2021年春ドラマ-桜の塔一覧

桜の塔 5話 感想|急にピュアになった主人公

 

f:id:rincoro_ht:20210415231754p:plain

 

5年前の傷害事件で犯人が捕まらなかったのは、その犯人が優愛(仲里依紗)で

千堂(椎名桔平)が隠蔽していたから→ですよね〜

千堂は漣(玉木宏)と長年の付き合いがあるだけに

彼と同じような手段で罠に落とそうとした→ですよね〜

佐久間(少路勇介)とはグルだった→ですよね〜

志歩(高岡早紀)もグルだった→ですよね〜

 

…そんな妥当な展開が続いたから、最後にはやっぱり、

ここでキメるのが主人公「ですよね〜」なオチがやってくるだろうと予想していたけど…

まさか丸腰で行ってやられっぱなしで終わるとは思わなんだ(笑)

え…あの一部始終を近くで録音してないの!?

実は生配信でしたー!でもなかったの??

ある意味そこに驚きましたよ。

「第一部完結!」って言うから、何かしらのケリはつけてくれそうな気がしたんですが、

モヤモヤを残したままのパターンもあるんですね。

期待していたのと違ったかなぁ…。

 

でも、今回で一番気になったのは、漣ってこんなにピュアで真っ直ぐな人だったっけ?という所。

詰めの甘さはあれど、初回の頃はもうちょっとずる賢くて

頭の冴える性格に見えたんですけど…気のせいでしょうか。

プロファイリングの資格を持っているなら、あっさりとお願いに乗ってくれた佐久間の動向や

作戦をやめるよう促した志歩の心情を探ってみると思うんですよ。

なのに簡単に受け入れてしまうなんて。

素人の私ですら、そんな上手く行くはずがないと疑っていたのに(笑)

彼があまりにも落ちぶれた姿を見せるもんだから、千堂の方が主人公に映りましたw

 

それにしても、悪い椎名桔平さんもかっこいいですね。

「おっけー」の軽い返事がもう"余裕"を物語っていて…

ああ、この人を敵に回したらタダじゃ済まないだろうなと。

個人的には「コード・ブルー」の部下をサポートする"良い人"のイメージが強いですが、

権威を振りかざす役も中々しっくり来てます。

 

さて、警官だらけの結婚式を終えて、第二部突入との事ですが…

うーん、どうも刺されて亡くなるバッドエンドで終わりそうな気しかしませんな。

今回でほんのり描かれた爽(広末涼子)の恋愛感情が絡んできてもおかしくないですし…

彼は陰謀論がうごめく警察界のトップになるより、

専業主夫として転生した方が幸せな人生を送れるのかも(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


桜の塔 4話 感想|フェイク映像だとまだ疑ってる自分がいる…w

 

f:id:rincoro_ht:20210415231754p:plain

 

え〜?そんな簡単に尻尾出しちゃうの?ってくらい、上層部がチョロい。

「いよいよ我が薩摩派の時代が来た!」とか活気づいていた人が、

勇仁(岡部たかし)の真相が明かされた途端

自分の過去の罪をあっさり認めるのかどうかが疑問ですし。

あのビデオだって…脚本家の過去作品から考えれば、

漣(玉木宏)と爽(広末涼子)を騙すために用意されたフェイク映像だと思ってしまいます。

そもそも顔も映っていなければ、ライターが本当に貰い物だったという確証も持てません。

何とでも言えそうな気がするんですが…そこんとこ、どうなんでしょう。

っていうか…ビデオの日付が記入された文字から筆跡鑑定すれば、

誰が当時の事件の関係者だったか、それとも上司の命令で若い刑事が書いたのか

おおよそ特定出来ると思うんですけど、

2人とも、証拠があるという嬉しさが勝って"刑事の勘"とやらは働かなかったんですね(苦笑)

 

こんな感じで、まるで3話分のダイジェストでも見ているんじゃないかと思うくらい

スイスイと父の死の真相が明かされていく展開を素直に受け入れがたい自分がいるのですが、

次回で第一部完結との事なので、とりあえず今回で大体のものが解決して、

第二部からは現代を舞台にした話に移っていく形になるのでしょう。

まぁそれでも、あの映像にはまだ秘密が隠されていると疑い続けてはいますけど…w

 

ちょっとツッコミ所はあったものの、

今回は今までよりも物語の方向が大きく変わってきたので、体感はあっという間でした。

次回の内容への興味を惹くための内容に仕上がっていた気がします。

 

しかし、眉をしかめて苦虫を噛む表情をする玉木宏さんは

「最近どこかで見た」状態に陥りますね(笑)

真っ先に思い浮かべるのは、やっぱり「竜の道」。

最終回、しびれを切らした優愛(仲里依紗)が

彼を刺して終わるバッドエンドになってもおかしくないのかも?

