rincoro_ht一覧

2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度

 

f:id:rincoro_ht:20210624202359j:plain

 

こんにちは、りんころです!何とか目標日までに完成…

視聴予定の7月期のドラマを紹介して行こうと思います。

※なお、期待度は私の嗜好で善し悪しを決めているので、

特定の原作が大好きだという方は、満足感を得られない恐れもあります。

あくまでも一個人の意見です。基本的に、自己責任でお願いします。

 

↓ の横の文字をクリックすると、そのページに飛べる仕組みになってます。

〜目次〜

2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度

 1話は必ず視聴&感想を書くであろう全15作品の視聴リストです。

 作品概要やスタッフ情報も掲載しております。

視聴のみのドラマ

 感想は書かずに、視聴だけで楽しむ2作品をご紹介。

 こちらも、作品概要やスタッフ情報を掲載しております。

まとめ

 夏ドラマの視聴リストだけを見たい方は、

 上の「まとめ」を押すことをお勧めします。

 

それでは、参りましょう〜。

 

       

2021年 夏ドラマ 視聴リスト&期待度

 

視聴&初回執筆予定の15作品と期待度を発表していきます。

※上から
タイトル/初回放送日/放送局/時間/視聴前期待度(最大:★5つ)
作品概要/コメント/主な出演者/スタッフ(脚本、演出etc)/
という構成になっております。

※初回放送日、スタッフに関する情報は、6/24時点のものです。

 

 

月曜日

 

Night Doctor(6/21・フジテレビ・月曜21時)★★

 

夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる5人の医師たち。しかし、彼らも仕事を終えればひとりの人間として、家族や恋人、そして自分自身の悩みや問題に直面していく。夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく“青春群像医療ドラマ”。

 

「HEROっぽい」と言われてきた前作の次は、

コード・ブルーっぽい」と言われる作品になってしまうのかどうか?

 

「G線上のあなたと私」以来、それぞれ個性的な役を演じて

着実に力をつけている印象のある波瑠さんが、

ひたむきで真面目な役をどう演じるのか?は楽しみではあるけれども…

いかんせん、過去担当作品がモヤモヤする医療ドラマのスタッフばかり

というのが不安でしかありません。

 

脚本家の大北はるかさんは、来期に放送される「ラジエーションハウス」の続編と

2連続で医療ドラマの脚本を執筆されるとの事。(このブッキングもコロナの影響なのか?)

その作品に関しては、医者同士のリスペクトが感じられない割に

無駄に"仲間""固く結ばれた絆"をアピールしようとする矛盾に引っかかりを覚えたので、

オリジナル作品で自由の効きそうな本作は差別化出来れば良いんですが…。

「ひとりの人間として、家族や恋人、

そして自分自身の悩みや問題に直面していく。」の部分を読む限りだと、

恋愛やら子供を使って感動させるやら、プライベートのパートを膨らませて

仕事パートの描写が疎かになってしまいそうな可能性も孕んでますね…(汗)

 

※初回放送前の6/13に書いたコメントです。まぁ、期待度低い事には変わりないですね。

 

出演:波瑠、田中圭、岸優太、岡崎紗絵北村匠海

脚本:大北はるか(「好きな人がいること」「グッド・ドクター」「ラジエーションハウス」)

演出:関野宗紀 (「ハラスメントゲーム」「ラジエーションハウス」「モトカレマニア」)

   澤田鎌作 (「セシルのもくろみ」「犬神家の一族(2018) ※SP」「監察医 朝顔(2019)」)

音楽:得田真裕(「監察医 朝顔 シリーズ」「アンナチュラル」「MIU404」「#リモラブ」)

プロデュース:野田悠介(「グッド・ドクター」「レ・ミゼラブル ※SP」「アンサング・シンデレラ」)

オリジナルナンバー:yama、eill、琴音、Tani Yuuki、三浦風雅

※主題歌ではなく、各話によって異なる5組のアーティストの楽曲をお届けするとの事。

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/NightDoctor/

 

 

いいね!光源氏くん し〜ずん2(NHK総合・月曜22時45分)現在放送中

 

 

シェフは名探偵(テレビ東京・月曜23時6分)現在放送中

 

 

火曜日

 

彼女はキレイだった(7/6・フジテレビ・火曜21時)★

 

韓国ドラマのリメイク作品。冴えない太っちょ少年から“最恐毒舌”なイケメンエリートに!優等生美少女は冴えない無職残念アラサー女子に!真逆の成長を遂げた二人の、“共感度120%”ラブストーリー。

 

あの…火10枠のドラマかな?

概要を読んでいくと、韓ドラ原作っぽさが漂うタイトルよりも

火10ドラマっぽい設定や要素が気になりましたよ(笑)

 

出版業界での運命的な再会と言い、冴えない系のヒロイン×毒舌なイケメン主人公の2人売りと言い、

公式自ら「#かのきれ」と四文字での略称呼びを推薦するのと言い…

特に個人的に本来の意味でぞわっとしたのは、このツイート↓から察する作風の雰囲気…

え〜?そんな方向に行っちゃうの?っていう(苦笑)

 

意欲的な作品を取り入れてきたこの枠ならではのカラーが感じられれば良いんですが、

今の所は全然惹かれません…。

 

出演:中島健人小芝風花、赤楚衞二、佐久間由衣、髙橋優斗 他

脚本:清水友佳子(「リバース」「わたし、定時で帰ります。」「エール」)

   三浦希紗 (「わたし旦那をシェアしてた」「死役所」「あのコの夢を見たんです。」)

演出:紙谷楓  (「実況される男」「海月姫」「結婚相手は抽選で」「竜の道」)

   木下高男 (「警視庁いきもの係」「メゾン・ド・ポリス」「M 愛すべき人がいて」)

   松田祐輔 (「悪魔の弁護人 御子柴礼司」)

音楽:橋本由香利(「おそ松さん シリーズ ※アニメ」「なつぞら」「さらざんまい ※アニメ」)

プロデューサー:萩原崇 (「お義父さんと呼ばせて」「CRISIS」「シグナル」「後妻業」)

