなぁ…という印象があります。

TBSは、ドラマを何本も見ている層、そんなに見ない層にかかわらず

話題になる題材選びとキャスティングが上手いですよね。

 

家政夫姿の大森さんで癒されるだけでも十分楽しめそうな気はしますが、

公式の"共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく"

という文言に惹かれました。

擬似家族…とまでは行きませんが、大切な人との"愛""温もり"が感じられる作品は好きなので、

本作も、ただのラブコメではない作品になると良いな…と思っています。

 

出演:多部未華子大森南朋瀬戸康史

脚本:徳尾浩司(「おっさんずラブ シリーズ」「チア☆ダン」「ミス・ジコチョー」)

演出:坪井敏雄(「カルテット」「中学聖日記」「凪のお暇」)

   山本剛義(「Nのために」「わたしを離さないで」「凪のお暇」)

音楽:(「」「」「」)

編成:松本友香(「3人のパパ ※プロデュース作品」)

プロデューサー:岩崎愛奈(「プリズンホテル」「家族のはなし ※映画」)

        加藤章一(「警視庁ゼロ係 シリーズ」「ファーストラブ(2020) ※SP」)

主題歌:「」

原作 :四ツ原フリコ『家政夫のナギサさん』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/

 

 

水曜日

 

ハケンの品格4/15 放送日未定・日本テレビ・水曜22時)★★★

 

一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、13年ぶりに帰ってくる!「働き方改革」「AI導入」「過労死」…職場がカオスと化した令和の時代で働く、社会人の品格を問うドラマとなる。

  

13年振りの続編。当時の最終回では26%を叩き出すほど人気作だったみたいですが、

私は未視聴なので、面白いかどうかは初回を見てみないと分かりません。(予習はするつもり)

正規雇用よりも非正規雇用の割合が多くなっている現代社会と、派遣社員の描写に

大きな"ズレ"を感じさせない作りになっていると良いですよね。

 

出演:篠原涼子小泉孝太郎勝地涼大泉洋伊東四朗

脚本:中園ミホ(「ハケンの品格」「ドクターX シリーズ」「西郷どん」)他

演出:佐藤東弥(「地味にスゴイ!」「サバイバル・ウェディング」)

   丸谷俊平(「世界一難しい恋」「母になる」「ゼロ」「イノセンス」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :西憲彦 (「地味にスゴイ!」「知らなくていいコト」)

プロデューサー:櫨山裕子(「ハケンの品格」「世界一難しい恋」「俺の話は長い」)

        山口雅俊(「闇金ウシジマくん シリーズ」「新しい王様 シリーズ」)

        秋元孝之(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「俺の話は長い」)

主題歌:鈴木雅之「Motivation」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/haken2020/

 

      

レンタルなんもしない人(4/8・テレビ東京・水曜24時12分)★★★

 

常に“ なんかする” 事に追われている現代人があふれている今の時代に、” なんもしない” が生み出すものとは何かを問う、不思議で新しいヒューマンドラマ。

 

特に際立った能力のない主人公の設定、のほほんとした穏やかな劇伴、ウェットな映像で、

ザ・深夜ドラマらしい世界観だな〜という感じ。

Twitterを通してお悩み解決していくサービスには今時っぽさがありますが、

「何もしない人が依頼人を救う」という設定は前期の「コタキ兄弟と四苦八苦」と

既視感を覚えるので、上手く差別化出来るかどうかが気になります。

 

出演:増田貴久、比嘉愛未葉山奨之古舘寛治 他

脚本:政池洋佑 (「天 天和通りの快男児」「絶対正義」「死役所」)

   本田隆朗 (「サイレント・ヴォイス」「ハル 総合商社の女」)

   竹川春菜 (作品不明)

監督:草野翔吾 (「にがくてあまい ※映画」「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」)

   タナダユキ(「東京女子図鑑」「昭和元禄落語心中」「東京独身男子」)

   棚澤孝義 (「半沢直樹(2013)」「大恋愛」「スパイラル」「死役所」)

   進藤丈広 (「ヌヌ子の聖★戦 ※映画」「こんな未来は聞いてない!」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :山鹿達也(「特命刑事カクホの女 シリーズ」「死役所」「僕はどこから」)

プロデューサー:稲田秀樹(「リーガル・ハイ シリーズ」「病院の治しかた」)

        小松幸敏(「孤独のグルメ シリーズ」「リーガル・ハート」)

        尾花典子(「死役所」)

        近添有賀(作品不明)

        渡邉崇 (「LE CHOCOLATE DE H ※ドキュメンタリー映画」)

主題歌:NEWS「ビューティフル」

原作 :森本祥司『〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/rentalsan/

 

       

きょうの猫村さん(4/8・テレビ東京・水曜24時52分)★★★★

 

累計330万部を誇る大人気コミックが実写化。性別も生物の垣根も超えて、松重豊が“ 猫の猫村さん” に化ける!?個性豊かな登場キャラクターたちを演じる豪華俳優陣と共に、心温まる2 分30 秒のミニドラマをお届けする。

 

おじさんを愛でる枠がもう1つ。いっぱい食べさせると思ったら、今度は猫役を任せる…

テレ東は松重豊さんで遊ぶのが好きみたいです(笑)

脚本家と監督が「デザイナー 渋井直人の休日」のお2人なので、

おじさん俳優を愛らしいキャラクターに描く事には長けていると思います。

2分半のミニドラマ×24話という企画も斬新で、応援したくなってしまいます。

 

出演:松重豊濱田岳石田ひかり松尾スズキ安藤サクラ

脚本:ふじきみつ彦(「バイプレイヤーズ シリーズ」「デザイナー 渋井直人の休日」)

監督:松本佳奈(「娘の結婚 ※SP」「デザイナー 渋井直人の休日」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:濱谷晃一(「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「コタキ兄弟と四苦八苦」)

        千原秀介(「2クール」)

主題歌:「」

原作 :ほしよりこきょうの猫村さん

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouno_nekomurasan/

 

 

木曜日 

 

アンサング・シンデレラ(4/9 放送日未定・フジテレビ・木曜22時)★★★★★

 

薬剤師がフォーカスされる医療ドラマは史上初。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“ 縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)” として患者のために奮闘する、病院薬剤師たちの日々が描かれる。

 

腫瘍内科の次は、薬剤師。そして、清原翔さんは転職(笑)という冗談は置いといて…

「がん」をお涙頂戴のアイテムにはせず、視聴者の目線に立って「希望」も「苦しみ」も

ありのままの姿を真摯に描いた「アライブ」からの次作なので、つい期待してしまいます。

最近面白い作品続きで、波に乗っている印象のある黒岩脚本なので、

手堅い作品になるだろうと踏んでいます。

 

出演:石原さとみ西野七瀬清原翔桜井ユキ田中圭

脚本:黒岩勉 (「僕のヤバイ妻」「モンテ・クリスト伯」「グランメゾン東京」)

演出:田中亮 (「コンフィデンスマンJP シリーズ」「コード・ブルー3」)

   相沢秀幸(「貴族探偵」「グッド・ドクター」「モトカレマニア」)

音楽:信澤宣明(「義母と娘のブルース」「中学聖日記」「べしゃり暮らし」)

プロデュース:野田悠介(「レ・ミゼラブル」「コード・ブルー特別編」※共にSP)

主題歌:DREAMS COME TRUE「YES AND NO」

原作 :荒井ママレ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

 

 

金曜日

  

らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜(4/24 放送日未定・テレビ東京・金曜20時)★★★

 

「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るミステリー。

 

普段は見ない金8枠ですが、DNAから人間の"隠された真相"を辿っていく設定が面白そうで。

そして、こちらもまた黒岩さんが携わるという事で、初回を見てみるつもりです。

田中圭さんも安田顕さんも、連続ドラマに引っ張りだこで、すっかり人気俳優になりましたね。

 

(※感想は初回のみの予定です。)

 

出演:田中圭安田顕倉科カナ松坂慶子

脚本:黒岩勉 (「僕のヤバイ妻」「モンテ・クリスト伯」「グランメゾン東京」)

   酒井雅秋(「仰げば尊し」「名探偵・明智小五郎(2019) ※SP」)

   福田哲平(「&美少女〜NEXT GIRL meets Tokyo〜」「インハンド」)

監督:岩本仁志(「時をかける少女(2016)」「崖っぷちホテル!」「大全力失踪」)他

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー:濱谷晃一 (「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「コタキ兄弟と四苦八苦」)

プロデューサー:山鹿達也(「特命刑事カクホの女 シリーズ」「死役所」「僕はどこから」)

        北川俊樹(「銀と金」「あまんじゃく ※SP」「僕はどこから」)

        尾上貴洋(「ヒガンバナ シリーズ」「ブラックリベンジ」「ボイス」)

主題歌:BTS「Stay Gold」

原作 :夏緑(作) 菊田洋之(画)『らせんの迷宮ー遺伝子捜査ー』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/

 

 

ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜(4/17 放送日未定・NHK総合・金曜22時)★★★

 

昨今増え続けるクレーマー患者たちに悩む女性医師が、先輩医師や同僚とともに患者たちと真摯に向き合い寄り添おうと努力する中で、人と人との絆を見つけ出してゆく、感涙のヒューマンサスペンスストーリー。

 

どんな話になるのか、まだ掴めていません。

しかし、NHKのドラマは基本的にハズレなしだと思っているので、

「透明なゆりかご」に続く新たな良作ドラマになる事を期待しています。

 

出演:貫地谷しほり内田有紀田中哲司浅香航大伊武雅刀

脚本:荒井修子(「マザー・ゲーム」「ツバキ文具店」「プリティが多すぎる」)

演出:西谷真一(「あさが来た」「植木等とのぼせもん」「サギデカ」)

   福井充広(「全力離婚相談」「おんな城主 直虎」「ミス・ジコチョー」)

   武田祐輔(作品不明)

音楽:兼松衆 (「僕らは奇跡でできている」「4分間のマリーゴールド」)

制作統括:真鍋斎(「立花登青春手控え」「コピーフェイス」「まんぷく」)

     高橋練(「チェイス 国税査察官」「まれ」「ミス・ジコチョー」)

主題歌:「」

原作 :森杏子『ディア・ペイシェント』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/

 

 

MIU404(4/10 放送日未定・TBS・金曜22時)★★★★★

 

唯一の武器は機動力。誰よりも早く、犯人を追え!ー『逃げ恥』『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子による、警視庁 ” 機動捜査隊” が舞台のオリジナル脚本。24時間というタイムリミットの中で、犯人逮捕にすべてを懸ける姿が描かれる、一話完結のノンストップエンターテインメント。

  

まず、お2人の組み合わせと、ポスタービジュアルが好きです。

見ただけで、警察業界では問題児っぽくてちょっと危なっかしそうな人と、

真面目で頭の切れそうな人なんだな…という、個人的に好みの"凸凹コンビ"感を強く覚え、

この2人からどんな物語が繰り広げられるのだろう?とワクワクさせられてしまいます。

つまり、それだけ初期設定がしっかりしてるって事なんですよね。

 

「アンナチュラル」スタッフなので間違いはないでしょう。

米津玄師さんの「感電」もどんな曲になるのか楽しみです。

 

出演:綾野剛星野源、岡田健史、橋本じゅん麻生久美子

脚本:野木亜紀子(「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」「コタキ兄弟と四苦八苦」)

演出:塚原あゆ子(「リバース」「アンナチュラル」「グランメゾン東京」)

   竹村謙太郎(「あなたのことはそれほど」「アンナチュラル」「G線上のあなたと私」)

   加藤尚樹 (「コウノドリ シリーズ」「あなたには帰る家がある」)

音楽:得田真裕 (「家売るオンナ シリーズ」「アンナチュラル」「俺の話は長い」)

編成:橋本孝  (「新しい王様 シリーズ」「メゾン・ド・ポリス」)

   渡瀬暁彦 (「メゾン・ド・ポリス」「病室で念仏を唱えないでください」)

プロデュース:新井順子(「リバース」「アンナチュラル」「わたし、定時で帰ります。」)

主題歌:米津玄師「感電」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

 

     

家政夫のミタゾノ(4/24・テレビ朝日・金曜23時15分)★★

 

皆さま、ご無沙汰しておりますー『家政夫のミタゾノ』第4シリーズ、スタート! 伊野尾慧&飯豊まりえとともに、これから行われるビッグイベントを前に、TOKYOを“ キレイ” にいたします。

  

