2020年秋ドラマ-ルパンの娘一覧

ルパンの娘(2020) 7話 感想|歌って踊る環奈ちゃんが可愛いんえ〜♪

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

物語がクライマックスに突入しているからなのか、

今回は全体的にえらいシリアスでしたなぁ。

でも、(特に前半に)クスッと笑える部分もあるので、物語の結末がどうなるのか気になりつつ

ワクワクしながら見られるんですけどね。

 

「とっとと引っ込んでてよ!」「バカなの?」

いつも以上に毒っ気のある華(深田恭子)のツッコミも楽しいし、

うっかり和くん(瀬戸康史)…じゃなくて

うっかり円城寺(大貫勇輔)も中々癒しキャラだ。

 

で、あのミュージカルには魔力がある事を初めて知りましたよ(笑)

…まぁ、確かに、回を重ねるにつれて役者さんをほぼ強制的に参加させているもんなぁw

そこに今回は橋本環奈さんが参戦。可愛かったえ〜〜♪

アイドル出身だからかダンスが上手いなぁと思いながら見ているんですが、

手をふりふりさせるなどの女の子っぽい振り付けが加わる事によって

環奈さんの持ち前の可愛らしさが更に活かされていたミュージカルだった気がします。

もう私情で動かないで、ずっと踊っていたら良いのに…

手錠をはめて動きを制限させていなければ、

和馬にあんな災難が起こらずに済んだでしょうにね。

 

これは前から思っていたのですが、

北条"美雲"と"三雲"華で"みくも"が共通しているのには

何か因縁の繋がりがあるからなのか?も気になります。

そしていきなり登場してきたナターシャ(太田莉菜)がLの一族を探している理由は…

北条家の火災事件と絡んでいたりして。

巌(麿赤児)も全然現れないし、事件の真相も未だに謎のヴェールに包まれたまま。

美雲の詮索を止めさせるためには、そこを突き止めて

「Lの一族は敵ではない」という事をはっきり分からせるしかないんですけどねぇ。

 

まだまだ伏線が残っている状態で、残り2話をどうやって描き切るのか…

そのヒントはもしかしたら、まるで天国からの使者(?)みたいな

次回予告での円城寺の姿に隠れされていたりして(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

 


ルパンの娘(2020) 6話 感想|深キョンvsハシカンの戦いの火蓋が切られる…

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

今回の内容を超ざっくりとまとめるならば、

捕まり癖!捕まり癖…からの真の捕まり癖の人物現る!の巻でした。

本当はこれを感想記事のサブタイトルに持って来ようかと思っていたけれど、

あまりにも意味不明過ぎるので却下しました(笑)

いやぁ〜…でも、こんな風に例えちゃうくらい

本当に「そう来たか!」の連続で全く飽きない1時間ですよ。

正直、コメディで大いに楽しめる作りは前回がピークで、

これから徐々にシリアスになっていくのだろうと思っていましたからね。

"本作らしさ"を保ちつつ、連続ドラマならではの醍醐味を残した点では

今回もまた最高の出来だったんじゃないでしょうか。

 

前半は主に華(深田恭子)の心の中でのツッコミで笑わせ、

後半はLの一族VS美雲(橋本環奈)でいよいよ戦いの火蓋が切られる展開が繰り広げられていく。

前半と後半で作風が違うと、世界観が乖離してしまいそうなものですが、

場面場面でリンクさせている所がよく出来ているな〜…と思わされます。

 

劇中の言葉を借りるならば、

「物流の仕事」が今回の話の軸を作るキーワードにもなっていたんですよね。きっと。

ストレートに言えば、家族の仕事内容がある意味(笑)そうなんですが、

「骨董品」「美術品」「しのび足」…おいおい、そんな言葉の羅列で世間にバレやしないか?