        芳川茜 (「デイジー・ラック」「メゾン・ド・ポリス」「リカ」)

        渋谷英史(「天 天和通りの快男児」「癒されたい男」「盤上の向日葵」)

主題歌:Sexy Zone「夏のハイドレンジア」

原作 :『彼女はキレイだった』©︎MBC/脚本 チョ・ソンヒ

公式サイト:https://www.ktv.jp/kanokire/

 

 

プロミス・シンデレラ(7/13・TBS・火曜22時)★

 

無一文、無職、宿無し…人生崖っぷちのバツイチアラサー女子が性格の悪い金持ち男子高校生に拾われ“リアル人生ゲーム”をするハメに!?彼女がつかむのは金か愛か、それともガラスの靴か?サイコロの目で運命が決まる新感覚ラブコメディ。

 

恋愛モノ推しはいつまで続くんでしょうねぇ。

曲がった事が大嫌いなヒロインに二階堂ふみさんは合うと思いますが、

アラサーには見えないし、真栄田郷敦さんも高校生には見えないという(笑)

で、内容に関しても、漫画原作だからか非現実な設定が多いです。

離婚を切り出されてスリに遭ったらホームレス同然の生活を送る事になるものなのか、

高校生のゲームの誘いに乗っかるものなのか…

特に後者の方には動機に共感出来る部分がないと、見続けるのはキツいかも。

 

出演:二階堂ふみ、真栄田郷敦、岩田剛典 他

脚本:古家和尚(「明日の約束」「ハゲタカ(2018)」「閻魔堂沙羅の推理奇譚」)

演出:村上正典(「犯罪症候群 シリーズ」「ミラー・ツインズ シリーズ」)

   都築淳一(「心がポキっとね」「後妻業」「ハル〜総合商社の女〜」)

   北坊信一(「She」「実況される男」「危険なビーナス」)

音楽:やまだ豊(「東京喰種 シリーズ」「キングダム」「東京リベンジャーズ」※全てアニメ)

編成:佐藤美紀(作品不明)

プロデューサー:橋本芙美(「メゾン・ド・ポリス」「4分間のマリーゴールド」「危険なビーナス」)

        久松大地(「ランチ合コン探偵」「危険なビーナス」)

主題歌:LiSA「」

原作 :橘オレコ『プロミス・シンデレラ』

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/promise_cinderella_tbs/

 

 

水曜日

  

ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜(7/7・日本テレビ・水曜22時)★★★

 

ワケあり元エース刑事×安定収入を求めて警察官になったひよっこ。助け合い、支え合い、事件に雑務に、恋(!?)に奮闘する最強ペアが繰り広げる、やけにリアルな交番エンターテインメント!

 

安定した生活を理想とする主人公がここ最近描かれるようになってきているのには、

時代の変化を感じさせますねぇ。

  

お仕事頑張る系女子&コメディタッチで、原点回帰って所でしょうか。

予告映像だと、交番勤務というツイてない職業に就いてしまった者の嘆きだったり、

合コンの服選びだったりと、

少しゆるくてクスッと笑える会話の応酬で楽しめそうな気はしています。

構成はどうなるんだろう…あのアイキャッチから想像するに、

ショートストーリー詰め合わせの回があっても面白いのかも?

 

出演:戸田恵梨香永野芽郁、三浦翔平、山田裕貴

脚本:根本ノンジ(「サ道 シリーズ」「監察医 朝顔 シリーズ」「フルーツ宅配便」)

演出:南雲聖一 (「過保護のカホコ」「未満警察」「ウチの娘は、彼氏ができない!!」)

   丸谷俊平 (「世界一難しい恋」「イノセンス」「ハケンの品格2」「#リモラブ」)

   伊藤彰記 (「過保護のカホコ」「ハケン占い師アタル」「恋はDeepに」)

音楽:井筒昭雄 (「99.9 シリーズ」「民王」「妖怪シェアハウス」「リコカツ」)

チーフプロデューサー :加藤正俊(「偽装不倫」「白衣の戦士!」「恋はDeepに」)

プロデューサー:藤森真実(「私たちはどうかしている ※協力プロデューサー」「バベル九朔」)

        田上リサ(「偽装の夫婦」「過保護のカホコ」「同期のサクラ」「35歳の少女」)

協力プロデューサー  :大平太 (「泣くな、はらちゃん」「〇〇妻」「同期のサクラ」「35歳の少女」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/hakozume/

 

  

八月は夜のバッティングセンターで。

(7/7・テレビ東京・水曜25時10分)★★★

 

バットのスイングだけで、その人がどんな悩みを抱えているかわかると豪語する元プロ野球選手の主人公が、毎回バッティングセンターに現れる悩める女性たちを「野球論」で例えた独自の人生論で解決へと導いていく。「野球」というテーマを通して、人々の背中を少しだけ押していく、新感覚の“ベースボール・ヒューマンドラマ。

  

元々誰かの悩みに寄り添う作品が好きなのですが、

それを野球に例えて…っていう所に惹かれてしまいました。

各話ごとに実際に活躍されているプロ野球選手がゲストとして登場するサプライズ性も、

サービス精神が高くて良いですね。

また、ある言葉を唱えると野球場にワープするという設定が妙にシュールで…

どんな作風になるのか得体が知れなくて、初回を見てみたい気持ちにさせられます!