ミタゾノシリーズは全作品視聴済みですが、年々パワーダウンしている感じが否めず…

という事で、そんなに期待せずに見るつもりです。

ミタゾノさんが前面に出る所が本作の一番面白い所だと思っているので、

家政夫(婦)は2人体制で良いのに…。

 

出演:松岡昌宏、伊野尾慧、飯豊まりえ 他

脚本:小峯裕之(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「ヒモメン」「砂の器(2019) ※SP」)他

演出:片山修 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「黒革の手帖」「サイン」)

   小松隆志(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「美しい隣人」「まだ結婚できない男」)他

音楽:ワンミュージック(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「向かいのバズる家族」「ハル」)

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「ドクターX シリーズ」)

プロデューサー:秋山貴人 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「BG」「ヒモメン」)

        木曽貴美子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「まだ結婚できない男」)

        椋尾由希子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「脳にスマホが埋められた!」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/#/?category=drama

 

   

浦安鉄筋家族(4/10・テレビ東京・金曜24時12分)★★★

 

実写化不可能といわれた大人気ギャグ漫画シリーズが、遂に笑撃のドラマ化!?千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう、エクストリーム・ホームコメディ

  

個人的には苦手な、ドタバタ!ギャーギャー!なテンションが高いだけの

作品になってしまいそうな可能性は孕んでいますが、

水野美紀さんの順子役は合ってそうで(原作は未読)、

彼女のコメディエンヌっぷりを見たさに初回を見るつもりです。

 

 

ドラマとは直接関係ないですが、佐藤二朗さんとのやり取りは結構好きです(笑)

 

出演:佐藤二朗水野美紀岸井ゆきの坂田利夫

脚本:上田誠  (「ちょい★ドラ2019」「ハゲしわしわときどき恋」※共にSP)

   諏訪雅  (「ストリートワイズ・イン・ワンダーランド ※SP」)

   酒井善史 (「さぼリーマン甘太朗」「アフロ田中」)

監督:瑠東東一郎(「おっさんずラブ シリーズ」「黒い十人の女」「探偵が早すぎる」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :阿部真士 (「きのう何食べた?」「コタキ兄弟と四苦八苦」)

プロデューサー:藤田絵里花(作品不明)

        神山明子 (「新・ミナミの帝王 シリーズ ※SP」)

OPテーマ:サンボマスター「タイトル未定」

EDテーマ:BiSH「タイトル未定」

原作:浜岡賢次浦安鉄筋家族

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/

 

  

土曜日

 

未満警察 ミッドナイトランナー(4/11 放送日未定・日本テレビ・土曜22時)★★

 

セクゾ” の中島健人×” キンプリ” の平野紫耀が、最強バディを結成!警察学校を舞台に、まだまだ” 警察未満” の状態である2人が難事件に挑んでいく、予測不能なフルスピードクライムサスペンス。

  

 

ジャニーズの人気若手アイドルを揃えて、正式なタイトルが決まる前から

大々的に新ドラマの発表するほど力を入れているという印象はありますが、

本作こそ「出演者のファンだけが楽しめるドラマ」にならないかどうか不安です。

警察や医療、弁護士と、視聴率が取れそうな題材選びを意識したは良いものの、

非現実的な設定や展開、特定のキャラクターの誇張描写が気になってしまって

本筋に興味が持てない…という作品がこの枠には多いのが現状なので…。

 

出演:中島健人平野紫耀吉瀬美智子伊勢谷友介

脚本:渡辺雄介(「レンタル救世主」「dele 2話」「ザ・ファブル ※映画」)

演出:南雲聖一(「過保護のカホコ」「イノセンス」「同期のサクラ」)

   長沼誠 (「奥様は、取り扱い注意」「ブラックスキャンダル」)

   大谷太郎(「ヒガンバナ シリーズ」「ドロ刑」「ボイス 110緊急指令室」)

音楽:木村秀彬(「コウノドリ シリーズ」「ブラックペアン」「TWO WEEKS」)

チーフプロデューサー :池田健司 (「ドロ刑」「俺の話は長い」「トップナイフ」)

プロデューサー:藤村直人 (「HiGH&LOW シリーズ」「居眠り磐音 ※映画」)

        森雅弘  (「生田家の朝 シリーズ」「地味にスゴイ!」「偽装不倫」)

        柳内久仁子(「家売るオンナ シリーズ」「ニッポンノワール」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/mimankeisatsu/

 

     

隕石家族(4/11・フジテレビ・土曜23時40分)★★★ ←リタイア

 

巨大隕石が接近し、地球滅亡まであと半年と告げられた所から物語が始まる。「最後まで家族一緒に…って、わたし、このままでいいの?」そんな主人公の暴走により家族を巻き込んでいく、地球最後の“ スペクタクルホームドラマ” が、ここに開幕する。

 

昼ドラっぽいキャスティングだな〜…「隕石家族」だから、

きっと隕石が落ちる=世界が終わる、つまり、家族の崩壊を描くドロドロ劇になるのかな〜…

なんて呑気に想像していたら…

予告映像では、まさかのB級感たっぷりのコメディになっていてびっくりしました(笑)

ギャップにやられた!という勢いのまま、見てみるつもりです。

 

出演:羽田美智子泉里香北香那松原智恵子天野ひろゆき

原作・脚本:小松江里子(「花燃ゆ」「いつまでも白い羽根」「大富豪同心」)

演出:竹村謙太郎(「あなたのことはそれほど」「アンナチュラル」「G線上のあなたと私」)

   千葉行利 (「悪夢ちゃん」「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」)

   トミー・チャン(作品不明)

音楽:富貴晴美 (「さくらの親子丼 シリーズ」「西郷どん」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

音楽制作:藤田雅章(「ガラスの仮面」「おまえうまそうだな」※共にアニメ)

企画・チーフプロデューサー:市野直親(「火の粉」「パパがも一度恋をした」)

プロデューサー:松崎智宏(作品不明)

        千葉行利(「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」)

        宮川晶 (「エンジェル・ハート」「僕らは奇跡でできている」)

主題歌:PassCode「STARRY SKY」

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/insekikazoku/

 

 

日曜日

 

半沢直樹4/19 放送日未定・TBS・日曜21時)★★★

 

銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられてしまうという展開で、多くの視聴者に衝撃を与えて幕を閉じた前作。果たして、半沢直樹は出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか…!? 型破りのバンカーの新たな伝説が、令和の歴史に刻まれる!

  

こちらも人気作で、最近増えている「10何年ぶりの続編!」とは違って

そんなに時間が経っている訳ではないのですが…実は、前作は見た事はないのです(恥)

4/5、12に総集編をやるそうなので、未視聴の私には助かりますが、

正直、年末年始の一挙放送で1話ずつ見てみたかったですかね。

 

顔芸、顔どアップ、憎っくきライバルの存在の三拍子である池井戸(班)作品が続いてきた今、

視聴者にとって飽きのこない続編に出来るのかどうか気になります。

脚本家が前作に携わっていない丑尾健太郎さんなのが、少し不安ですが…。

 

出演:堺雅人上戸彩及川光博賀来賢人香川照之 他

脚本:丑尾健太郎(「小さな巨人」「ブラックペアン」「ノーサイド・ゲーム」)他

演出:福澤克雄 (「半沢直樹」「下町ロケット シリーズ」「ノーサイド・ゲーム」)

   田中健太 (「半沢直樹」「下町ロケット シリーズ」「恋はつづくよどこまでも」)

   松木彩  (「わにとかげぎす」「花のち晴れ」「テセウスの船」)

プロデューサー:伊與田英徳(「半沢直樹」「ノーサイド・ゲーム」)

        川嶋龍太郎(「流星ワゴン」「陸王」「ブラックペアン」)

        青山貴洋 (「ブラックペアン」「下町ロケット(2018)」「グランメゾン東京」)

主題歌:「」

原作 :池井戸潤半沢直樹3 ロスジェネの逆襲』『半沢直樹4 銀翼のイカロス

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/

 

   

美食探偵 明智五郎(4/12・日本テレビ・日曜22時30分)★★★

 

「もし、明日死んでしまうとしたら、あなたは最後に何を食べますか?」超美食家で超変わり者のイケメン探偵が、” 食” を通じて連続殺人鬼の真相とハートに迫る、恋する毒殺サスペンス。

 

何作か続いてきた「人気役者を揃えたよ」「アクションもあるよ」「考察も出来るよ」

が特徴のサスペンスミステリーから離れそうな気がするので、期待度も★星3つにしました。

また、脚本家の過去作品を見てみる限り、ある程度楽しめそうです。

 

出演:中村倫也小芝風花北村有起哉小池栄子

脚本:田辺茂範 (「表参道高校合唱部!」「インハンド」「女子高生の無駄づかい」)

演出:菅原伸太郎(「世界一難しい恋」「トドメの接吻」「白衣の戦士!」)

   水野格  (「俺のスカート、どこ行った?」「生田家の朝 2019秋」)他

音楽:坂東祐大 (作品不明)

チーフプロデューサー :西憲彦  (「地味にスゴイ!」「知らなくていいコト」)

プロデューサー:荻野哲弘 (「視覚探偵 日暮旅人」「イノセンス 冤罪弁護士」)

        本多繁勝 (「Missデビル」「これは経費で落ちません!」)

        西紀州  (「ブラックスキャンダル」)

協力プロデューサー  :吉川恵美子(「デスノート(2015) ※ドラマ」)

原作:東村アキコ「美食探偵 -明智五郎-」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/bishoku/

 

        

番外編 

 

エール(3/30・NHK総合・月〜金曜8時)★★★

 

本作のモデルは、数々のヒット曲を生み出してきた古関裕而。幼年期から戦後まで、一人の有名作曲家の半生を描く。

 

朝ドラは長期間放送されるので、特に過剰な期待もせず見てみよう…というのが、

初回を視聴するにあたっての最近の心境です。

しかし、脚本家の3人体制で、物語がますます箇条書きになってしまわないかどうか…。

 

出演:窪田正孝二階堂ふみ

脚本:林宏司(「コード・ブルー1,2」「医龍1〜3」「BOSS」「トップナイフ」)

   清水友佳子(「不機嫌な果実」「リバース」「わたし、定時で帰ります。」)

   嶋田うれ葉(「スミカスミレ」「大全力疾走」「リカ」)

演出:吉田照幸(「マリオ〜AIのゆくえ〜 ※SP」「弟の夫」「八つ墓村 ※SP」)

   松園武大(「龍馬伝」「とと姉ちゃん」「4号警備」「半分、青い。」)

音楽:瀬川英二(作品不明)

制作統括:土屋勝裕(「花燃ゆ」「アシガール」「フェイクニュース ※SP」)

主題歌:GReeeeN「星影のエール」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

 

            

視聴未定なドラマ 

  

捨ててよ、安達さん。(4/17・テレビ東京・金曜24時52分)

 

主人公「安達さん」を演じるのは、安達祐実本人。様々な“ 捨てられないモノ” の中から擬人化したモノが彼女の夢の中に各話現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する。

 

作品概要を書いていて、ちょっと面白そうだな〜…と思えてきました。

初回は見るかな?

 

出演:安達祐実

脚本:下田悠子(「ぼくは麻理のなか」「青と僕」「コーヒー&バニラ」)

   大九明子(「勝手にふるえてろ ※映画」「時効警察はじめました」)

監督:大九明子(「勝手にふるえてろ ※映画」「時効警察はじめました」)

   成瀬朋一(「勝手にふるえてろ」「記憶にございません!」※共に映画)

   林雅貴 (「ブラックスキャンダル」「わたし旦那をシェアしてた」)

音楽:侘美秀俊(「眠り姫」「代行のススメ」「もぎりさん」※全て映画)

プロデューサー:漆間宏一 (「トモダチゲーム」「テレビ演劇 サクセス荘」)

        加藤伸崇 (「インベスターZ」「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」)

        坪ノ内俊也(「天国の恋」「新・牡丹と薔薇」「家族の旅路」)

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/suteteyo_adachisan/

  

 

いいね!光源氏くん(4/4・NHK総合・土曜23時30分)

 

源氏物語」の中で、雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代、地味で自分に自信がないこじらせOL・沙織の元に現れる。思わぬ出会いが奇跡を巻き起こす、ゆる~く笑える千年の時を越えた“ いけめん” 居候コメディ!

 

今期の土曜深夜ドラマ3本はどれも、特に「これが凄く見たい!」という

気持ちにはまだなれないんですよねぇ。(「隕石家族」を優先しちゃってますが。)

テレ朝の方は、見るからにネタドラマ臭がしそうなので、スルーする予定です。

こちらは初回放送日が早いので、時間が合えば&評判が良ければ見てみようかな?