というドキドキ感と。

ニセ職場見学をきっかけに"純粋な心が泥棒の手元に行き渡ってしまいそうな"杏と

それを何とか止めたい華の関係性。

証拠資料を盗みに入る尊(渡部篤郎)の動き。

逆に、Lの一族の真相を掴むため本格始動する美雲の動き。

そして…最後には捕まり見事に利用されてしまう猿彦(我修院達也)。

物流=相手に何が届くのか? 広く解釈すると、誰にどんな結果をもたらすのか?を

前シーズンからの伏線回収も含めてコメディとシリアスの両方で描いた事が、

物語の構造が全く破綻していないと感じさせたもう1つの理由なのかもしれません。

 

新キャラである杏(小畑乃々)と美雲の絡め方も上手いし。

"Lの一族と和馬(瀬戸康史)を脅かす存在"として2人の存在意義がしっかり描かれた事で

今後何が起こるんだろうという面白味も生まれました。

これは…楽しみですねぇ。

 

そうそう。実を言うと、杏ちゃん役の子の演技(表情と発声?)が

若干オーバー気味なのがいつも気になっていたんですけど、

この子をキャスティングしたのは

ミュージカルパートに参加させるためでもあったのか〜…と腑に落ちました。

声が通るわぁ。ア○ーの出演経験はないのかな?と思って軽く調べましたが、

その手のものには全然携われていないみたいで。

円城寺(大貫勇輔)がまた、役者の新たな可能性を見出してくれる存在に。

もし私が子供だったら…彼の職場見学をしてみたいですw

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


ルパンの娘(2020) 5話 感想|役者で遊び過ぎやて!←褒めてる

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

前回は各登場人物に"進展"があった上に、小ネタもこれでもかと盛り込んできたので

情報過多な内容にちょっと困惑したけれど…

今回は素晴らしい出来でしたな。

もちろん、今回も「ヤッターマン」のあのシーンの再現に、カリオストロの城

「あざとくて何が悪いの?」という台詞に、「ララランド」とか、

メジャーなパロディを色々入れてはいましたが。

それでも視聴後に油ギトギト感を覚えず、ぐったりとした疲れも襲って来なかったのは、

前作でも好評だったドロンジョ田中みな実さんの再登場と、

盛り上がる事間違いなしの入れ替わりネタの2つに話を絞って

単純明快な作りにしたから…だと思っています。

予告を見なくとも、この字面だけで濃い〜内容になる事が

作り手も予め分かっていて、構成を整理整頓したんだろうなぁ。

 

個人的に本作が大好きな理由の一つとして

「役者の持つポテンシャルを引き出すキャラ設定&演技指導」も挙げられるんですが、

それが存分に発揮されていた所も満足度が高い。

まず何が凄いって、深田恭子さんとどんぐりさんの入れ替わり演技ですよね〜…。

私が今まで深キョンの事を「おっとりされてて可愛い」「お嬢様」の

イメージしか持たなかったのが、

本作を見てから「こんな"カッコイイ深キョン"初めて見た!」

「こんな低音ボイスも出せるんだ!」などと新鮮味を感じたように、

どんぐりさんにも チャキチャキした明るいおばちゃん以外の演技がハマる事を

新たに発見出来た楽しさがありました。

いや…声の出し方、間の取り方、声色、表情…お2人とも何もかも上手過ぎません?

画面を見なくても違和感ないと思えるくらい「華」と「マツ」の再現度が高かったですって。

マツ(中身は華)の華座りも様になっていましたし(笑)

 

これだけ入れ替わりネタで話を広げたら美羽(田中みな実)の存在感が霞みそうなものの、

円城寺(大貫勇輔)を使ってきちんと爪痕を残した事、

そしてミュージカルという"お約束"の2つを

しっかり押さえた展開になっていたのもよく出来てます。

で、ここでようやく気づきましたよ…

ミュージカルでメインを張るにも、

視聴者にウケてもらうために「話題性&面白さ」重視ではなく、

演技力が備わった役者さんをキャスティングしている事に。

敵対関係にあった円城寺&ドロンジョ軍団がミュージカルをやり始めたら、

何やかんやで4人を肩を組んで踊り出すまでに仲良くなっちゃった♪なんて流れ…

作りようによってはスベって終わりですからね(笑)

本当に手を抜いた所がないくらい、作り込んでいるんですよねぇ。

 

田中みな実さんに関しては、前作の時の感想に

サンデージャポンでぶりっ子キャラのアナウンサーをやられていた経験が活きている」

といった旨の内容を書き残しましたけど、

今回では更にステップアップした感じがしましたもん。

あのウィンクがとってもキュートでさぁ…

踊る度にぴょんぴょん跳ねるポニーテールに、きらびやかな黄色の衣装に…

絵本の世界から飛び出してきたような錯覚を覚えましたよ。歌も上手いとは!