 

出演:関水渚仲村トオル

脚本:山田能龍 (「電影少女 シリーズ」「新宿セブン」「全裸監督」「東京怪奇酒」)

   矢島弘一 (「コウノドリ2」「健康で文化的な最低限度の生活」「女子高生の無駄づかい」)

監督:原廣利  (「100万円の女たち」「日本ボロ宿紀行」「絶メシロード」「RISKY」)

   志真健太郎(「TOKYO CITY GIRL」「LAPSE ラプス」※全て映画)

   原田健太郎(「僕らはみんな死んでいる♪」「W県警の悲劇」)

音楽:(「」「」「」)

企画・プロデュース:畑中翔太(「パラレルスクールDAYS」「絶メシロード」)

プロデューサー:寺原洋平(「サ道 シリーズ」「絶メシロード」「あなた犯人じゃありません」)

        漆間宏一(「捨ててよ、安達さん。」「ざんねんないきもの事典」)

        山田久人(「TOKYO CITY GIRL」「LAPSE ラプス」※全て映画)

        山口修平(「八月のシンデレラナイン ※アニメ」)

        後藤ヨシアキ(「八月のシンデレラナイン ※アニメ」)

OPテーマ:クリープハイプ「しょうもな」

EDテーマ:クリープハイプ「こんなに悲しいのに腹が鳴る」

原案 :アカツキ八月のシンデレラナイン

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/hachinai89/

 

 

木曜日 

 

IP〜サイバー捜査班(7/1・テレビ朝日・木曜20時)★★★

 

古都・京都を舞台に、エキスパート達がネットに潜む《姿なき犯人》を暴いていく。《サイバー犯罪》×《人情》=? この夏、“今”だからこその危機を描く斬新なサイバーミステリーが開幕!

 

蔵之介さん目当てでの視聴。

「ミヤコが京都にやって来た!」に続いて、再び京都で活躍されるんですねぇ。 

サイバー犯罪という題材自体は特に珍しくはありませんが、

SPドラマや1話完結型のドラマで見た事はあっても

案外それだけをメインで取り扱った連続ドラマっていうのはないのかもしれません。

「刑事ゼロ」同様、シリーズ化なるかな?

  

出演:佐々木蔵之介福原遥間宮祥太朗

脚本:戸田山雅司(「科捜研の女 シリーズ」「刑事ゼロ シリーズ」「スペシャリスト シリーズ」)他

監督:兼﨑涼介 (「刑事7人 シリーズ」「遺留捜査 シリーズ」「刑事ゼロ」)

   神徳幸治 (「ピーチガール」「honey」「ハニーレモンソーダ」※全て映画)他

音楽:木村秀彬 (「コウノドリ シリーズ」「ブラックペアン」「この恋あたためますか」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英 (「未解決の女 シリーズ」「先生を消す方程式。」「泣くな研修医」)

プロデューサー:川島誠史 (「刑事ゼロ シリーズ」「スペシャリスト シリーズ」「あなたには渡さない」)

        和佐野健一(「刑事7人 シリーズ」「刑事ゼロ シリーズ」「遺留捜査3」)

        髙木敬太 (「警視庁・捜査一課長 シリーズ」「誘拐法廷 ※SP」「べしゃり暮らし」)

主題歌:SEKAI NO OWARI「family」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ip/

 

    

緊急取調室(7/8・テレビ朝日・木曜21時)★★★

 

キントリ解散まであと100日!?主演・天海祐希を中心に、再集結した鉄壁のキントリ・チームが"史上最大の危機"に直面する。かつてない衝撃と波乱が押し寄せる第4シーズン…その全貌がこの夏“マル裸”になる!

 

一昨年春に放送された第3シーズンでも、後半から解散危機を煽る展開だったので

「また?」って気がしなくもありません。

ただ、少し違うのは、今回はそれが前提で話が進んでいくといった所でしょうか。

内容自体は安定して面白いので、今回も大きく外れる事はないでしょうし、

解散危機に直面するキントリチームから滲み出る緊張感や焦燥感が

本作の見所である「演技合戦」を引きたてるスパイスになってくれれば…と思っています。

 

出演:天海祐希田中哲司速水もこみち鈴木浩介小日向文世

脚本:井上由美子(「緊急取調室 シリーズ」「ハラスメントゲーム」「シャーロック」)

演出:常廣丈太 (「緊急取調室 シリーズ」「遺産争族」「dele」「モコミ」)

   樹下直美 (「未解決の女 シリーズ」「この声をきみに」「東京独身男子」)

音楽:林ゆうき (「緊急取調室 シリーズ」「嘘の戦争」「シグナル」「10の秘密」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「緊急取調室 シリーズ」「おっさんずラブ シリーズ」「にじいろカルテ」)

プロデューサー:都築歩  (「緊急取調室2,3」「僕とシッポと神楽坂」「コタローは1人暮らし」)

        残間理央 (「全身刑事 ※SP」「警視庁・捜査一課長2020」「泣くな研修医」)

        松野千鶴子(「緊急取調室 シリーズ」「おっさんずラブ シリーズ」「にじいろカルテ」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/

 

    

推しの王子様(7/15・フジテレビ・木曜22時)★★

 

ベンチャー企業の社長・泉美の目の前に、ある晩、青年が文字通り“空から舞い降りて”くる。彼はなんと、自分が手がけたヒット作の主人公である、理想を詰め込んだケント様にそっくりだった!しかし、見た目だけで、内面は残念…。理想の男性に育てようと懸命に動く姿が描かれる、この夏1番"尊い"ロマンティック・コメディー!

 

まず、深田恭子さんのご回復を心からお祈り申し上げます…。

8月にずれるか、放送自体延期になるんだろうと思っていたけれど、

予定通り7月スタートにさせる所に

この作品を届けたいというスタッフの強い意志を感じさせました。

 

それにしても、本作も恋愛モノかぁ。

今年に入ってから、木10枠は似たような系統の作品が続きますね。

「不器用な人を育成する」という部分は、性別や職業を変えただけで

前作の「レンアイ漫画家」の前半で描かれた

「恋愛ミッション」と同じなのではないか?って気はします。

  

出演:比嘉愛未渡邊圭祐ディーン・フジオカ白石聖徳永えり

脚本:阿相クミコ(「マルモのおきて」「後妻業」「ランチ合コン探偵」)

   伊達さん (「40万キロかなたの恋 ※SP」「おじさまと猫」「高嶺のハナさん」)

演出:木村真人 (「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(2020)」「知ってるワイフ」)

   河野圭太 (「マルモのおきて」「僕らは奇跡でできている」「危険なビーナス」)