 

出演:千葉雄大伊藤沙莉桐山漣

脚本:あべ美佳(「ピアノの森 シリーズ」「団地ともお」「鬼平」※全てアニメ)

演出:小中和哉(「ダークシステム」「南くんの恋人」「VAMP ※映画」)

   田中諭 (「るろうに剣心 シリーズ ※映画助監督」「ぬけまいる」)

音楽:小畑貴裕(「植木等とのぼせもん」「ミラー・ツインズ」)

制作統括:管原浩 (「全力失踪」「ダイアリー」「これは経費で落ちません!」)

     竹内敬明(「精霊の守り人」)

主題歌 :岡崎体育「ニニニニニ」

原作:えすとえむ『いいね!光源氏くん』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/hikarugenji/

 

       

まとめ

 

以下、視聴予定の17作品です。

 

・SUITS/スーツ2(フジ・月9)

・行列の女神〜らーめん才遊記〜(テレ東・月10)

・竜の道 二つの顔の復讐者(フジ・火9)

・私の家政夫ナギサさん(TBS・火10)

ハケンの品格(日テレ・水10)

・レンタルなんもしない人(テレ東・水深夜)

きょうの猫村さん(テレ東・水深夜)

・アンサング・シンデレラ(フジ・木10)

・らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜(テレ東・金8)

・ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜(NHK総合・金10)

・MIU404(TBS・金10)

・家政夫のミタゾノ(テレ朝・金11)

浦安鉄筋家族(テレ東・金深夜)

・未満警察 ミッドナイトランナー(日テレ・土10)

・隕石家族(フジ・土11)

半沢直樹(TBS・日9)

・美食探偵 明智五郎(日テレ・日10)

 

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 MIU404(TBS・金10)

2位 アンサング・シンデレラ(フジ・木10)

3位 私の家政夫ナギサさん(TBS・火10)

4位 きょうの猫村さん(テレ東・水深夜)

5位 行列の女神〜らーめん才遊記〜(テレ東・月10)

 

 

今期はまぁ、他のドラマブログでも既に書かれているかと思いますが、

とにかく続編が多いですね。

そして、なんと…オリジナル脚本が17作品中4作品しかないという悲劇(笑)

なのでその分、確実に視聴率が取れるであろう続編に対抗出来る作品が

出てくると良いなぁ…と願っております。

 

上に期待度ランキングを書きましたが、3位と4位は"割と楽しみ"で、

5位以下は正直そこまで差がありません。

私的には、脚本・演出・役者どれをとっても完璧の「MIU404」と、

こちらは原作モノですが、医療ドラマの新たな"可能性"を再び見出せそうな

「アンサング・シンデレラ」の2作品に賭けるクールとなりそうです。

 

ちなみに、木9枠の「BG 〜身辺警護人〜」ですが、

前作を既にリタイア済なので、今回はスルーさせていただきます。

  

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

春クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


2020年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20191227235131j:plain

 

1/18:「病室で念仏を唱えないでください」最新話をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の1月期のドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2020年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全19作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 冬ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

                   

2020年 冬ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴予定の19作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

 

月曜日

         

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜

(1/6・フジテレビ・月曜21時)★★★

 

月9復活の嚆矢(こうし)となったドラマが帰って来る! 冒頭から謎が謎を呼ぶ、全く予想のつかないストーリー展開はもちろん、アクションシーンを含め前作をはるかに凌駕する圧倒的なスケールでお送りする。

 

絶対零度シリーズ」の元祖主演である上戸彩さんは、今作には出演されないとの事。

なら、完全に別物のタイトルにすれば良いのになぁと思うんですが…

主人公・井沢の境界線の危うい佇まい、

苦くて切ない結末と主題歌の親和性が良かった点など、

前作はそれなりに魅力的な部分はありました。

 

なので、上戸彩さんの出演がなくなった事で、

絶対零度」というブランドに引っ張られない、

ミハンシステムを活かし、より独自性を追求した刑事ドラマになる事を期待します。

 

出演:沢村一樹横山裕、本田翼 他

脚本:浜田秀哉(「絶対零度 シリーズ」「ナオミとカナコ」「ボイス」)

演出:石川淳一(「リーガルハイ シリーズ」「海月姫」「ストロベリーナイト・サーガ」)

   品田俊介(「ナオミとカナコ」「隣の家族は青く見える」「ルパンの娘」)

音楽:横山克 (「リバース」「わろてんか」「ホリデイラブ」「刑事ゼロ」)

プロデュース:永井麗子(「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」「キャリア」)

       関本純一(作品不明)

企画:稲葉直人(「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」「ルパンの娘」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/index.html

 

 

病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜

(1/20・テレビ東京・月曜22時)★★★

 

スピードスケート選手・小平奈緒が今も所属する相澤病院が、かつて多額の借金を抱え倒産危機から奇跡の復活を遂げた“実話”をベースにした物語。医療ドラマの持つヒューマンな面白さに、更に経営再建というビジネスものの面白さを加えた、全く新しい作品をお届けする。

  

作品が増えて行くごとに、当初好きだったほろ苦さや誠実さ、

エンタメ性からは徐々にかけ離れて、最近は人情頼りの再建物語が多い傾向にあるこの枠。

本作もまたあらすじを読むに、再建物語っぽいのですが…

脚本家が山本むつみさんである点、医療ドラマ要素を絡める事で

既視感ある話から脱却出来るかという点に注目して、とりあえず初回を見てみます。

 

出演:小泉孝太郎高嶋政伸小西真奈美浅田美代子中村雅俊

脚本:山本むつみ(「ゲゲゲの女房」「コウノドリ(2015)」「小吉の女房」)

監督:宮脇亮(「最高の離婚」「心がポキッとね」「花にけだもの」)

   清弘誠(「渡る世間は鬼ばかり シリーズ」「昭和元禄落語心中」)

音楽:羽毛田丈史(「とんび」「天皇の料理番」「パーフェクトワールド ※映画」)

チーフプロデューサー :浅野太 (「バイプレイヤーズ シリーズ」「ハル」)

プロデューサー:稲田秀樹(「リーガル・ハイ シリーズ」「ハル」)

        松本拓 (「銀と金」「フリンジマン」「きのう何食べた?」)

        志村彰 (「しあわせの記憶」「Wの悲劇(2019)」※共にSP)

        木村綾乃(「恋がヘタでも生きてます」「花にけだもの」)

主題歌:久保田利伸「LIFE」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/byouinnonaoshikata/

 

 

火曜日

     

10の秘密(1/14・フジテレビ・火曜21時)★★★

 

シングルファザーである主人公の娘が、ある日誘拐されてしまう所から物語が始まる。 娘を探すにつれて、元妻の秘密を知るばかりか、なんでも話せる関係だと思っていた娘にする秘密がある事を知ってしまう…そんな”秘密”が次々と暴かれていくサスペンス。

 

「嘘の戦争」スタッフなので、面白さとスリルはそれなりに確保されているでしょう。

サスペンスには持ってこい(だと思っている)

仲間由紀恵さん、仲里依紗さん、渡部篤郎さんのキャスティングに

向井理さんという組み合わせで、どんな化学反応が生まれるかが楽しみです。

 

出演:向井理仲間由紀恵仲里依紗渡部篤郎

脚本:後藤法子(「嘘の戦争」「チア☆ダン」「イノセント・デイズ」)

演出:宝来忠昭(「こえ恋」「嘘の戦争」「セミオトコ」)

   中西正成(作品不明)

音楽:林ゆうき(「緊急取調室 シリーズ」「嘘の戦争」「ミラー・ツインズ」)

   橘麻美 (「フラジャイル」「嘘の戦争」「あなたの番です」)

 

プロデューサー:河西秀幸(「ON」「嘘の戦争」「パーフェクトワールド」)

演出・プロデューサー:三宅喜重(「僕のヤバイ妻」「嘘の戦争」「まだ結婚できない男」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

 

         

恋はつづくよどこまでも(1/14・TBS・火曜22時)★★

 

女性を中心に圧倒的な支持を得ている、大人気コミックがドラマ化。“勇者”と“魔王”の黄金カップル誕生!?主人公を思わず応援したくなる胸キュン♡ラブストーリー。

 

前作「G線上のあなたと私」が、せっかく恋愛を取り扱ったドラマに

新たな可能性を示してくれたのに…また目先の胸キュンラブコメに戻りそうですね。

「理想と現実のギャップ」「超ドS」とか如何にもな少女漫画の設定ですが、

楽しめるのかなぁ…。

 

出演:上白石萌音佐藤健

脚本:金子ありさ(「花燃ゆ」「FINAL CUT」「中学聖日記」「東京独身男子」)

演出:田中健太 (「下町ロケット シリーズ」「陸王」「集団左遷!!」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :磯山晶(「ごめんね青春!」「G線上のあなたと私」)

プロデューサー:宮﨑真佐子(「逃げるは恥だが役に立つ」「大恋愛」)

        松本明子 (「今日から俺は!!」「3年A組」「警視庁ゼロ係4」)

主題歌:「」

原作 :円城寺マキ『恋はつづくよどこまでも』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/

 

 

水曜日

         

知らなくていいコト(1/8・日本テレビ・水曜22時)★★★

 

「あなたのお父さんはハリウッドスターよ」母の残した謎の言葉は、私の人生を大きく狂わせた…週刊誌記者の主人公が立ち向かう、お仕事系ヒューマンドラマ。

  

吉高由里子さんとこの枠の相性はあんまり合わないイメージがあり、

また「私頑張ってる」推しのキラキラお仕事ドラマなのかなぁ…とも思うんですが、

脚本家が大石静さんなのでちょっと期待はしてみたいです。

でも、週刊誌記者として働く主人公、母の死、父がハリウッドスターと、

色々と設定が多いみたいなので、風呂敷を上手く畳めるのかは心配です…。

 

出演:吉高由里子柄本佑重岡大毅

脚本:大石静 (「家売るオンナ シリーズ」「トットちゃん!」「大恋愛」)

演出:狩山俊輔(「生田家の朝 シリーズ」「ど根性ガエル」「俺のスカート、どこ行った?」)

   塚本連平(「お迎えデス。」「記憶捜査」「時効警察はじめました」)他

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :西憲彦 (「地味にスゴイ!」「家売るオンナの逆襲」「同期のサクラ」)

プロデューサー:小田玲奈(「生田家の朝 シリーズ」「家売るオンナ シリーズ」)

        久保田充(「齋藤さん シリーズ」「家売るオンナの逆襲」「ボイス」)

        大塚英治(「Woman」「お迎えデス。」「獣になれない私たち」)

主題歌:flumpool「素晴らしき嘘」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/

 

       

僕はどこから(1/8・テレビ東京・水曜24時12分)★★★

 

文章を書き写す事で他人の思考をコピーできる能力を持つ青年&エリートヤクザの新バディが誕生。“若さ故に抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く、青春異能クライムサスペンス。

 

前作「死役所」が面白かったので、本作もこの調子で…!と思っています。

某弁護士ドラマに続いて、また特殊な能力を持つ青年役を演じる中島裕翔くん(笑)

 

出演:中島裕翔、間宮祥太朗上白石萌歌

脚本:高橋泉 (「わにとかげぎす」「坂道のアポロン ※映画」「ひとよ ※映画」)

監督:瀧悠輔 (「名刺ゲーム」「インベスターZ」「わたし旦那をシェアしてた」)

   熊坂出 (「わにとかげぎす」「僕はまだ君を愛さないことができる」)

   大内隆弘(「三匹のおっさん シリーズ」「健康で文化的な最低限度の生活」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :山鹿達也(「特命刑事カクホの女 シリーズ」「死役所」)

プロデューサー:戸石紀子(「フジコ」「代償」「ミス・シャーロック」「ハル」)

        北川俊樹(「銀と金」「あまんじゃく ※SP」「執事2」)

        川西巧久(作品不明)

協力プロデューサー  :都志修平(作品不明)

主題歌:Hey! Say! JUMP「I am」

原作 :市川マサ『僕はどこから』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/bokudoko/

 

 

木曜日

     

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

(1/16・テレビ朝日・木曜21時)★★★

 

”元体育教師の刑事”と”頭でっかちの超エリート検事”がタッグを組み、港町・横浜を舞台に人間くささ全開で大暴れ! 所轄と地検の24時を、サスペンスとユーモアで痛快に描く。

 

凸凹バディモノはここ何年かで増えてきてますから、

従来の類似作品と差別化出来るかどうかに注目ですね。

 

出演:桐谷健太東出昌大

脚本:福田靖 (「DOCTORS シリーズ」「先に生まれただけの僕」「まんぷく」)

演出:本橋圭太(「緊急取調室 シリーズ」「黒革の手帖」「TWO WEEKS」)

   及川拓郎(「刑事7人 シリーズ」「ユニバーサル広告社」「刑事ゼロ」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :黒田徹也(「あなたには渡さない」「ハケン占い師アタル」)

プロデューサー:服部宣之 (「未解決の女」「やすらぎの道〜刻」「セミオトコ」)

        飯田サヤカ(作品不明)

        菊池誠  (「民王」「未解決の女」「東京独身男子」)

        松野千鶴子(「おっさんずラブ シリーズ」「DOCTORS シリーズ」)

        岡美鶴  (「黒革の手帖」「未解決の女」「東京独身男子」)

主題歌:宮本浩次「ハレルヤ」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/#/?category=drama

 

       

アライブ がん専門医のカルテ(1/9・フジテレビ・木曜22時)★★★

 

2人の女医が、自らの痛みと秘密を抱えながら人生を生き抜く、最新のメディカル・ヒューマンドラマが始動!内科の中でも腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く。

 

こっちは女医のバディモノ。そして、今期は医療を扱ったドラマが多い中で

これが一番オーソドックスになるのかな?