本作でまた一つ、役者の幅を広げられたんじゃないでしょうか。

 

悦子(小沢真珠)も渉(栗原類)も入れ替わりたいがために妄想してみたり、

尊(渡部篤郎)は「渋柿」を引きずっていたりと、

Lの一族みんなに出番がちゃんとある所も良かったです。

いや〜こりゃあ最高ですね!永久保存版にしよう。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


ルパンの娘(2020) 4話 感想|ちょっと盛り込み過ぎたのかな?

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

まさか、"捕まり癖"が渉(栗原類)にも移ってしまうとは。

常連の和馬(瀬戸康史)が捕まってばかりだと、美雲(橋本環奈)に秘密だけでなく

Lの一族の事までバレてしまう危険性を孕んでいるから、

物語を進めていくにあたっては確かに限界がありますもんね。

…そう来たか!と思いました(笑)

今回は全体的に飛ばしまくってましたねぇ。

 

杏(小畑乃々)に家族が泥棒一家である事を知らせたくない華(深田恭子)。

そんな2人のためにLの一族を継ぐと決心し、婚活にも本腰を入れて動き出した渉。

美雲に次々と証拠を掴まれてしまう和馬に、華との関係性を揺るがしそうな不倫匂わせパート。

いきなり発覚した蒲谷(松尾諭)の正体。

そして写真が撮られてしまい…次回へ。

まるで何話分もの山場を1話分で凝縮させたみたいな盛り込み具合。

 

"遊び要素"で言ったら…

和馬と2人っきりになる形で、美雲の恋が進展しそうな時には不穏な劇伴を。

和馬と蒲谷でガチ喧嘩する時には、青春ドラマらしい暑苦しい劇伴を流してメリハリを付ける。

松尾諭さんに関しては悪役の演技も見た事はあるけれど、

基本的にヘタレのイメージがあったから、本当に痛々しく聞こえる音を出すほどの

アクションも出来るとは思いもしなくて、ちょっと意外でした。

やり取りのカオス具合は勿論、台詞も今まで以上に

「特定の作品のワードをそのまま言わせる」と「連想させる」の2パターンによる

パロディ色が強かった気がします。(ママでも結婚!とかね(笑))

 

しかしまぁ…前から薄々感じていたんですが、続編になってから

物語の急展開っぷりと小ネタを披露する頻度が激しくなって来てるんですよねぇ。

ブレーキを踏む事を知らないと言いますか。

だから、そういう意味では退屈な時間がなくて全く飽きないし、

「続編=安全牌とは言わせないぜ!」という作り手の勢いが

映像に現れているのも分かるんです。

でも、今回ばかりは「おお?」と強く思ったので書かせていただくと…

先ほど「何話分もの山場を1話分で凝縮させたみたいな」と書いたように

話の要点が多い上に、小ネタも所々で詰め込んだ作りになっていたので

情報を追うのに必死な印象が若干勝ってしまった感じがしました。

もう少しシンプルにまとめて見せて欲しかったです。

 

蒲谷も、あっけなく退場しちゃった…としか思えなくて。

ただでさえ内容が濃いので、彼のくだりは今回でやらなくても支障はなさそうですし、

逆にあの形で処理するくらいなら本作に必要な存在ではなかったのでは?

という疑問も抱いてしまいます。

「何もやっても報われない者の気持ち」といった台詞が後に繋がる展開になると

まだ蒲谷というキャラクターを作った意味も出てくる気がしますが…さて、どうなるか。

 

次回は、前作で爪痕を残した田中みな実さんが再登場する上に

入れ替わりネタも盛り込むようで、コメディ面では満足出来そうですが、

今回の内容のさじ加減を見るとちょっと心配にもなってきました。

また、本作の面白味の一つである「刑事一家×泥棒一家の異色の組み合わせ」

つまり和馬とLの一族の絡みや、お宝を盗むシーンがなかったのも

"らしいようで、らしくない"と感じた原因なのかもしれませんね。

とにかく、巻き返してくれる事を期待しています。

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓ 

kimama-freedays.ddns.net

 