   倉木義典 (「青春探偵ハルヤ」「原島浩美がモノ申す!」「年下彼氏」)

音楽:(「」「」「」)

編成企画:狩野雄太(「世にも奇妙な物語 シリーズ」「デート」「知ってるワイフ」)

     江花松樹(「不甲斐ないこの感性を愛してる ※SP」「レンアイ漫画家」)

プロデュース:貸川聡子(「無痛〜診える眼〜」「警視庁いきもの係」「知ってるワイフ」)

主題歌:Uru「Love Song」

公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/oshinooujisama/index.html

 

    

お耳に合いましたら。(7/8・テレビ東京・木曜24時30分)★★★

 

チェーン店グルメ"チェンメシ"を愛してやまない主人公が、あるきっかけからポッドキャスト番組を始めていくポッドキャストパーソナリティ成長記。ドラマ内で主人公が配信する音声は、実際に番組としてSpotifyで配信予定。

 

テレ東ドラマの企画担当の方々は、自由な発想を採用してもらえて

本当にやり甲斐があるんだろうな〜…と思います。

数多くのグルメドラマを生み出したテレ東が次に取り扱うのは、なんと「チェンメシ」!

私も外食やテイクアウトする際はチェーン店をよく使うので、

実際に利用した事のある店が出てくるのが楽しみです。

  

出演:伊藤万理華井桁弘恵、鈴木仁 他

脚本:家城啓之(「あのコの夢を見たんです。」「絶メシロード」※マンボウやしろ名義)

   大歳倫弘(「デリバリーお姉さんNEO」「田園ボーイズ」「ホリミヤ」)

   灯敦生 (「狂武蔵 ※映画」)

   松本壮史(「ガールはフレンド」「青葉家のテーブル ※映画」)

監督:松本壮史(「デリバリーお姉さんNEO」「青葉家のテーブル ※映画」)

   杉山弘樹(「青葉家のテーブル ※映画」)

   松浦健志(「来世ではちゃんとします」「カラフラブル」)

音楽:(「」「」「」)

原案・企画・プロデュース:畑中翔太(「パラレルスクールDAYS」「絶メシロード」)

プロデューサー:寺原洋平 (「サ道 シリーズ」「絶メシロード」「あなた犯人じゃありません」)

        漆間宏一 (「捨ててよ、安達さん。」「ざんねんないきもの事典」)

        山科翔太郎(「あなた犯人じゃありません」)

        山田久人 (「想像だけで素晴らしいんだ」「LAPSE ラプス」※全て映画)

OPテーマ:「」

EDテーマ:「」

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/omimi/

 

 

金曜日

 

#家族募集します(7/9・TBS・金曜22時)★★★

 

SNSで“家族を募集”!?性格も価値観も違う男女4人+子ども3人がひとつ屋根の下で子育てをし、共に暮らしていく姿を描く新時代のホームドラマが誕生。「ただいま」と「おかえり」の数だけ、僕たちは“家族”になっていく—

  

家族の世相を交えながらSNSの未知なる可能性を描いていく…

「向かいのバズる家族」をさらに発展させたような作品ですかね。

というか、そちらの方向に転がったら、今度はプライム帯で視聴者も多いでしょうし、

ヒット作になりそう。

主要メンバー4人との年代も近いので、会話の応酬でクスッとさせられつつも

「もしかしたらあり得るかもしれない未来」について

しみじみ考えさせられる作品になる事を期待します。

 

出演:重岡大毅木村文乃、仲野太賀、岸井ゆきの

脚本:マギー (「火村英生の推理」「カンナさーん!」「向かいのバズる家族」)

演出:福田亮介(「G線上のあなたと私」「恋する母たち」「俺の家の話」)

   村尾嘉昭(「リバース」「アンナチュラル」「死にたい夜にかぎって」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:佐久間晃嗣(作品不明)

        岩崎愛奈 (「プリズンホテル」「私の家政夫ナギサさん」)

        那須田淳 (「逃げるは恥だが役に立つ シリーズ」「花束みたいな恋をした ※映画」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kazokuboshuu_tbs/

 

 

漂着者(7/23・テレビ朝日・金曜23時15分)★★

 

とある海岸に、全裸のイケメン男性が漂着したところから物語が始まる。その男はSNSで一躍時の人となり、後に人々を狂信させていく謎の漂着者となるのだった…。ヒットメーカー・秋元康がその才能のすべてを注ぎ込んだ問題作が誕生する。

 

えっと…「モンテ・クリスト伯」の2話ですか?(笑)

概要とビジュアルですぐさまその作品が頭を過ってしまいましたよ。

↓これね。\ザッカ〜ンオブモンテクリストゥ/

f:id:rincoro_ht:20210624200235p:plain

トンチキめいた所から始まるのは一緒ですけど、

本作の場合は企画がヤス...さんなので、視聴者ウケを狙い過ぎてコケそうな気がするんですよね。

テレ朝だとどうなんでしょう?


出演:斎藤工

脚本:神田優(「ブラックペアン」「アライブ」「アリバイ崩し承ります」「ゲキカラドウ」)

   ブラジリィー・アン・山田(「サイレント・ヴォイス シリーズ」「妖怪シェアハウス 4話」)

演出:本橋圭太 (「緊急取調室 シリーズ」「姉ちゃんの恋人」「あのときキスしておけば」)

   山本大輔(「おっさんずラブ シリーズ」「民王」「妖怪シェアハウス」)

音楽:(「」「」「」)

企画・原作:秋元康(「あなたの番です」「リモートで殺される ※SP」「共演NG」)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英 (「未解決の女 シリーズ」「先生を消す方程式。」「泣くな研修医」)

プロデューサー:飯田サヤカ(「ケイジとケンジ」「妖怪シェアハウス」)

        菊池誠  (「未解決の女 シリーズ」「民王」「ケイジとケンジ」)

        岡美鶴  (「黒革の手帖」「にじいろカルテ」「コタローは1人暮らし」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/hyouchakusha/

  

 

土曜日

 

ボイスⅡ 110緊急指令室(7/10・日本テレビ・土曜22時)★★

 