「腫瘍内科」に着目したのは興味深いですが、去年の脚本家の作品を見てからだと

不安しかないので…ほどほどに初回を待ちます。

 

出演:松下奈緒木村佳乃

脚本:倉光泰子(「ラヴソング」「刑事ゆがみ」「スキャンダル専門弁護士QUEEN」)

演出:高野舞 (「昼顔」「セシルのもくろみ」「モンテ・クリスト伯」)

音楽 :眞鍋昭大(「明日の約束」「モンテ・クリスト伯」「ミス・ジコチョー」)

プロデュース:太田大(「モンテ・クリスト伯」「レ・ミゼラブル ※SP」「シャーロック」)

       有賀聡(「カンナさーん!」「初めて恋をした日に読む話」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/alive/

 

 

ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜

(1/9・日本テレビ・木曜23時59分)★★★

 

ランチタイムに”女性の好き”が詰まったおいしい組み合わせ!合コン × グルメ × 謎解きを1時間にギュッと短縮した、新感覚のミステリードラマをお届けする。

 

発表された時、ショートカットの山本美月さん見たさに

見てみようかなぁと思ってしまいました。←単純(笑)

しかし、ざっとあらすじを読んでみる限り、

ミステリーでは王道の殺人事件や凶悪犯罪が絡んで来ない所に興味を持ちました。

程良くゆるく、かつ程良く考えられる、深夜にぴったりなタイプの作品になる気がします。

 

出演:山本美月トリンドル玲奈瀬戸利樹木村祐一

脚本:阿相クミコ(「ワカコ酒 シリーズ」「居酒屋ぼったくり」「後妻業」)他

監督:菊川誠(「警視庁いきもの係」「人生が楽しくなる幸せの法則」「リカ」)他

音楽 :仲西匡(「人生が楽しくなる幸せの法則」「まだ結婚できない男」)

チーフプロデューサー :前西和成(「探偵が早すぎる」「ラブリラン」「チート」)

プロデューサー:沼田賢治(「リピート」「人生が楽しくなる幸せの法則」)

        斎木綾乃(作品不明)

        森安彩 (「心がポキッとね」「人生が楽しくなる幸せの法則」)

        久松大地(「ラーメン大好き小泉さん シリーズ」「逃亡花」)

主題歌:「」

原作 :水生大海『ランチ探偵』『ランチ探偵 容疑者のレシピ』

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/lunchtantei/

 

 

金曜日

 

ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜

(1/24・NHK総合・金曜22時)★★★

 

ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」が初のテレビドラマ化。ミステリーは勿論、「世界で最も不運な探偵」と言われている主人公が、数々の事件と対峙する中で、 彼女自身の人生とも向き合っていく姿も描かれる。

 

「葉村晶シリーズ」を全く知らないので、

初回を見てみない事には面白そうかどうか分からないんですが…

世界観の作り込み次第で、シシドカフカさんの代表作にはなるのかも?

 

出演:シシド・カフカ

脚本:黒沢久子(「東京女子図鑑」「民衆の敵」「夫のちんぽが入らない」)

   木田紀生(「牙娘<GARO> シリーズ」「ワルボロ ※映画」)

演出:大橋守 (「お母さん、娘をやめていいですか?」「プラスティック・スマイル」)

   増田靜雄(「花子とアン」「64(ロクヨン)」「美女と男子」)

   中村周祐(作品不明)

音楽:菊池成孔(作品不明)

制作統括:三鬼一希(「べっぴんさん」「女子的生活」「だから私は推しました」)

主題歌:「」

原作 :若竹七海『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/hamuraakira/

 

   

病室で念仏を唱えないでください(1/17・TBS・金曜22時)★★★

 

伊藤英明が12年ぶりのTBS連続ドラマ主演!僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

  

乱立している医療ドラマの中では、これが一番奇抜な感じですね。

想像していた以上に真面目なテーマを掲げているので、コメディとシリアスがちぐはぐ、

あるいはシリアス寄りになって元々の主人公の設定を活かせない…といった

パターンになってしまう事も考えられますが、

TBSのドラマ(特にこの枠)は原作の世界観を大切に扱っているものが多いので、

楽しみな気持ちの方が大きいです。

 

出演:伊藤英明ムロツヨシ松本穂香中谷美紀

脚本:吉澤智子(「きみが心に棲みついた」「初めて恋をした日に読む話」)

演出:平野俊一(「MONSTERS」「あなたには帰る家がある」「インハンド」)

   岡本伸吾(「99.9 シリーズ」「チア☆ダン」「大恋愛」「インハンド」)

   泉正英 (「わにとかげぎす」)

音楽:(「」「」「」)

編成:渡瀬暁彦(「監獄のお姫さま ※演出」「メゾン・ド・ポリス」)

プロデューサー:峠田浩(「逃げるは恥だが役に立つ」「下町ロケット2」)

主題歌:三浦大知「I'm here」

原作 :こやす珠世『病室で念仏を唱えないでください』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/

  

 

女子高生の無駄づかい(1/24・テレビ朝日・金曜23時15分)★★

 

キラキラしていない…甘酸っぱい恋もない…。刹那的なきらめきに溢れた“青春”をただただ無駄に浪費する、女子高生=JKたちのハナクソみたいな日常を描く超挑戦的コメディーが、金曜の夜に爆誕

  

かつてアニメ化されたほど原作は人気らしいのですが、

個人的に苦手なテンション高めの作風になりそうなきらいもあるので、

あんまり期待はしていません。

そして、スタッフは一部しか関わっていないものの、

主演の方で「私のおじさん」の悪夢が再来しそうな気も…(汗)

(↑本人を苦手と言っている訳ではありません。)


出演:岡田結実恒松祐里中村ゆりか

脚本:田辺茂範(「表参道高校合唱部!」「トクサツガガガ」「インハンド」)

   矢島弘一(「あいの結婚相談所」「健康で文化的な最低限度の生活」)

   角田貴志(「大阪環状線 シリーズ」「ストリートワイズ・イン・ワンダーランド鬼伝説編 ※SP」)

   山田由梨(作品不明)

   安藤奎 (作品不明)

   玉田真也(「ちょい☆ドラ2017 ※SP」「のの湯」「JOKER×FACE」)

監督:山本大輔(「おっさんずラブ シリーズ」「民王」「オトナ高校」「サイン」)

   日暮謙 (「過保護のカホコ」「FINAL CUT」「ハケン占い師アタル」)

   中島良 (「サムライ・ロック ※映画」「人形佐七捕物帳」「兄友」)

   洞功二 (「デート」「カインとアベル」「ルパンの娘」)他

音楽:(「」「」「」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「べしゃり暮らし」)

プロデューサー:貴島彩理 (「おっさんずラブ シリーズ」「私のおじさん」)

        本郷達也 (「健康で文化的な最低限度の生活」「セミオトコ」)

        布施等  (「越路吹雪物語」「私のおじさん」「セミオトコ」)

主題歌:「」

原作 :ビーノ『女子高生の無駄づかい』

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/jyoshimuda/#/?category=drama

 

 

コタキ兄弟と四苦八苦(1/10・テレビ東京・金曜24時12分)★★★★

 

脚本・野木亜紀子 × 監督・山下敦弘でお届けする、オリジナルドラマ。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディ。

  

我が道を行く「ザ・テレ東深夜ドラマ」感ある

古舘寛治さん&滝藤賢一さんのW主演だけで既に面白そうですが、

どの作品もほぼハズレなしの野木亜紀子さん、

山田孝之のカンヌ映画祭」のモキュメンタリー演出が印象的だった

山下敦弘さんの組み合わせときたら、間違いナシに決まっているじゃないですか。

「人間賛歌」の話も好きなので、これは楽しみです。

 

出演:古舘寛治滝藤賢一

脚本:野木亜紀子(「空飛ぶ広報室」「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」)

監督:山下敦弘 (「深夜食堂 シリーズ」「山田孝之のカンヌ映画祭」)

音楽:玉舟&BIOMAN(作品不明)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「孤独のグルメ Season8」)

プロデューサー:濱谷晃一(「執事 西園寺の名推理 シリーズ」「フルーツ宅配便」)

        根岸洋之(「苦役列車」「味園ユニバース」「ハード・コア」※全て映画)

        平林勉 (「兄に愛されすぎて困ってます ※映画」)

        伊藤太一(「楳図かずお恐怖劇場」「エコエコアザラク」※共に映画)

OPテーマ:Creepy Nuts「オトナ」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kotaki/

 

  

土曜日

 

心の傷を癒すということ(1/18・NHK総合・土曜21時)★★★

 

精神科医安克昌さんの実話がベースになった物語。阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマをお届けする。

 

最近だとドキュメンタリー×ドラマの「体感 首都直下地震ウイーク」が

記憶に新しいNHKですが、強みである調査力を活かして、

今度は阪神淡路大震災を実際に体験した方を描くドラマを作るようです。

全4話と短いですが、心に残る作品になると良いなぁと思ってます。

 

出演:柄本佑尾野真千子濱田岳

脚本:桑原亮子(「禁断の恋は満月に輝く」)

演出:安達もじり(「カーネーション」「花子とアン」「べっぴんさん」「まんぷく」)

   松岡一史 (「わろてんか スピンオフ『ラブ&マンザイ』※SP」「まんぷく」)

   中泉慧  (「わろてんか」「まんぷく」)

音楽:世武裕子 (「べっぴんさん」「羊と鋼の森 ※映画」「日々是好日 ※映画」)

制作統括:城谷厚司(「カーネーション」「みをつくし料理帖」「不惑スクラム」)

プロデューサー:京田光広(「その街の子ども」「あったまるユートピア」※共にSP)

        堀之内礼二郎(「ゲゲゲの女房」「花燃ゆ」「まんぷく」)

        橋本果奈(作品不明)

原案:安克昌(作品不明)

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/

 

     

トップナイフ–天才脳外科医の条件–

(1/11・日本テレビ・土曜22時)★★★

 

コード・ブルー」「医龍」など、医療ドラマを牽引してきた脚本家・林宏司の新作が誕生!超一流の技術と誇りを持ちながらも、どこか不器用でいびつな医師たちによる苦悩・葛藤を描く、リアル・ドクターストーリー。

  

コード・ブルー」は大変面白かったですし、

本作もヒューマン寄りに描かれる事から期待は出来そうですが。

この枠でかつて作られてきたシリアス系作品の傾向を考えると、

ワンオペだったり、単独行動だったり、ガミガミうるさい主要キャラがいたりと、

リアリティから逸れた味付けにもされてしまいそうな感じはするので、

ほどほどに待つ事にします。

 

出演:天海祐希椎名桔平広瀬アリス

脚本:林宏司  (「コード・ブルー1,2」「医龍1〜3」「BOSS」「ドロ刑」)

演出:大塚恭司 (「プラトニック」「雨が降ると君は優しい」「高嶺の花」)

   佐久間紀佳(「火村英生の推理」「Missデビル」「あなたの番です」)

   茂山佳則 (「ゆとりですがなにか」「俺のスカート、どこ行った?」)

音楽:横山克  (「リバース」「わろてんか」「ホリデイラブ」「刑事ゼロ」)

   鈴木真人 (「まっしろ」「そして、誰もいなくなった」「花のち晴れ」)

チーフプロデューサー :池田健司 (「ドロ刑」「ボイス」「俺の話は長い」)

プロデューサー:鈴木亜紀乃(作品不明)

協力プロデューサー  :難波利昭 (「今からあなたを脅迫します」「3年A組」

        岡宅真由美(「レンタル救世主」「トドメの接吻」「Iターン」)

        白石香織 (作品不明)

主題歌:JUJU「STAYIN' ALIVE」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/topknife/

 

 

アリバイ崩し承ります(2/1・テレビ朝日・土曜23時15分)★★★

 

都心から遠く離れた街で祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする若き店主・美谷時乃が、時計修理の傍ら、一回5000円で時計や事件に関わる“アリバイ崩しを承る”本格謎解きミステリー。

 

浜辺美波さんと安田顕さんの組み合わせだけで、見たくなってしまいますね。

あとは脚本次第かな?