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


桜の塔 3話 感想|監察官の方が向いているかもね。

 

f:id:rincoro_ht:20210415231754p:plain

 

警視正に昇格するのは分かるけど、まさか監察官に異動する事になるとはねぇ…。

でも、もしかしたら、最初からそっちの設定で始めてみても良かったのかもしれませんね。

"やり方"が違うだけで、他の刑事と同じように手柄をとる展開が続くと、

バトルものとしての面白味には欠けるし。

前回で「警察のトップに立つ事で組織の膿を浄化したい」と言っていたので、

内部の掃除をする仕事はその目的と理にかなっていて、

漣(玉木宏)にとっては天職みたいなもんでしょう。

 

そして、監察官にしたお陰で、たまに見せる「用意周到そうで実は迂闊」な所が

今後の物語に活きて来そうな予感もさせました。

吉永(光石研)の悪どさや、千堂(椎名桔平)が一枚上手だったのも効いています。

自分の得意な悪知恵で計画が成功したつもりでいたら、それ以上に悪知恵を働かせる上司がいて、

現実では自分の出世を阻もうとする"最大の壁"の存在がある事を思い知る…

内部を観察すると、今まで知らなかった汚い部分が見えてきた時に

絶望感を覚える漣の姿が、本作の見所にもなるんだと思います。

 

個人的には前回までは、正義と悪の衝突が見たいという物足りなさを感じていましたが、

今回のような狐と狸の化かし合い路線になるんだったら全然アリですね。

漣も、ボイスチェンジャーを使わないまま電話する人とは別人で、

上司よりもまともに見えました(笑)

 

で…最後の内通者の件、刈谷橋本じゅん)か志歩(高岡早紀)と

ターゲットを狭めて問い詰める展開がもう来るのは意外。

志歩も中の人的に怪しいけど、"化けの皮"はまだ後の方にとっておきそう。

そうなると…やっぱり刈谷なんですかねぇ?

ほら、昨日のドラマとの掛け持ちがありますしw

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


桜の塔 2話 感想|主人公に魅力が足りない?

 

f:id:rincoro_ht:20210415231754p:plain

 

初回で事件の裏で漣(玉木宏)が暗躍していた事が明らかになってからの

今回でありますが…流れは最後のくだり以外同じなので、特に感情は動かされず。

というか、2話にして既に飽きてきた感じがしましたなぁ…。

 

その理由は2つ。

プロファイラーである漣の"ずる賢さ"の描写が不足している事と、

出世バトルがテーマの作品ならではの、

主人公側と上層部との間にある"正義感"の対立構造が曖昧になっている事。

この2つに尽きると思っています。

 

まず前者から触れるとするならば、

彼の出世をするための行動は基本的に誰かを蹴落とすのではなく、

手柄を取りまくって、その実績でのし上がろう…っていうものなんですよね。

いくら演出でずる賢そうに見えても

「他より変わったやり方で事件を追っている」だけなので、そこがちょっと物足りない。

相手を蔑むような態度・発言をしたり、

手柄を取ったと分かった時にみんなの前で高笑いしたりして

周りの反感を買うキャラクターにしたら物語にインパクトが残るかもしれないし。

それに…漣の企みを知る人物は爽(広末涼子)より

先に同期の馳(渡辺大知)にしておいた方が、

票を多くとった彼に憎しみの気持ちが生まれるのに説得力があった気がしました。

だって、いつもは仲良さそうにしていて、特に嫉妬を思わせる素振りもなかったので…

急に態度が変わったら違和感ありまくりじゃないですか?