ーあの「声」が、また聴こえるーあの2人が帰ってくる!! 凄腕刑事・樋口彰吾とボイスプロファイラー・橘ひかりを中心に、捜査官たちは様々な事件に立ち向かう。 そして、「最凶最悪の殺人犯」も登場!狂った夏が、また始まる…

 

公式サイトのイントロダクションには『3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙』とも

書かれてますが、前後編構成で次週に引っ張ったり、蛇足な部分が多かったりで

イマイチ画面から溢れ出る緊張感が伝わってこなかった…という印象しかありません(汗)

今度の「〇〇野郎」は誰でしょうかね。

最凶最悪の殺人犯をラスボスに据えた作りとなると前作の二番煎じになりそうですし、

評判を見ると特別良い訳でもなかったので、なぜ続編が決定したのか分からずじまいです。

 

とりあえず…ECU側はもうちょっと人手を増やした方がよろしいかと。

ツッコミ所が少なくなればなるほど、まともにはなると思うから(苦笑)

 

出演:唐沢寿明真木よう子、増田貴久 他

脚本:浜田秀哉(「ボイス 110緊急指令室」「絶対零度 シリーズ」「イチケイのカラス」)

演出:大谷太郎(「ボイス 110緊急指令室」「ドロ刑」「未満警察」)

   久保田充(「ボイス 110緊急指令室」「家売るオンナの逆襲」「君と世界が終わる日に」)

   西村了 (「怪盗 山猫」「ブラックスキャンダル」「DASADA」「声春っ!」)

   茂山佳則(「ゆとりですがなにか」「トップナイフ」「レッドアイズ」)

音楽:ゲイリー芦屋(「ボイス 110緊急指令室」「天才バカボン シリーズ ※SP」「ザンビ」)

チーフプロデューサー :三上絵里子(「孤食ロボット」「卒業バカメンタリー」「きよしこ ※SP」)

プロデューサー:尾上貴洋 (「ボイス 110緊急指令室」「ブラックリベンジ」)

        能勢荘志 (「ドロ刑」)

        戸倉亮爾 (「部活、好きじゃなきゃダメですか?」「女の機嫌の直し方」)

主題歌:BLUE ENCOUNT「囮囚(ばけもの)」

原作 :Based on the series "Voice", produced and distributed by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd, and writen by Jinwon Ma.

公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice2/

 

 

ザ・ハイスクール ヒーローズ(7/31・テレビ朝日・土曜23時)★★

 

大人気ジャニーズJr.・美 少年と、これまで特撮ヒーロー作品を数々手掛けてきたクリエイター達によるコラボが実現。スカッと悪を討つ究極の戦隊が、土曜の夜を明るくする!

 

劇中には「ゴレンジャー」のリーダー・アカレンジャーも登場するとの事。

実際に放送されていたヒーローを呼べるのは、長年にわたって特撮を放送してきた

テレビ朝日だからこその強みですね。

内容の方は…まぁこの時間帯らしく、気軽に楽しめれば良いかな〜って気はしますが、

(本人達が原因ではないけれど)この6人の主演作となると

個人的には微妙だった「真夏の少年」を思い出してしまいまして…(汗)


出演:岩﨑大昇、佐藤龍我、那須雄登、

   浮所飛貴、藤井直樹、金指一世( 少年 全員主演)他

脚本:高橋悠也(「仮面ライダーゼロワン」「ミラー・ツインズ シリーズ」「火の粉」)

   吉高寿男(「日本沈没2020 ※アニメ」「CONTROL 犯罪心理捜査」)

   筧昌也 (「仮面ライダーゼロワン」「脳にスマホが埋められた!」)

監督:及川拓郎(「刑事7人 シリーズ」「ケイジとケンジ」「アノニマス」)

   竹園元 (「明日の君がもっと好き」「セミオトコ」「真夏の少年」「モコミ」)

   筧昌也 (「仮面ライダーゼロワン」「バベル九朔」「脳にスマホが埋められた!」)

音楽:(「」「」「」)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(「おっさんずラブ シリーズ」「コタローは1人暮らし」)

        原藤一輝 (「エイトレンジャー シリーズ」「妖怪人間ベム」「忍びの国」)

        塚田英明 (「魔進戦隊キラメイジャー」「科捜研の女 シリーズ」)

プロデューサー:服部宣之 (「やすらぎの道〜刻」「ケイジとケンジ」「泣くな研修医」)

        井上千尋 (「機界戦隊ゼンカイジャー」「仮面ライダーゼロワン」)

        浜田壮瑛 (「べしゃり暮らし」「アリバイ崩し承ります」「七人の秘書」)

        大森敬仁 (「仮面ライダーゼロワン」「大奥 最終章 ※SP」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/the_highschoolheroes/

 

 

日曜日

 

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜(7/4・TBS・日曜21時)★★★

 

コロナ禍という未曾有の恐怖の中、危険を顧みず命を救うために闘う救急救命チーム"TOKYO MER"の活躍を描く。「待っているだけじゃ、救えない命がある」大事故、大災害…命を巡る熱く胸躍るヒューマンドラマを、かつてない超スケールでお届けする。

 

お金かかってそうですねぇ…これに賭けている感じ、ありますね。  

脚本家の黒岩勉さんは、「グランメゾン東京」までは波に乗られているイメージがありましたが、

それ以降の2作品(アンサングとビーナス…)はイマイチで、

再び"当たり外れのある脚本家"という印象に戻ってしまいました。

なので、今度はどっちに転ぶかは分かりません。

 

1つ気になるのは"お涙頂戴"に走らないかどうか…

患者よりも主要メンバーの方が危機的状況に遭う頻度が多かったり、病気にかからせたりして、

患者を全力で救うという本来のコンセプトがブレてこなければ良いですが。

 

出演:鈴木亮平賀来賢人中条あやみ

脚本:黒岩勉 (「グランメゾン東京」「アンサング・シンデレラ」「危険なビーナス」)

演出:松木彩 (「花のち晴れ」「半沢直樹(2020)」「天国と地獄」)