 

出演:浜辺美波安田顕成田凌

脚本:いずみ吉絋(「仰げば尊し」「トドメの接吻」「集団左遷!!」)他

監督:河合勇人 (「ニセコイ ※映画」「全裸監督」「かぐや姫は告らせたい ※映画」)

   星野和成 (「僕らは奇跡でできている」「原島浩美がモノ申す!」)

音楽:(「」「」「」)

ゼネラルプロデューサー   :横地郁英(「ヒモメン」「時効警察はじめました」)

プロデューサー   :浜田壮瑛(「べしゃり暮らし」)

           山本喜彦(「僕の初恋をキミに捧ぐ」「時効警察はじめました」)

主題歌:(「」「」「」)

原作 :大山誠一郎『アリバイ崩し承ります』

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/#/?category=drama

 

     

悪魔の弁護人 御子柴礼司 -贖罪の奏鳴曲-

(12/7・フジテレビ・土曜23時40分)

kimama-freedays.ddns.net

 

 

パパがも一度恋をした(2/1・フジテレビ・土曜23時40分)★★★★

 

ある日、死んだママが、おっさんの姿で帰ってきた――。 最愛の妻を亡くし、絶望したパパが再び立ち上がるまでの世にも奇妙な愛の物語。 オトナが笑って泣ける、究極のヒューマンコメディーが開幕!

  

https://twitter.com/tsukajimuga/status/1207126427692191744 ←原文ツイート

塚地さんのツイート「本庄まなみさんが演じる奥さんが亡くなり、

おっさんの姿で生き返るのですが、そのおっさん奥さんが僕なのです。」を読んで

なんじゃそりゃ!?と思ってしまった事が、本作を見ようとしたきっかけです(笑)

設定自体も斬新で面白そうですが、ラブコメをベースに

好みである「家族の再生物語」も絡めてくるそうなので、そこも楽しみ。

 

出演:小澤征悦塚地武雅本上まなみ

脚本:田中眞一 (「警視庁いきもの係」「時効警察はじめました2,6,7話」)

   福島三郎 (「泣きたいときのクスリ ※映画」「スープカレー ※脚本協力」)

   山下すばる(「1ページの恋」「チート」)

演出:後藤庸介 (「美しき罠 〜残花繚乱〜」「ボイス 110緊急指令室」)

   六車俊治 (「クロヒョウ」「リトルパフォーマー 風の鼓動」「JK☆ROCK」※全て映画)

   酒見顕守 (「花にけだもの」「神ちゅーんず」「新聞記者 ※映画」)   

音楽:(「」「」「」)

企画:市野直親(「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「リカ」)

プロデューサー:河角直樹(「碧の海」「やすらぎの郷」「リカ」)

        松本圭右(「碧の海」「朝が来る」「悪魔の弁護人 御子柴礼司」)

        古林郁子(作品不明)

        高石明彦(「東野圭吾 手紙 ※SP」「チート」「新聞記者 ※映画」)

原作:阿部潤『パパがも一度恋をした』

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/io/papakoi/

 

 

日曜日

 

テセウスの船(1/19・TBS・日曜21時)★★★★

 

警察官の父が起こした殺人事件の謎を追う青年・心が、ある日突然タイムスリップ!そこで驚愕の真実にぶちあたる。「俺の父親は、本当に犯人なのか…!?」家族の笑顔を取り戻すため、事件を食い止めて過去を変える事に挑む主人公による、奇跡の物語。

  

キャスティングにお金掛けましたねぇ…

その力の入りようは映像でも伝わりますし、内容もなんだか面白そう。

外見に負けない、壮大で見応えある作品になる事を期待します。

 

出演:竹内涼真榮倉奈々安藤政信貫地谷しほり

脚本:高橋麻紀(「アリスの棘」「結婚式の前日に」「いつかこの雨がやむ日まで」)

演出:石井康晴(「逃げるは恥だが役に立つ」「ごめん、愛してる」「花のち晴れ」)

   松木彩 (「わにとかげぎす」「花のち晴れ」「グッドワイフ」「Heaven?」)

   山室大輔(「ごめんね青春!」「天皇の料理番」「グランメゾン東京」)

プロデューサー:渡辺良介(「下剋上受験」「悪魔の弁護人 御子柴礼司」)

        八木亜未(「下剋上受験」「決してマネしないでください。」)

主題歌:「」

原作 :東元俊哉『テセウスの船』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

 

 

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

(1/12・日本テレビ・日曜22時30分)★★ ←リタイア

 

悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正に権力者への忖度…真相は結局グレーなまま闇に消えていく事が多い世の中の事件に、シロクロをつける最凶バディが誕生!アメコミのような痛快さと先の読めない謎が加速する、新時代のシニカルミステリー。

 

「グレーな事件」に着目した点で、今の時代だからこその作品にはなりそうですが、

公式が既に「考察班」というワードを使っている事と、

最近のこの枠は某ヒット作品に味をしめたのか

「真犯人が分かるまでの過剰な煽り演出」「考察させておいて結末は丸投げ」 傾向が

続いているので、もう期待はしていません。本音は星★1つです。

 

しかし、制作局が日本テレビから読売テレビになった事で、

何か風向きが変わると良いな…という僅かな期待を込めて、星★2つにしました。

(もう真相はhuluで!とかはやめておくれな…)

 

出演:横浜流星清野菜名

脚本:佐藤友治(「ラストコップ シリーズ」「ブラックスキャンダル」)

   蛭田直美(「ワイルド・ヒーローズ」「これは経費で落ちません!」)他

演出:遠藤光貴(「闇金ウシジマくん シリーズ」「トットちゃん!」「それぞれの断崖」)他

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :岡本浩一(「ブラックスキャンダル」「向かいのバズる家族」)

プロデューサー:福田浩之(「婚活刑事」「ブラックスキャンダル」)

        馬場三輝(「るろうに剣心 ※映画」「真昼の悪魔」「限界団地」)

        千葉行利(「悪夢ちゃん」「僕らは奇跡でできている」)

共同プロデューサー  :池田健司(「ドロ刑」「イノセンス」「ボイス」「俺の話は長い」)

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/

 

                        

番外編

 

麒麟がくる(1/19・NHK総合・日曜20時)★★★

 

若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争った智将・明智光秀。そんな謎めいた彼の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命の行く末も描く。

 

西郷どん」「いだてん」と、2連チャンで完走出来なかったので

今回も最後まで見られるかどうかは分からないんですが(笑)

三度目の正直だと思って。佐々木蔵之介さんと滝藤賢一さん目当てで見ます!

 

出演:長谷川博己

脚本:池端俊策(「夏目漱石の妻」「鴨川食堂」「そろばん侍 風の市兵衛」)

演出:大原拓 (「軍師官兵衛」「とと姉ちゃん」「悦ちゃん」)

音楽:(「」「」「」)

制作統括:(「」「」「」)

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/

 

                        

視聴未定なドラマ 

  

伝説のお母さん(2/1・NHK総合・土曜23時30分)

 

「いま最も攻めてる!」と話題のよるドラ・第5弾のテーマは、RPGの世界で子育て!? 待機児童にワンオペ育児…“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描く。

 

毎回の事ですが、土曜の深夜ドラマは3本も被っているので…

(しかも放送開始日がみんな2/1(汗))

1本はこちらのコーナーに回しちゃいました。

でも、設定は今の時代らしく攻めた内容で、面白そう…

 

出演:前田敦子

脚本:玉田真也(「ちょい☆ドラ2017 ※SP」「のの湯」「JOKER×FACE」)

   大池容子(「恋する血液型 シーズン2」)

演出:村橋直樹(「まれ」「おんな城主 直虎」「透明なゆりかご」「サギデカ」)

   畑尚能 (作品不明)

   二見大輔(「悦ちゃん」「半分、青い。」「なつぞら」)

音楽:(「」「」「」)

制作統括:松川博敬(「カーネーション」「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」)

     篠原圭 (「水族館ガール」「腐女子、うっかりゲイに告る。」)

プロデューサー:上田明子(「この声をキミに」「腐女子、うっかりゲイに告る。」)

原作:かねもと『伝説のお母さん』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/414066.html

 

                                                                   

まとめ

 

以下、視聴予定の19作品です。

 

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(フジ・月9)

・病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜(テレ東・月10)

・10の秘密(フジ・火9)

・恋はつづくよどこまでも(TBS・火10)

・知らなくていいコト(日テレ・水10)

・僕はどこから(テレ東・水深夜)

・ケイジとケンジ 所轄と地検の24時(テレ朝・木9)

・アライブ がん専門医のカルテ(フジ・木10)

・ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜(日テレ・木深夜)

・ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜(NHK総合・金10)

・病室で念仏を唱えないでください(TBS・金10)

・女子高生の無駄づかい(テレ朝・金11)

・コタキ兄弟と四苦八苦(テレ東・金深夜)

・心の傷を癒やすということ(NHK総合・土9)

・トップナイフ−天才脳外科医の条件−(日テレ・土10)

・アリバイ崩し承ります(テレ朝・土11)

・パパがも一度恋をした(フジ・土11)

テセウスの船(TBS・日9)

・シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(日テレ・日10)

 

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 コタキ兄弟と四苦八苦(テレ東・金深夜)

2位 パパがも一度恋をした(フジ・土11)

3位 テセウスの船(TBS・日9)

4位 病室で念仏を唱えないでください(TBS・金10)

5位 アリバイ崩し承ります(テレ朝・土11)

 

 

今期のラインナップを見てみての第一印象は、

とにかく医療ドラマ(医療を舞台としたドラマ)が多いですねぇ。

テレ土10、TBS火10、金10(題材は違えど、ここは局内で被りましたね)、

テレ東月10、フジ木10…見事に分散した感じ。

まさか、去年の弁護士モノ3本を超えてしまうとは(笑)

 

あとは…刑事モノや推理モノ、ラブコメ、サスペンスが

程々にあるといった感じでしょうか。

2020年代の一発目のクールは、「定番」「王道」路線になりそうです。

…つまり、初回を見てみないと分からないなぁと思う作品ばかりだという事。

 

一時期見かけなくなった恋愛モノは、1クールに最低でも1作品あるくらいには

最近徐々に増えてきました。

しかし、若者受けを狙ったラブコメ、トレンディ感漂うストーリーと

まだまだ既視感のある作品が多いのが現状で、

この先視聴率を確保出来るかは、演者、演出、原作を選ぶ段階、全ての点において

どれくらい突き抜けられるかにかかっていると思います。

 

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

冬クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


2019年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20190914120529j:plain

 

10/21:「グランメゾン東京」最新話をUPしました。

 

こんにちは、りんころです!

視聴予定の10月期のドラマを紹介して行こうと思います。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2019年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全19作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

番外編

 1クールで終わらない作品と地方局&BS作品の視聴リストです。

 また、ここで取り上げているものは感想を書かない可能性大です。

視聴未定なドラマ

 記事作成段階で、視聴しようか考え中のリストです。

まとめ

 秋ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

           

2019年 秋ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴予定の19作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

 

月曜日

     

シャーロック(10/7・フジテレビ・月曜21時)★★★★

 

誕生から130年が経った今、なお世界中で愛され続けている「シャーロック・ホームズ」が、 “令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化される。原作の魅力をそのままに、令和で “顔面最強、内面最狂!?” のバディが数々の難事件に立ち向かう!