 


ルパンの娘(2020) 3話 感想|チクショー!言わないコウメ太夫。

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

赤ちゃんだった娘・杏(小畑乃々)がいつの間にか大きくなっていた

次回予告の内容を、本編で見事に再現してみせた3話(笑)

それも、ドラマでよくある「○年後」のテロップ表示で時間経過させるんじゃなくて、

円城寺(大貫勇輔)のミュージカルで8年が経つ…というシュールさねw

いやはや…「このドラマだったらこう表現する」を徹底した演出になってますなぁ。

8年という歳月を秒で済ませながらも、

悦子(小沢真珠)は65歳に、マツ(どんぐり)は86歳になりましたと

一旦視聴者に情報整理させる時間も与えてくれる配慮も施されているから、

超越した世界観でも身を任せて視聴出来る安心感があるなぁ…とつくづく思います。

(まぁ、子供以外は全然歳を感じさせないんですけどねw)

 

時空を操れる円城寺は何者!?そして、歌って踊りながらお客さんにさり気なく

沢山の商品を買わせるスキルを身につけた今…

もしかしたら詐欺師になれちゃうんじゃないか?とか(笑)

美雲(橋本環奈)を待っていただけの割には

その数々の写真はどこから入手したん、渉(栗原類)…とか。

有能過ぎるてんとう虫3号とか、すぐに映画化にしたがるという皮肉った台詞とか。

今回も1個1個言及したらキリがないほど、ツッコミの大渋滞。

 

で、吉○鋼太郎さんの従兄弟みたいだと思いながら見ていた役者さんが

コウメ太夫さんだったと途中から気づきましたわ!

本作の事だから、終盤で職質されそうになった時に「チクショー!」と言わせるだろうと

踏んでいたんですが…なんで言わせなかったんでしょうね。

本人があくまでも役者にこだわっていて、

いつまでもあのイメージを持たれたくないからか?と考えましたけど、

Twitterのアカウントであのアイコンで、毎日チクショーチクショー呟かれているから

そんな事もなさそうですし。謎い。

決め台詞を言っている所が見たかったのに見られなかった…チクショー!

…あ、視聴者を悔しがらせるのが狙いだったのか?←いや絶対ない(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


ルパンの娘(2020) 2話 感想|ルパンの娘の娘、もう誕生。

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

私たちは今、凄いものを見ている…感満載のラスト(笑)

医療ドラマ以外で、子供の出産シーンをあんなに感動的に(?)

かつ壮大に映す「ラブ&コメディ」を初めて見ましたよ。

いつの間にか広大な場所へ辿り着いているLの一族の面々。クラシックな劇伴。後光。

ツッコミ所が多過ぎて困るw(あ、褒めてます)

 

曇り空から強く柔らかい光を覗かせる映像は流石にCGで作っているんだろうけど、

あのカットがまるで映画のワンシーンのようで妙に感動しちゃいましたし、

特に円城寺(大貫勇輔)の安産祈願の舞なんて

物語には無意味of無意味なのに!!!←

一種のMVのように芸術的に見せていて、作り手の意欲をまざまざと感じました。

もうこれからも、どんどん好きに作り上げて行って欲しい。カオス過ぎても全然良い(笑)

本筋とは関係ない所でも「ただこの役者を魅力的に映したい」「このシーンにこだわりたい」

そんな"熱"が伝わる「全力バカ」な作りがやっぱり…というか、

もっと加速していて最高だな〜…と思った2話でした。

 

前回の終盤で妊娠発覚→一人で育てると決意→出産→成長の流れまで

ほぼ1話分しか尺をとっていないスピードの速さにも腰を抜かす。

本作の事だから次回で出産するんだろうと思っていたら、

予想をはるかに超えてきましたな。

で…予告を見たら、いつの間にか授業参観の展開になっていたし(笑)

 

マタニティ姿で戦う華(深田恭子)が1話限りだったのは寂しいですけど、

ルパンの娘の娘と共闘する日はそんなに遠くはなさそうで、今から楽しみです。

お腹の中でクレイジーなほど動き回っていたり、

盗んだばかりのジャンヌダルクのマントが赤ちゃんのおくるみとして使われたりしていた辺り、

"異端児"として新たな役割を築いてくれるのかもしれませんね。

 

三雲(橋本環奈)の恋疑惑発覚も含めて、今後の展開に期待。

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

kimama-freedays.ddns.net

  

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


ルパンの娘(2020) 1話 感想|宴じゃ、宴じゃ〜!な初回♪

 

f:id:rincoro_ht:20201015234051p:plain

 

スタッフクレジットに「吉田沙保里」の名前が載っていたから

どこに出るんだろうと思っていたら…まさかの華役でたまげた!!