   平野俊一(「MONSTERS」「インハンド」「病室で念仏を唱えないでください」)

音楽:(「」「」「」)

プロデューサー:武藤淳 (「ホワイト・ラボ」「実録ドラマ 3つの取調室 ※SP・演出」)

        渡辺良介(「下剋上受験」「テセウスの船」「歴史迷宮からの脱出」)

        八木亜未(「下剋上受験」「決してマネしないでください。」「テセウスの船」)

主題歌:「」

公式サイト:https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/

 

 

ボクの殺意が恋をした(7/4・日本テレビ・日曜22時30分)★

 

殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしてもどうしても殺せないという、ちょっと残念な主人公・男虎柊。そんな彼が恋をしたのは、"暗殺ターゲット"である女性だった!果たして、最高に“間が悪い”殺し屋は、“暗殺ターゲット”の女を殺すことができるのか?

 

何度も書いていますが、基本的に、この枠には期待しておりません…(汗)

初回(多くて3話まで)を見て、思った以上に面白かったら見続けるし、

微妙だったらしれっとリタイア…最近はそんな感じです。

"間が悪い"のは主人公の性格だけにしてね!?←言ってみたかっただけ

 

出演:中川大志新木優子鈴木伸之田中みな実中尾明慶

脚本:徳永友一(「ルパンの娘 シリーズ」「海月姫」「グッド・ドクター」)

   三浦希紗(「わたし旦那をシェアしてた」「死役所」「あのコの夢を見たんです。」)

演出:星野和成(「僕らは奇跡でできている」「SUITS2」「イチケイのカラス」「桜の塔」)

   宝来忠昭(「こえ恋」「嘘の戦争」「セミオトコ」「姉ちゃんの恋人」)

音楽:大間々昂(「真昼の悪魔」「花のち晴れ」「おカネの切れ目が恋のはじまり」)

   田渕夏海(「警視庁ゼロ係 シリーズ」「僕らは奇跡でできている」「モトカレマニア」)

チーフプロデューサー :岡本浩一(「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」「江戸モアゼル」)

プロデューサー:中間利彦 (「ブラックスキャンダル」「わたし旦那をシェアしてた」)

        小島祥子 (「おじさんはカワイイものがお好き。」「極主夫道」「カラフラブル」)

        石田麻衣 (「シグナル シリーズ」「ON」「W県警の悲劇」)

共同プロデューサー  :三上絵里子(「孤食ロボット」「卒業バカメンタリー」「きよしこ ※SP」)

主題歌:Vaundy「花占い」

公式サイト:https://www.ytv.co.jp/bokukoi/

 

        

視聴のみのドラマ 

 

孤独のグルメ Season9(7/9・テレビ東京・金曜24時12分)★★★

 

輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。Season1放送から9年経った今回も変わらず通常営業!さらに、懐かしのお店も再登場?

 

晦日のSPは放送されていましたけど、

このご時世でまさか、連続ドラマとしてまたお会い出来るとは思いませんでした。

でも、会食・外食に対して冷ややかな目で見られている中、

会話をせず長時間いる必要もない「独り飯」は

コロナ禍での楽しみ方としては需要があるのかもしれません。

今回もよだれを垂らしながら堪能します!

 

…あと、ポスタービジュアルのぎゅうぎゅうに敷き詰められた文字が、

食べるのに夢中になっている感じがして好きです(笑)↓

f:id:rincoro_ht:20210624124449p:plain

 

出演:松重豊

脚本:田口佳宏(「孤独のグルメ シリーズ」「日本ボロ宿紀行」「背徳の夜食 ※SP」)

   児玉頼子(「孤独のグルメ シリーズ」「相棒 season17〜19」「将棋めし」)

演出:井川尊史(「孤独のグルメ シリーズ」「昼のセント酒」)

   北畑龍一(「孤独のグルメ シリーズ Season6〜8」「あなた犯人じゃありません」)

   北尾賢人(「孤独のグルメ Season8」「孤独のグルメ 2020大晦日スペシャル ※SP」)

   佐々木豪(「左ききのエレン ※プロデューサー名義」)

音楽:久住昌之(「孤独のグルメ シリーズ」「花のズボラ飯」)

   ザ・スクリーントーンズ(「孤独のグルメ シリーズ」)

チーフプロデューサー :阿部真士 (「きのう何食べた?」「アノニマス」「生きるとか死ぬとか父親とか」)

プロデューサー:小松幸敏(「孤独のグルメ Season7・8」「癒されたい男」「理想のオトコ」)

        吉見健士(「孤独のグルメ シリーズ」「背徳の夜食 ※SP」)

        菊池武博(「孤独のグルメ シリーズ」「日本ボロ宿紀行」)

原作:作/久住昌之・画/谷口ジロー孤独のグルメ

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume9/

 

 

サ道2021(7/9・テレビ東京・金曜24時52分)★★★

 

2年前、偶然出会い始まった3人のサウナ道が、今夏ついに新シリーズへ突入!今回のテーマは「ディスタンスと継承」。コロナ禍で再認識させられた家族や友人との距離、社会との距離、土地との距離、過去や未来との距離。それらをこえて、受け継がれていくものとは?…を、サウナを舞台に描いていく。

 

私、まだ今年のSPを録画したまま見ていないんですよね…(笑)見なくては。

それはそうと、こちらも続編、嬉しい限りです。

コロナ禍の中でのサウナは中々難しいかもしれませんが、

逆に本作の世界観が、ストレスを抱えながら日々生きている人達の

"癒しの時間"になる事を期待しています。

 

出演:原田泰造三宅弘城磯村勇斗

脚本:根本ノンジ(「サ道 シリーズ」「監察医 朝顔 シリーズ」「フルーツ宅配便」)

   竹村武司 (「サ道」「山田孝之のカンヌ映画祭」「このマンガがすごい!」)

   山田能龍 (「電影少女 シリーズ」「新宿セブン」「全裸監督」「東京怪奇酒」)