 

ディーンさん×西谷演出×太田Pの組み合わせは

モンテ・クリスト伯」を彷彿とさせ、

更には推理もの×バディもの×西谷演出で「刑事ゆがみ」も彷彿とさせるという…

個人的には、発表された時点で気分がアガった作品。

(どちらも大好き過ぎる作品なので…(笑))

 

しかし、それだけでなく、あの有名な小説を「オリンピックを控える東京」と

大胆に設定を変えてきた所には興味があります。

このアレンジが、「シャーロックらしさ」を残しつつも

現代だからこそ作れる物語として反響を呼ぶかどうか…に注目ですね。

 

出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介

脚本:井上由美子(「緊急取調室 シリーズ」「昼顔」「ハラスメントゲーム」)

演出:西谷弘(「モンテ・クリスト伯」「昼顔」「刑事ゆがみ」)

音楽:菅野祐悟(「刑事ゆがみ」「半分、青い。」「偽装不倫」)

プロデュース:太田大(「モンテ・クリスト伯」「レ・ミゼラブル ※SP」)

主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」

原作 :アーナー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズ』シリーズ

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/

 

 

ハル〜総合商社の女〜(10/21・テレビ東京・月曜22時)★★

 

大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴が、膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描く。 ラーメンからロケットまで、ありとあらゆるビジネスを取り扱う総合商社を舞台に、時には思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく爽快ヒューマンドラマ。

 

主人公を女性に変えただけで、「企業の問題解決」とか「再建」とか

また似たような題材をやるのか感が否めず…う〜ん、今の段階ではあんまり惹かれません。

前クールの期待度にも書きましたけど、

「ハラスメントゲーム」みたいな楽しくてタメになる作品は出ないものか…(汗)

 

出演:中谷美紀藤木直人

脚本:龍居由佳里(「ストロベリーナイト」「越路吹雪物語」「あなたには渡さない」)

   本田隆朗 (「サイレント・ヴォイス」「わたし旦那をシェアしてた」)

演出:土方政人 (「謎解きはディナーのあとで」「ヘッドハンター」「SUITS」)

   都築淳一 (「心がポキっとね」「犯罪症候群」「後妻業」)

   三木茂  (「モンスターペアレント」「陰陽屋へようこそ」「大貧乏」)

音楽:ワンミュージック(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「向かいのバズる家族」)

チーフプロデューサー :浅野太  (「バイプレイヤーズ シリーズ」「リーガル・ハート」)

プロデューサー:稲田秀樹 (「リーガル・ハイ シリーズ」「原島浩美がモノ申す!」)

        戸石紀子 (「フジコ」「代償」「ミス・シャーロック」)

        栗原美和子(「美しき罠」「結婚相手は抽選で」「後妻業」)

        高田良平 (「新宿セブン」「大誘拐2018 ※SP」)

主題歌:wacci「Baton」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/

 

 

火曜日

     

まだ結婚できない男(10/8・フジテレビ・火曜21時)★★★★

 

偏屈×独善的×皮肉屋の建築家・桑野信介が、令和になってさらに進化!?「結婚できない男」から13年、続編として帰って来る!

 

再放送が始まったので、予習がてらに見始めた所ですが、

阿部寛さんの厄介で偏屈そう〜なキャラがとにかく面白過ぎます(笑)

続編も変わらないテイストで行ってくれたら嬉しいなぁと。

 

唯一気になる点としては、やはり「結婚観」に多様性が出てきている今の時代なので、

13年ぶりに帰ってきた本作がそこも上手く取り込み、

「現実と世界観の"ズレ"」を埋められるかどうか…ですかね。

 

出演:阿部寛、吉田羊、深川麻衣稲森いずみ

脚本:尾崎将也(「結婚できない男」「シグナル」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

演出:三宅喜重(「結婚できない男」「僕のヤバイ妻」「パーフェクトワールド」)

   小松隆志(「結婚できない男」「家政夫のミタゾノ シリーズ」「美しい隣人」)

   植田尚 (「結婚できない男「サキ」「ごめん、愛してる」)

音楽:仲西匡 (「結婚できない男」「黒服物語」「人生が楽しくなる幸せの法則」)

チーフプロデューサー :安藤和久 (「結婚できない男」「後妻業」)

        東城祐司 (「結婚できない男」「特命係長 只野仁 シリーズ」)

プロデューサー:米田孝  (「健康で文化的な最低限度の生活」「BRIDGE ※SP」)

        伊藤達哉 (「結婚できない男」「脳にスマホが埋められた!」)

        木曽貴美子(「家政夫のミタゾノ シリーズ」「健康で文化的な〜」)

主題歌:持田香織「まだスイミー

公式サイト:https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html

 

     

G線上のあなたと私(10/15・TBS・火曜22時)★★★

 

恋愛マンガの名手・いくえみ綾の人気漫画をドラマ化!「大人のバイオリン教室」で出会った、年齢も立場もバラバラな3人の男女が集まる舞台で繰り広げられる、悩める大人たちに向けた恋と友情の物語

 

あなたのことはそれほど」スタッフが再集結という事で

発表時点で既に話題を呼びましたが、

あらすじを読む限り(バイオリン=芸術の秋というのもあり…)

この季節らしい、しっとりとした作品になりそう。

 

個人的には「日常の中でのちょっとした勇気を与えられるような作品になる」

という文言に惹かれます。

 

出演:波瑠、中川大志松下由樹

脚本:安達奈緒子(「コード・ブルー3」「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」)

演出:金子文紀 (「逃げ恥」「あなたのことはそれほど」「大恋愛」)

   竹村謙太郎(「あなたのことはそれほど」「アンナチュラル」「中学聖日記」)

   福田亮介 (「あなたのことはそれほど」「初めて恋をした日に読む話」)

音楽:末廣健一郎(「逃げるは恥だが役に立つ」「ストロベリーナイト・サーガ」)

   MAYUKO   (「逃げるは恥だが役に立つ」「メゾン・ド・ポリス」)

チーフプロデューサー :磯山晶(「ごめんね青春!」「きみが心に棲みついた」)

プロデューサー:佐藤敦司(「あなたのことはそれほど」「インハンド」)

主題歌:緑黄色社会「sabotage」

原作 :いくえみ綾『G線上のあなたと私』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/gsenjou/

 

 

水曜日

   

同期のサクラ(10/9・日本テレビ・水曜22時)★★★

 

北の小さな離島から上京した主人公・サクラの夢は「故郷と本土を結ぶ橋を架けること」。どんな逆境にも自分を貫き、最初は冷めていた同期達をも巻き込んでいく、10年間の記録を描く。

 

火10が「あなそれ」スタッフなら、水10は「カホコ」スタッフが再集結。

過保護のカホコ」は高畑充希さんがとにかく愛らしい、応援したくなるようなキャラで、

彼女をますます好きになった きっかけとなる作品でもありました。

 

予告を見るとカホコに引けを取らず、サクラも個性的な主人公に映ります。

キャラを立てる作品づくりが得意なイメージのある遊川さんが、

今度はどんな主人公を作り上げるのか…楽しみです。

 

出演:高畑充希

脚本:遊川和彦 (「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

演出:明石広人 (「過保護のカホコ」「獣になれない私たち」)

   南雲聖一 (「過保護のカホコ」「イノセンス」「偽装不倫」)

音楽:平井真美子(「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

チーフプロデューサー :西憲彦 (「地味にスゴイ!」「家売るオンナの逆襲」「偽装不倫」)

プロデューサー:大平太 (「泣くな、はらちゃん」「〇〇妻」「過保護のカホコ」)

        田上リサ(「偽装の夫婦」「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」)

主題歌:森山直太朗「さくら(二〇一九)」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

 

 

死役所(10/16・テレビ東京・水曜24時12分)★★★★

 

“生と死”や“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる。考えさせられる人間ドラマとして大人の鑑賞に堪えうる、極上のエンターテイメント作品。

 

最近では、松岡昌宏さんと聞くと「ミタゾノ」の印象が強いので、

今度は本作で「ミステリアスで強烈な魅力を持つ主人公」を演じるのは、

ぴったりだと思わせるのには良い流れなのではないかなぁ、と。

 

それだけでなく、新進気鋭のクリエイターが原作の持つ「深く刺さる」作風を

どうやって映像化するのか…という点も興味深いです。

 

出演:松岡昌宏黒島結菜清原翔松本まりか、でんでん 他

脚本:政池洋佑(「天 天和通りの快男児」「絶対正義」)

   三浦希紗(「GHOSTTOWN ※SP」「わたし旦那をシェアしてた」)

   鳥丸棗 (作品不明)

監督:湯浅弘章(「ワカコ酒 シリーズ」「探偵が早すぎる」「わたし旦那をシェアしてた」)

   棚澤孝義(「半沢直樹」「大恋愛」「スパイラル〜町工場の奇跡〜」)

   酒井麻衣(「恋のツキ」「W県警の悲劇」「御曹司ボーイズ」)

   松本花奈(「平成物語 シリーズ」「恋のツキ」「ランウェイ24」)

   蔵方政俊(「あやしい彼女 ※映画」「リピート」「我が家のヒミツ」)

音楽:(「」「」「」)

チーフプロデューサー :山鹿達也(「三匹のおっさん シリーズ」「Iターン」)

プロデューサー:倉地雄大(「電影少女 -VIDEO GIRL- シリーズ」「天」)

        尾花典子(作品不明)

        平体雄二(「居酒屋ふじ」「バイバイ、ブラックバード」)

        瀬島翔 (「たまゆら」「なれない二人」※共に映画)

原作:あずみきし『死役所』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/shiyakusho/

 

 

木曜日

     

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜

(10/17・テレビ朝日・木曜21時)★★★

 

大ヒットドラマ「ドクターX」が 2年ぶりに帰って来る!失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に現れ、「今世紀最大のコストカッター」との戦いに挑む姿が描かれる。

 

今までのシリーズは未視聴なので、今からでもついて行けるかなぁと迷いましたが。

第6シーズンまで放送する程面白い作品なのだと信じて、

とりあえず初回を見てみようと思います。

 

出演:米倉涼子遠藤憲一内田有紀

脚本:中園ミホ(「ドクターX シリーズ」「花子とアン」「西郷どん」)

   林誠人 (「ドクターX シリーズ」「ストロベリーナイト」「特捜9 2」)他

演出:田村直己(「ドクターX シリーズ」「未解決の女」「刑事ゼロ」)

   松田秀知(「ドクターX シリーズ」「遺産争族」「疑惑 ※SP」)

音楽:沢田完 (「ドクターX シリーズ」「奪い愛、冬」「あなたには渡さない」)

エグゼグティブプロデューサー:内山聖子(「ドクターX シリーズ」「家政夫のミタゾノ シリーズ」)

プロデューサー:大江達樹 (「ドクターX シリーズ」「スミカスミレ」「リーガルV」)

        峰島あゆみ(「ドクターX 3&SP(2016)」「リーガルV」)

        霜田一寿 (「ドクターX シリーズ」「遺産争族」「リーガルV」)

        大垣一穂 (「ドクターX シリーズ」「リーガルV」)

主題歌:P!NK「ソー・ホワット」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/#/?category=drama

 

    

モトカレマニア(10/17・フジテレビ・木曜22時)★

 

元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語。元カレを引きずる女子はもちろん、恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディーをお届けする。

 

取り扱う題材は違えど、どことなく「人の見た目は100パーセント」と

同じ匂いがするのは気のせいですかね…(汗)

なんか、女子ウケ狙いの作品が多かった以前の木曜劇場に戻りそうですね。

 

出演:新木優子高良健吾

脚本:坪田文 (「コウノドリ シリーズ」「半沢直樹」「HEAT」)

演出:並木道子(「最高の離婚」「セシルのもくろみ」「レ・ミゼラブル ※SP」)

   相沢秀幸(「貴族探偵」「グッド・ドクター」「トレース」)

プロデュース:草ヶ谷大輔(「民衆の敵」「コンフィデンスマンJP」「トレース」)

音楽 :田渕夏海 (「警視庁ゼロ係 シリーズ」「僕らは奇跡でできている」)

    中村巴奈重(「警視庁ゼロ係 シリーズ」「僕らは奇跡でできている」)

主題歌:超特急「Revival Love」

原作 :瀧波ユカリ『モトカレマニア』

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/

 

 

金曜日

   

ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜

(10/18・NHK総合・金曜22時)★★★★

 

掟破りで自分勝手なヒロインが、事故の再発防止に役立てる学問を意味する「失敗学」を武器として、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込んでいくミステリー・エンターテインメント

 

聞き慣れない学問「失敗学」を扱うのは先鋭的で面白そうですし、

事故の再発を防ぐために主人公がどう動くのか…という点も、

視聴者にとっては身近で、考えさせられる作品にもなりそうな気がします。

 

出演:松雪泰子堀井新太須藤理彩

作 :八津弘幸 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「半沢直樹」「陸王」)