 

で、後者の「"正義感"の対立構造が曖昧」というのは、

言い換えれば、警察官みんなどこか"ズレている"人たちしかいないという事。

漣のやり方は被害者を生み、爽は彼の秘密を自白させるためなら銃で脅迫する。

警察内部の人々は通り魔事件なんてなんのそのでトランプで遊んでいるし、

クラブのママにも平気で情報を漏らす。

ドラマの世界の警察が無能なのはあるあるだけどさぁ…

本作でそれをやったらダメでしょ!って思いますよ。

この手の作品は、伝統を重んじて、正しいやり方でコツコツと出世してきた上層部がいて、

そこに違法とも言えるやり方で組織を崩壊し

革命を起こそうとする新参者が割り込んできて、

両者で正義と悪の衝突が生まれるから面白くなるんじゃないんでしょうか。

今の所、どの人も「なんか悪そうな人ばっかりだな」くらいにしか見えなくて。

登場人物のバランスが悪くなっているのが残念過ぎます。

 

漣の復讐にしたってですねぇ…

回想を通して動機を毎回小出しに提示していくつもりなんでしょうが、

その遅さもかえって内容を薄味にしてしまっている気がしてなりません。

「警察に殺される」じゃ、いろんな意味が含まれていて分かりづらいですよね(苦笑)

事件を追うごとに父が追い詰められた手がかりがあれば良いんですけど、それもなし。

事情も何も今は知らなくても、警察界のトップに立てば父の真相も全て分かるだろう!

って思い込んでいる、ある意味お花畑状態の人に見えますよ。このままだと…

 

うーん、バイオレンス的描写があるかどうかが気になって構えている以前に、

内容にイマイチはまりきれない…。

どうしようかなぁ。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


桜の塔 1話 感想|不思議と関テレドラマのかほりが…

 

f:id:rincoro_ht:20210415231754p:plain

 

あ〜なるほどね…というオチ。

最後まで見て、主人公がどんな人で、どんな物語になっていくのかが

ようやく掴めた気がした初回でした。

にしても、漣(玉木宏)…かなり悪いやっちゃな〜!

やけに順当に事件が進展して行くので、未成年の子とラブホのくだりは

佐久間(少路勇介)を陥れるために仕込んだハニートラップではないかと

勘ぐっていたけれど、まさか事件そのものを作り上げた張本人だったとは想像つかず。

…まぁ、ボイスチェンジャーなしで蒲生(森崎ウィン)に電話していた迂闊さは

「竜の道」を思い出しもしましたけども(笑)

 

中盤までは、テレビ朝日でよくある硬派な雰囲気で、1話完結型の事件を取り扱って

取調室で真相を突き止めたり、人情味の強い劇伴で泣かせにかかったりするという

今までの刑事ドラマの既視感を覚えて特に惹かれなかったのですが、

昇りつめるためだったらどんな手段でもとるダークヒーローとして徹する姿が

これから描かれていったら、面白さが増すんじゃないかと踏んでおります。

 

ただ、私が本作で少し不安に思っているのは…むしろ警戒しているのが脚本家でね。

初回は初期設定・背景の紹介がメインなだけに

過剰なシーンがあまりなかったから見やすかったものの、

本作の警察側の登場人物はみんなライバルの設定なので…

上層部に近づいていくごとに漣が感情的になって揉めたり、

暴力を振るったりする場面が今後出てくるのだとしたらちょっとキツい。

「3年A組」も「ニッポンノワール」もその描写で捻じ伏せようとしている感じに

モヤっとした過去がありました。

初回の時点でも、改善策を見直すための会議のはずが

"対立""威圧"の構図になっているように思えましたし、

たまに感情の沸点の湧き出るスピードが急過ぎて理解が追いつかない時もあったので、

どうか以前の作品みたいな展開にならない事を願いたいです。

とにかく警察達による「騙し合い」「頭の切れの良さ」が見たい。

 

組織に対して復讐心を抱いている様子の主人公は

「竜の道」での前世の姿かな?と思っただけでなく、

機捜隊で経験を積んでから違う部署に異動を命じられて、

またそこでいろんな事を学んでいく事になるのかな〜と思える九重くん@岡田健史さんだったり、

引退して今度は外の立場から見守る選択をとったんだと思える

陣馬さん橋本じゅんさんだったりと、

過去の出演作と照らし合わせながら見る楽しみ方もアリなのかもしれません(笑)

岡田さんと橋本さんの共演はあるかしらね…♪

 

まだ"嫌な予感"はわずかに残りつつはあるものの、

もう少し様子見してみるつもりです。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net