監督:長島翔  (「サ道 シリーズ」「階段のうた season5」)

音楽:とくさしけんご(「サ道 シリーズ」「推定有罪」「いつか陽のあたる場所で」)

プロデューサー:寺原洋平(「サ道 シリーズ」)

        五箇公貴(「サ道 シリーズ」「電影少女 シリーズ」「100万円の女たち」)

        手塚公一(「サ道 シリーズ」「勇者ヨシヒコ シリーズ」)

        伊藤才聞(「サ道 シリーズ」)

OPテーマ:Cornelius「サウナ好きすぎ」

EDテーマ:Tempalay「あびばのんのん」

原作:タナカカツキ『マンガ サ道』

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37_2021/

 

 

         

まとめ

 

以下、視聴予定の17作品です。

※現時点で放送されている作品は除きます。

 

Night Doctor(フジ・月9)

彼女はキレイだった(フジ・火9)

プロミス・シンデレラ(TBS・火10)

ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜(日テレ・水10)

八月は夜のバッティングセンターで。(テレ東・水深夜)

IP〜サイバー捜査班(テレ朝・木8)

緊急取調室(テレ朝・木9)

推しの王子様(フジ・木10)

お耳に合いましたら。(テレ東・木深夜)

#家族募集します(TBS・金10)

漂着者(テレ朝・金11)

孤独のグルメ Season9(テレ東・金深夜)

サ道2021(テレ東・金深夜)

ボイスⅡ 110緊急指令室(日テレ・土10)

ザ・ハイスクール ヒーローズ(テレ朝・土11)

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜(TBS・日9)

ボクの殺意が恋をした(日テレ・日10)

 

つい最近まで緊急事態宣言が発令されていた中で、

「緊急取調室」「緊急指令室」「緊急救命室」と

 緊急〜のつくものが3つあるっていう可笑しさね(笑)

 

そして、期待度ランキングをTOP5で付けるならば…

1位 #家族募集します(TBS・金10)

2位 緊急取調室(テレ朝・木9)

3位 八月は夜のバッティングセンターで。(テレ東・水深夜)

4位 ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜(日テレ・水10)

5位 お耳に合いましたら。(テレ東・木深夜)

 

 

まとめてみて思った事は…オリンピックによる放送休止を考慮しているのか、

全体的に通常よりも初回放送日が早め。

(プライム帯11作品のうち、7月上旬までに初回放送日を迎えるのが9作品!)

いや、一概にそうとは言えないんですが、

月9は6/21からだし、日9は「ドラゴン桜」が終わった翌週の7/4に始まるし、

中旬からのイメージがある火9は今期は7/6から始まるし…で

イレギュラーなのがちらほらあるんですよねぇ。

一番遅くて「推しの王子様」の7/15か。

まぁでもここは、よく間に合ったな…って気持ちです。

 

しかし、「オリンピックの時期はドラマが盛り上がらない」説は

またしても立証される事になってしまいそう。

視聴率が取れそうな医療モノ・刑事モノや、

SNSで話題になる恋愛モノ(ラブコメ)に頼った作品が多いし、続編も多い。

そんなつもりはないんでしょうが、こういう作品を流しておけば安泰だろう…というのが

何となく伝わる作品がいくつか散見されるため、

来期へのワクワク感はいつもと比べるとかなり低いです。

私が勝手につけた期待度も★4以上がないのが物語ってますね。

 

ランキングで紹介した「緊急取調室」は手堅く、

「ハコヅメ」は気軽に楽しめたら良いな〜と思っていて。

「#家族募集します」「八月は夜のバッティングセンターで。」「お耳に合いましたら。」は

上に書いたジャンルから外れたチャレンジングな作品として期待している…といった感じ。

 

あとは、何と言っても火曜日が心配です!!

火9と火10、どっちも惹かれないのは初めてだわ(泣)

下手したら両方ともリタイアしてしまいそうだから、

良い意味で裏切ってくれる事にわずかな望みを賭けます…。

 

 

ではでは、個人的ヒット作が出て来れば良いなぁと願いつつ…

夏クールのドラマを楽しみに待ちましょう( ´∀`)

 


半径5メートル 8話 感想|安易に踏み入れてはいけない世界だねぇ…

 

f:id:rincoro_ht:20210505224742p:plain

 

しんどいねぇ……………

就職氷河期というワードは全く知らなかった訳じゃないけど、

今回の話を見るまで解釈が違っていた私も反省。

何となく、「厳しい時代を勝ち抜いてきた社会人」を指すもので、

荒波に飲まれながらも何とかして安定した生活を送る事は出来ているんだろう…なんて

思い込んでいた部分があったんですが、実際にはそういう人達は一握りしかいないんですね。

 

取材する側の"知る"覚悟がないと、踏み入れてはいけない世界。

脆くて繊細な心を"強がり"で覆い隠しながら生きる阿南(須藤理彩)と須川渡辺真起子)。

その2人の懐にズカズカ入り込んでいく風未香(芳根京子)の危うさと、

後に自身の言動がどれだけ愚かだったかを知るまでの成長を見守ったお話でした。

 

私も彼女と一緒で、名刺についての言及がなかったら、

宝子(永作博美)に実際に足を踏まれていなかったら

2人の真意には気づけなかったかもしれないし、

阿南先生には同じ行為をしてしまったかもしれないなぁ。

風未香と会うのを嫌がっていた件、最初は記者だと聞いて、

過去に他の出版社の記者から取材があったものの

デタラメな内容を書かれたトラウマを抱えていたから避けたのかな…なんて思っていたけど、

マウントをとられ続けているのに傷ついたのだと分かった時には

ハッとさせられてしまいました。

本人は小さい頃に支えてもらった恩返しのつもりでやっているのが伝わるだけに、

その想いが向こうに全く届いていないのは…辛いです。

 

でも、取材内容を削除した事に関しては、今まで「半径5メートル」を通して

自分の知らない価値観の多様性に触れてきた風未香にしては

配慮が足りなかったんじゃないか?と、そこには引っ掛かりを覚えたかな。

キッツい人だな…怖いな…過激な発言だな…と思うのは分かる。

怯んでしまうのも分かる。

ただ、彼女の場合、取材対象者の実態を暴いていく仕事なので、

おそらく就職氷河期の真っ只中を過ごしたであろう二折のメンバーに相談せず、

貴重な発言の要不要を、当時を何も知らない人が自己判断で決めるのは

ちょっと腑に落ちませんでした。

 

けれども、最終的には宝子のナイスなサポートのお陰で救われましたね…

差し入れの肉まんを食べる時のフーミン、可愛かったなぁ。

白Tのラフな格好、高めのポニーテール、子犬みたいな鳴き声で頬張る姿…

童心に帰ったような彼女の様子を見て、こちらも安心させられます。

頼もしい上司が身近にいて、本当に良かった!