   徳尾浩司 (「おっさんずラブ」「チア☆ダン」「テレビ演劇 サクセス荘」)

   吉田真侑子(「陸王」「ヒモメン」「下町ロケット2」)

演出:福井充広(「全力離婚相談」「おんな城主 直虎」「ミストレス」)

   笠浦友愛(「おひさま」「この声をきみに」「炎上弁護人 ※SP」)

   家次勲 (「植物男子ベランダー シリーズ」「馬の骨 ※映画」)

音楽:眞鍋昭大(「明日の約束」「モンテ・クリスト伯」「白衣の戦士!」)

制作統括:小林大児(「ごちそうさん」「真田丸」「昭和元禄落語心中」)

     高橋練 (「チェイス 国税査察官」「まれ」「サギデカ」)

主題歌:[ALEXANDROS]「あまりにも素敵な夜だから」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/jikocho/

 

    

4分間のマリーゴールド(10/11・TBS・金曜22時)★★ ←リタイア

 

「視える」のに変えられない悲しい運命に立ち向かう救急救命士・みことと、悲しい運命を背負う沙羅の、禁断のラブストーリー。“生”と“死”に向き合う切ない愛の物語に、この秋、日本中が涙する。

  

これも、ジャンルは違えど「切ないラブストーリー」「余命僅かの恋人」

そして秋クールの放送である事も踏まえて、

「大恋愛」の時の感動を再び!感が漂うのは気のせいでしょうか。

 

スタッフは自分の好きな作品に携わった方々ばかりなんですけどねぇ…

命を扱って「この秋一番泣ける」とか言われると、ちょっと引くタチなもんで…(汗)

 

出演:福士蒼汰菜々緒

脚本:櫻井剛 (「マルモのおきて」「表参道高校合唱部!」「ルームロンダリング」)

演出:河野圭太(「マルモのおきて」「フリーター、家を買う。」「僕らは奇跡でできている」)

   城宝秀則(「フラジャイル」「メゾン・ド・ポリス」)

音楽:兼松衆 (「あなたには帰る家がある」「僕らは奇跡でできている」)

   櫻井美希(「限界団地」「僕らは奇跡でできている」)

プロデューサー:橋本芙美(「マルモのおきて」「メゾン・ド・ポリス」)

主題歌:平井堅「#302」

原作 :キリエ『4分間のマリーゴールド

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/4mari/

  

 

時効警察はじめました(10/11・テレビ朝日・金曜23時15分)★★★★

 

伝説のコメディーミステリー『時効警察』が12年ぶりに復活!殺人事件の時効が廃止された今だからこそ、あの男が満を持して(!?)“趣味”の捜査を再開する。

  

こちらも予習がてらに見始めた所ですが、良いですねぇ…

ゆる〜い世界観、なのに劇伴は洒落てるとこ、好きです♪

人物の会話劇が面白いドラマは、大体信頼出来る説。

 

今作の脚本家は、福田雄一さん、田中眞一さん、小峯裕之さんも加わるという事で、

脚本家個々の特徴が出つつも、ますます深夜らしい遊び心が増えそうな気がしますね。

 

出演:オダギリジョー麻生久美子吉岡里帆

脚本・監督:三木聡(「時効警察 シリーズ」「変身インタビュアーの憂鬱」)

      大九明子(「勝手にふるえてろ ※映画」「イジューは岐阜と」)

脚本:福田雄一 (「勇者ヨシヒコ シリーズ」「今日から俺は!!」)

   田中眞一 (「警視庁いきもの係」「さすらい温泉♨︎遠藤憲一」)

   小峯裕之 (「家政夫のミタゾノ シリーズ」「ヒモメン」「砂の器(2019) ※SP」)

監督:今泉力哉 (「東京センチメンタル」「オー・マイ・ジャンプ!」)

   森ガキ侑大(「満島ひかり×江戸川乱歩 ※SP」「坂の途中の家」)

   塚本連平 (「お迎えデス。」「重要参考人探偵」「記憶捜査」)

音楽:坂口修  (「時効警察 シリーズ」「熱海の捜査官」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(「不機嫌な果実」「ヒモメン」「セミオトコ」)

プロデューサー:大江達樹(「ドクターX シリーズ」「スミカスミレ」「リーガルV」)

        山本喜彦(「GTO(AKIRA版) シリーズ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」)

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/#/?category=drama

 

     

孤独のグルメ Season8(10/4・テレビ東京・金曜24時12分)★★★

 

深夜ドラマの金字塔が 8シーズン目に突入!輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ

  

食べ物の持つ色彩の魅力、しずる感、湯気のもわっと感、咀嚼音と…

何から何まで視聴者の心をガッツリ掴むドラマ。

今回も「美味しそう…」と呟きつつ、ゆったりと視聴しようと思います。

 

出演:松重豊久住昌之

脚本:田口佳宏(「孤独のグルメ シリーズ」「日本ボロ宿紀行」「背徳の夜食 ※SP」)

   児玉頼子(「孤独のグルメ シリーズ」「将棋めし」)

演出:井川尊史(「孤独のグルメ シリーズ」「昼のセント酒」)

   北畑龍一(「孤独のグルメ シリーズ(6,7)」)

   北尾賢人(作品不明)

音楽:久住昌之(「孤独のグルメ シリーズ」「花のズボラ飯」)

   ザ・スクリーントーンズ(「孤独のグルメ シリーズ」)

チーフプロデューサー :阿部真士(「きのう何食べた?」「Iターン」)

プロデューサー:小松幸敏(「孤独のグルメ Season7」「リーガル・ハート」)

        吉見健士(「孤独のグルメ シリーズ」「背徳の夜食 ※SP」)

        菊池武博(「孤独のグルメ シリーズ」「日本ボロ宿紀行」)

アソシエイトプロデューサー:川村庄子(「孤独のグルメ シリーズ」「ラストチャンス」)

原作:(作)久住昌之 (画)谷口ジロー孤独のグルメ

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume8/

 

  

ひとりキャンプで食って寝る

(10/18・テレビ東京・金曜24時52分)★★★

  

『ひとりキャンプ×食』をテーマにテレビ東京が誇る、グルメドラマの最新作が誕生!ひとりならではのキャンプと、キャンプの醍醐味でもある“食事”をテーマに、男女それぞれが気の赴くまま独自のキャンプを満喫する物語

 

木曜深夜のドラマもそうですけど、今期のテレ東、グルメドラマが多いですな(笑)

まぁそれくらい得意としてるとも言えますけども…

 

本作を視聴しようと思ったのは、単純に「企画が面白そうだなぁ」と。

キャンプを満喫する様子を、男女双方の視点で隔週交代形式で描く…って所が斬新。

 

出演:三浦貴大夏帆

脚本:冨永昌敬(「ディアスポリス -異邦警察-」「素敵なダイナマイトスキャンダル ※映画」)

   保坂大輔(「コードネームミラージュ」「Re:Mind」「ザンビ」)

   飯塚花笑(「ジャンクション29 ※映画」)

演出:冨永昌敬(「ディアスポリス -異邦警察-」「素敵なダイナマイトスキャンダル ※映画」)

   横浜聡子(「バイプレイヤーズ シリーズ」「神酒クリニックで乾杯を」)

音楽:荘子it (Dos Monos)(作品不明)

プロデューサー:大和健太郎(「セトウツミ」「デザイナー 渋井直人の休日」「サ道」)

        滝山直史 (「100万円の女たち」「デザイナー 渋井直人の休日」)

        横山蘭平 (「ディアスポリス」)

主題歌:Yogee New Waves「to the moon」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/

 

 

土曜日

       

少年寅次郎(10/19・NHK総合・土曜21時)★★★

 

国民的映画「男はつらいよ」の主人公といえば、誰もが知ってる車寅次郎。 その生みの親である山田洋次監督が、出生の秘密から、戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つまでの14年間をドラマ化する。

 

これは初回を見てみない事には分かりませんが、

岡田脚本らしい温かみのある作品になれば良いなぁと。

 

出演:井上真央、毎熊克哉、泉澤祐希

作 :岡田惠和 (「ひよっこ シリーズ」「この世界の片隅に」「セミオトコ」)

演出:本木一博 (「軍師官兵衛」「わろてんか」「ベトナムのひかり ※SP」)

   船谷純矢 (「ドクターカー」「癒されたい男」「歌舞伎町弁護人 凛花」)

   岡崎栄  (「遥かなる絆」「あさきゆめみし」「戦艦武蔵 ※SP」)

音楽:馬飼野康二(「忍たま乱太郎 シリーズ ※アニメ」「教師びんびん物語」)

制作統括:小松昌代(「花燃ゆ」「ぬけまいる」「夢食堂の料理人 ※SP」)

     高橋練 (「チェイス 国税査察官」「まれ」「サギデカ」)

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/torajiro/

 

  

俺の話は長い(10/12・日本テレビ・土曜22時)★★★

 

30代でニート、親元にいる男子がざらに居る今の日本。「変わるのが怖い、しんどい」がゆえにヘリクツをこきまくるダメ男の奮闘や挫折やしょうもなさと、それに翻弄されながら絆を深めていく家族を笑いながら見守るコメディーホームドラマ

  

土曜に持ってこい!と言わんばかりの雰囲気を持つドラマが来ましたね。

30代でニートでも気軽に笑えるコメディとして成立するか?が気がかりですが、

「もみ消して冬」の金子脚本×中島演出なら、ある程度の面白さは確保出来るかと思います。

 

出演:生田斗真安田顕小池栄子

脚本:金子茂樹(「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です。」「もみ消して冬」)

演出:中島悟 (「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ドロ刑」)他

音楽:得田真裕(「家売るオンナ シリーズ」「アンナチュラル」「監察医 朝顔」)

チーフプロデューサー  :池田健司(「ドロ刑」「イノセンス」「ボイス」)

プロデューサー :櫨山裕子(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ゼロ」)

         秋元孝之(「世界一難しい恋」「もみ消して冬」「ゼロ」)

主題歌:関ジャニ∞「友よ」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/orebana/

 

  

おっさんずラブ -in the sky-(11/2・テレビ朝日・土曜23時15分)★★★

 

去年の春、視聴熱ランキングでは常に上位に入り、Twitterの世界トレンドでも1位になる程の大ヒットとなった本作。現在もなお、映画が上映された事でブームが冷めやらない状態だが、その勢いに乗り、秋クールに連続ドラマとして再び帰って来る!

 

こちらは文字のみの予告で続編が発表されただけなので、まだ掴めない状態ですが…

うーん、下旬にもなって正式に発表されないとなると、

やはり某主要人物の交渉に時間がかかってるって事なんでしょうかねぇ。

 

映画はまだ見てません。キャストが変わらなければ★星4つですし、

ネットニュースにある「男女入り乱れての〜」な作風になるとすれば

★星3つになると思います。

 

9/27追記:

正式に発表され、サイトも掲載されましたね。

やっぱり口説けなかったかぁ…はるたんと部長以外は

キャストもガラッと変わるみたいです。

全体的に若干焼き直しのように感じるんですが、どうでしょう?

 

出演:田中圭吉田鋼太郎千葉雄大、戸次重幸 他

脚本:徳尾浩司 (「おっさんずラブ」「チア☆ダン」「テレビ演劇 サクセス荘」)

演出:瑠東東一郎(「おっさんずラブ」「黒い十人の女」「探偵が早すぎる」)

   Yuki Saito  (「おっさんずラブ」「昼のセント酒」「私のおじさん」)

   山本大輔 (「おっさんずラブ」「民王」「オトナ高校」「サイン」)

音楽:河野伸(「おっさんずラブ」「重版出来!」「東京独身男子」)

エグゼグティブプロデューサー:桑田潔(「劇場版 おっさんずラブ」「相棒 シリーズ」)

ゼネラルプロデューサー   :三輪祐見子(「おっさんずラブ」「べしゃり暮らし」)

プロデューサー   :貴島彩理 (「おっさんずラブ」「私のおじさん」)

           神馬由季 (「おっさんずラブ」「DOCTORS シリーズ」)

           松野千鶴子(「おっさんずラブ」「DOCTORS シリーズ」)

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/#/?category=drama

 

         

リカ(10/5・フジテレビ・土曜23時40分)★★★

 

「あなたはもう、私のもの」ー 職歴、年齢、住所、すべてを偽る主人公・リカは、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばぬ狂気的なストーカー。新オトナの土ドラがお届けする作品は、純愛モンスターが暗躍するサイコスリラー!