あちらが泥棒界最強なら、こちらは霊長類最強なので

キャスティングしたのも分かる気がするけど(笑)

実録ドラマも凄く面白そうでしたよ。

スピンオフとして配信…いや、Lの一族のキャストを置き換えたバージョンで

まるまる本編1話分使ってもアリなんじゃないですかね。

「モス」をバックに猛々しく戦う吉田版華の活躍、じっくり見てみたいですw

 

とまぁ、初っ端から1つのネタを拾い上げてしまうほど盛り沢山だった初回。

話自体が動いたのは約30分と遅かったけれど、

それでも同窓会のような懐かしさが主に前半で味わえたので十分満足しています。

もう続編ともなってしまえば、本作もある意味"時代劇"なんですよね。

「鉄板のアレ…早く来ないかな」「お、そろそろ来るぞーー!!」という

"安定感"をソワソワしながら待つ楽しさがある。

で、作り手側は1つも欠かさずに"安定"の持つ面白さをしっかり供給してくれるから信頼出来る。

続編が上手く行くかは、視聴者が「見たいモノ」と作り手が「見せたいモノ」が

一致しているかどうかにかかっている…とここ最近思っていて。

その点では初回の時点で大成功でした!

個人的には、今回の「都合の良いスプレー」とか「捕まり癖のある和くん」とか

視聴者の気持ちを率直に代弁してくれるツッコミが地味に好きでねぇ…

劇伴も主題歌も、キャストも含めて、前作の世界観がほぼそのまま帰ってきたのが

嬉しくて仕方なかったですよ。

 

でも、拾い切れないネタに笑わされるだけでなく、

展開に"捻り"を入れてくる所も本作の魅力の1つ。

前作では確か5話辺りで華(深田恭子)の正体が和馬(瀬戸康史)にバレてしまう

くだりを描いていた記憶。

そして今回は…別れを告げられる悲劇と、子供を授かってしまうハプニングという

またもや後半に持って行きそうな要素を早速盛り込んできた!

最初からそんなに飛ばしちゃって大丈夫なの!?と思うんですけど、

前作でダレずに"ラブ&コメディ"("ラブコメ"ではなく、あえてこの表記)を

描き切った例があるので、これからどんな風に翻弄されて行くんだろう?と

期待してしまう気持ちの方が大きいです。

 

みんな大好き円城寺(大貫勇輔)も…

イスタンブールから帰国してきた時は赤いジャケット=本作の世界の中では大きな出来事

華の元で歌って踊る時は青いジャケット=自分らしさを存分に見せる(通常運転)

華に「アドバイスなんか聞かなきゃ良かった…」と言われた時は黄色いジャケット

=これから2人の間に起こる危機を暗示

と、「信号」に絡めて物語の案内役的な見せ方になっていたのも

芸が細かいなぁと思わされました。

ゲストの坂口涼太郎さんは、「恐怖新聞」のあの役が貴重な経験になった感満載の

イキイキとした演技をされていましたな(笑)

 

美雲(橋本環奈)がLの一族と関わってくるのは次回以降ですかね。

本能寺の変みたいなシーンに巌(麿赤兒)は関係していないような…?

むしろ、OP映像で和馬と接近、それを華が遠くで"見てしまった"ともとれる

構図だった所が気になります。何か共通の過去が?

 

まぁ、何はともあれ、

前作を総括した時も「木曜日の生き甲斐」と評しましたが、

今回もまた生き甲斐となりそうです。あ〜幸せ♥

 

 

↓次回の感想はこちら↓ 

kimama-freedays.ddns.net

  

↓前作の最終回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前作の今までの感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net