  

単純に、土ドラ枠にはお似合いの、実況向きのサスペンスだと思って

初回を見てみるつもりです。

主人公のキャラが立ってると良いけども。

 

出演:高岡早紀小池徹平(第1部)、大谷亮平(第2部) 他

脚本:牟田桂子 (「碧の海 〜LONG SUMMER〜」「恋がヘタでも生きてます」)

   嶋田うれ葉(「スミカスミレ」「大全力失踪」「ベビーシッター・ギン!」)

演出:松木創 (「ノンママ白書」「警視庁いきもの係」「癒されたい男」)

   菊川誠 (「警視庁いきもの係」「人生が楽しくなる幸せの法則」)

   下向英樹(作品不明)

音楽:(「」「」「」)

企画:市野直親(「さくらの親子丼 シリーズ」「火の粉」「それぞれの断崖」)

企画・プロデュース:栗原美和子(「美しき罠」「結婚相手は抽選で」「後妻業」)

プロデューサー:河角直樹(「碧の海」「やすらぎの郷」「さくらの親子丼2」)

        芳川茜 (「デイジー・ラック」「メゾン・ド・ポリス」)

主題歌:倖田來未「STRIP」

原作 :五十嵐貴久『リハーサル』『リカ』

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/rika/

 

 

日曜日

   

グランメゾン東京(10/20・TBS・日曜21時)★★★

 

木村拓哉が令和最初に挑むのは、 型破りなフランス料理シェフ!!慢心からすべてを失ったカリスマシェフが、世界最高の三つ星レストランを目指すという夢に再び向かう “大人の青春” をかけたヒューマンストーリー

  

まぁ…キャスト的にも脚本的にも、手堅く視聴率は取れるだろう…という印象。

天才役を長年演じられてきたキムタクが、本作でどれだけ「挫折を味わう姿」を

見せる事になるかに、注目していきたいです。

 

出演:木村拓哉鈴木京香

脚本:黒岩勉(「僕のヤバイ妻」「モンテ・クリスト伯」「メゾン・ド・ポリス」)

演出:塚原あゆ子(「リバース」「アンナチュラル」「グッドワイフ」)

   山室大輔 (「空飛ぶ広報室」「ごめんね青春!」「天皇の料理番」)

   青山貴洋 (「ブラックペアン」「下町ロケット(2018)」「インハンド」)

プロデューサー:伊與田英徳(「下町ロケット シリーズ」「陸王」「ノーサイド・ゲーム」)

        東仲恵吾 (「重版出来!」「99.9(2018)」「グッドワイフ」)

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/

 

     

ニッポンノワール−刑事Yの反乱−

(10/13・日本テレビ・日曜22時30分)★★★ ←リタイア

 

SNSで大きな話題を呼んだ「3年A組」から半年後が舞台となった本作。一人の刑事が巨悪に反乱を起こす、究極のアンストッパブル・ミステリーがここに開幕!

 

「3年A組」繋がりの作品。

個人的にはあまりハマれなかったので(理由はこちら)

半年後が描かれると聞いてちょっと不安ではあるんですが…

とりあえず、シリアスな作りに見せといて、緩いパートの挿入で

テンポがもたつく事がありませんように!!

(huluへ誘導する事に対するツッコミはもう諦めました(笑))

 

出演:賀来賢人広末涼子井浦新

脚本:武藤将吾(「家族ゲーム」「怪盗 山猫「3年A組」

演出:猪股隆一(「家売るオンナ シリーズ」「ボク、運命の人です。」「崖っぷちホテル!」)

音楽:松本晃彦(「怪盗 山猫」「崖っぷちホテル!」「3年A組」

チーフプロデューサー :西憲彦  (「地味にスゴイ!」「家売るオンナの逆襲」「偽装不倫」)

プロデューサー:福井雄太 (「怪盗 山猫」「ボク、運命の人です。」「3年A組」

        柳内久仁子(「家売るオンナ シリーズ」「崖っぷちホテル!」)

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/NNY/

 

                               

番外編

 

生田家の朝 2019秋(10/1・日本テレビ・月〜金曜7時50分頃)★★★

 

本作は、どこにでもいるフツーの家族の朝の話。お茶の間とテレビの中が合わせ鏡のように同じ時間軸で進む7分間。日常に起こる小さな事件…小さな幸せを描く。

 

この家族の日常を1年通して見てみたいな〜と当時は思っていましたが、

放送時期をずらして全20話の続編として帰ってくるとは!ちょっと嬉しいです。

「あるある〜!」と言いつつ、気軽に楽しみます。

 

出演:ユースケ・サンタマリア尾野真千子、関谷瑠紀、鳥越壮真

脚本:バカリズム(「生田家の朝」「素敵な選TAXI」「黒い十人の女」)

演出:狩山俊輔 (「生田家の朝」「ど根性ガエル」「俺のスカート、どこ行った?」)

   水野格(「サバイバル・ウェディング」「俺のスカート、どこ行った?」)

劇伴:岡出莉菜 (「たまゆら ※映画」「インベスターZ」)

チーフプロデューサー :池田健司(「生田家の朝」「ドロ刑」「イノセンス」「ボイス」)

プロデューサー:小田玲奈(「生田家の朝」「家売るオンナ シリーズ」「地味にスゴイ!」)

        鈴木香織(「生田家の朝」「東京タラレバ娘」「白衣の戦士!」)

        森雅弘 (「生田家の朝」「地味にスゴイ!」「偽装不倫」)

主題歌:福山雅治「いってらっしゃい」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/asadora/

 

 

スカーレット(9/30・NHK総合・月〜土曜8時)★★

 

大阪という大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いによって成長してきた主人公・喜美子。信楽へ引っ越した喜美子は、地元の信楽焼に惹かれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む…大きな混乱が待ち受けながらも、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく物語。

  

朝ドラは長丁場だから、予告でいくら面白そうだと思っても

あんまり期待してはいかんのだと、最近では言い聞かせてる状態ですから…。

とにかく、続きが見たいという気持ちにさせられたら良いですよね。

 

出演:戸田恵梨香北村一輝富田靖子

作 :水橋文美江(「ホタルノヒカリ シリーズ」「母になる」「みかづき」)

演出:中島由貴 (「平清盛」「逃げる女」「アシガール」)

   佐藤譲  (「バケモノの子」「俺物語!!」「ちはやふる -結び-」※全て映画)他

制作統括:内田ゆき(「カーネーション」「ごちそうさん」「アシガール」)

プロデューサー:長谷知記(「八重の桜」「わろてんか」「不惑スクラム」)

主題歌:Superfly「フレア」

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/310377.html

 

                                       

視聴未定なドラマ 

 

チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜

(10/3・日本テレビ・木曜23時59分)

 

極悪詐欺師たちをぶった切るニューヒロインが誕生!しかし、彼女も「売れないアイドル」であるという秘密を抱えていた…本作はそんな”嘘”が散りばめられた”嘘まみれ”の痛快エンターテインメントをお届けする。

 

キャストは割と良い所を押さえられてる感じなので…

初回は多分見るかな?どうしようかな〜?

 

出演:本田翼、金子大地、風間俊介

脚本:松本美弥子(「科捜研の女 シリーズ」「花にけだもの シリーズ」「正義のセ」)

   山下すばる(「1ページの恋」)他

監督:湯浅典子 (「ヒガンバナ シリーズ」「限界団地」「青春カレイドスコープ ※映画」)

   安見悟朗 (「将棋めし」「パフェちっく!」「神ちゅーんず」)他

音楽:吉俣良(「花にけだもの シリーズ」「不便な便利屋」「ごめん、愛してる」)

チーフプロデューサー :前西和成(「探偵が早すぎる」「わたし旦那をシェアしてた」)

プロデューサー:中山喬詞(「眠れぬ真珠 ※SP」「探偵が早すぎる」)

        髙石明彦(「花にけだもの シリーズ」「東野圭吾 手紙 ※SP」)

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/cheat/

 

  

決してマネしないでください。

(10/26・NHK総合・土曜23時30分)

 

天才も人の子だし、恋に悩む時もある…工科医大を舞台に、主人公・掛田理の恋路をさまざまな科学実験や偉人のエピソード、理系大学のあるあるネタと絡めて描いたラブコメディ

 

いつもの如く、土曜の深夜ドラマは3本被っているので、

本作はこっちのコーナーに入れちゃいましたが…。

面白い作品続きの「よるドラ」枠なので、

今までとは異色でも、ただのラブコメではないんだろうと踏んでいます。

初回は見るかなぁ…?

(3本のどれか1本でも良いから、違う時間に異動して欲しい(切実))

 

出演:小瀧望、馬場ふみか、ラウール 他

脚本:土屋亮一(「ウレロ☆ シリーズ」「また来てマチコの、恋はもうたくさんよ」)

   福田晶平(「HiGH&LOW シリーズ」「また来てマチコの、恋はもうたくさんよ」)

   鎌田順也(作品不明)

演出:片桐健滋(「増山超能力師事務所」「ルームロンダリング」「きのう何食べた?」)

   榊英雄 (「まかない荘 シリーズ」「満願 第2夜 ※SP」「ぼくらのショウタイム」)

音楽:石塚徹(「ワカコ酒 シリーズ」「増山超能力師探偵事務所」「男の操」)

   Soma Genda   (「GOZEN -純恋の剣- ※映画」)

   Hayato Yamamoto(作品不明)

   Teje  (「アンダー・ユア・ベッド ※映画」)

制作統括:谷口卓敬(「男の操」「デイジー・ラック」「ベビーシッター・ギン!」)

     八木亜未(「まかない荘 シリーズ」「下剋上受験」「ぼくらのショウタイム」)

原作:蛇蔵『決してマネしないでください。』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/ketsumane/

 

                                      

まとめ

 

以下、視聴予定の19作品です。

 

・シャーロック(フジ・月9)

・ハル〜総合商社の女〜(テレ東・月10)

・まだ結婚できない男(フジ・火9)

・G線上のあなたと私(TBS・火10)

・同期のサクラ(日テレ・水10)

・死役所(テレ東・水深夜)

・ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(テレ朝・木9)

・モトカレマニア(フジ・木10)

・ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜(NHK総合・金10)

・4分間のマリーゴールド(TBS・金10)

時効警察はじめました(テレ朝・金11)

孤独のグルメ Season8(テレ東・金深夜)

・ひとりキャンプで食って寝る(テレ東・金深夜)

・少年寅次郎(NHK総合・土9)

・俺の話は長い(日テレ・土10)

おっさんずラブ Season2(テレ朝・土11)

・リカ(フジ・土11)

・グランメゾン東京(TBS・日9)

・ニッポンノワール –刑事Yの反乱–(日テレ・日10)

 

 

期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 シャーロック(フジ・月9)

2位 時効警察はじめました(テレ朝・金11)

3位 死役所(テレ東・水深夜)

4位 ミス・ジコチョー 〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜(NHK総合・金10)

5位 まだ結婚できない男(フジ・火9)

 

 

各ドラマに対する期待度のコーナーから読んでくださった方は

何を書くか薄々お気づきだと思いますが…

今期はとにかく「続編」「あのスタッフが再集結」な作品が多い!!

 

見る範囲内に関係なく、前者は「まだ結婚できない男」「相棒」「科捜研の女

「ドクターX」「カクホの女」「時効警察はじめました」「孤独のグルメ

おっさんずラブ」「生田家の朝」と9作品あるし(テレ朝は全部続編モノですなw)、

後者は「シャーロック(「モンクリ」スタッフ)」

「G線上のあなたと私(「あなそれ」スタッフ)」「同期のサクラ(「カホコ」スタッフ)」

「俺の話は長い(「もみ冬」スタッフ)」「ニッポンノワール(「3A」スタッフ)」と

5作品ある状態。

 

それに加えて、個人的に以前の某作品と似てる感じがする「ハル」「モトカレマニア」

「4分間のマリーゴールド」の3作品もとなると…

良くも悪くも手堅いクールで、

別の解釈をするなら、「当時あの作品を見てた」「あの作品の雰囲気が大好きだった」

視聴者を狙って作られた作品が多いクールでもあるのかな、と思います。

 

ちなみに、私自身の今後の感想記事の更新についての簡単なお知らせなのですが、

諸事情で生活スタイルが変わりまして、もしかしたら最後まで書き切れない作品や

更新が遅くなる作品が出てくるかもしれない…という事だけお伝えしておきます。

と言っても、今の段階では、更新に影響があるのは月曜だけですが。

(今後は月9か月10のどちらかを書こうと思っています)

また状況が変わりましたら、改めてお知らせするかと!

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

秋クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)