 

今回の話だけでは解決出来ない問題かもしれないけれど、

就職氷河期の人々は、今の時代においてはある意味マイノリティでもあって。

彼女達に向けられた視線や、置いてけぼりにされた心境を

可視化して分からせる役割は果たせられたのかと思います。

 

そう言えば「パトワ」は、頭の文字や韻踏みからして"アレ"の事ですね(笑)

際どいネーミングつけちゃって…凄い度胸だな…。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


コントが始まる 10話(最終回) 感想|コントはまだまだ始まったばかり

 

f:id:rincoro_ht:20210417232351p:plain

 

まさか、水道修理業者に転職するとは!(笑)

演劇作家のパターンも想像していたけど…

みんなして芸能と関係のない道を進むなんて、意外でした。

 

まぁでも、里穂子(有村架純)と関わるようになったきっかけは

ただの水がメロンソーダに変わる話だったし、

兄の俊春(毎熊克哉)は水でマルチ商法に嵌っていた過去があったし、

「水のトラブル」「奇跡の水」「金の斧銀の斧」など

水が絡むコントもいくつかあったのを考えると、

春斗(菅田将暉)が水道修理業者になるのは別におかしな事ではなくて。

彼にとって水とは、新たな出会いや、言葉にして伝える勇気や、

ネタ作りのモチベーションを与えてくれる、

人生の幅を広げてくれる意味では切っても切れない関係で結びついているんですよね。

 

濁っていたのが透明になった池の水も、彼のこれからを後押ししているようにも感じられました。

そして、もしかしたらそれは、彼の心を映し出す鏡でもあったのかもしれません。

マクベス時代で思い通りに行かなかったり、

挫折を覚えたりして溜まっていった"モヤモヤ"を抱えていた時は淀んだ池だったけど、

解散して1年半が経ち、ネタを書いている立場から「売れるために面白いネタを作らなきゃ」

「2人には申し訳ない」といった重荷も背負う必要がなくなって、

ある意味身軽になった頃には、汚れなど最初から一切なかったかのような綺麗な水に変わっていた。

池を見た時、春斗は本当に嬉しそうで、

目の奥にキラキラとした少年心を宿らせて微笑む姿が印象的でした。

今の仕事に就くきっかけがここにあったのも、何となく分かる。

水はまたしても、彼を救ってくれたんですねぇ。

 

潤平(仲野太賀)や、一仕事終えてきた感じの瞬太(神木隆之介)、

里穂子やつむぎ(古川琴音)と、それぞれ新たな場所で動き出している様子が描かれる一方で、

春斗のコント…"第二章"はまだ始まったばかり。

適職だったのか、今の仕事についていけているのか、それすらも曖昧なままで終わった最終回。

「コントの中でいろんな職業を演じてきた」といった潤平の言葉を踏まえると、

水道修理業者の仕事が長続きせず、いろんな職を転々と…なんて未来も考えられるけれども、

引越しのコントにあったように、泣いても笑っても時間は進むし、

後で振り返った時に今の選択が正解だったと思って生きて行くしかない訳で。

また万が一どん底に陥る時が来ても、2人とは円満に解散出来たから

前みたいに馬鹿騒ぎして時間を忘れる事だって出来るし。

5人集まれば餃子パーティとかで想いを共有する事も出来る。

七転八倒して、いつか「人生最高だった」と胸を張れる日が来るのを願っています。

 

良い意味でドラマらしくない作品でしたね。

ラストの落とし方はもちろん、視聴者の誰もが夢見た「◯年後に再結成!」なんて

ハッピーエンドにはせず、それぞれが別の道を歩む…

若かりし頃の自分を重ねては懐かしんで見てしまうようなリアルがそこにはありました。

あとは何と言っても、春斗と里穂子の恋を匂わせる展開を入れてこなかった所!

自分が一番マクベスを知っているという優越感からプライベートに踏み込んだり、

身近な存在として今まで接したりしていると、

そのうちキス&ハグシーンで一線を超えてしまうのではないか…

で、下手したら恋愛要素が増えて本題が薄まってしまうのではないか…という

可能性もなくはないんですが、

あくまでも現実に向き合う姿が描かれる"青春群像劇"の作りにブレがなかったのが、

最後まで好意的に見られた理由だったと思います。

今の時代では、中々挑戦的だったんじゃないかなぁ。

恋愛がなくたって心が揺さぶられる作品…あんまりないでしょう。

("Love"の愛ではなく、"respect"の愛はあったかもしれないけど。)

 

全体的に微妙な作品の多い土10枠の中でも楽しめました。

っていうか、金子脚本しか当たりがないような(笑)

「俺の話は長い」も好きでしたし…本作もランキングの上位にいますし…

野木先生クラスの脚本家になりそうです。

もう土10枠で書き続けて欲しい…って、無理な話ですねw

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓今までの感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

 


着飾る恋には理由があって 10話(最終回) 感想|誰かのために着飾る人生

 

f:id:rincoro_ht:20210420233554p:plain

 

放送開始15分の時点で先は読めていたけれども…いや〜、爽やかな最終回でしたね。

みんなそれぞれに、自分なりのスタートを切っていく。

この展開が単純に予定調和で終わったと思わなかったのは、

煮え切らない想いとか、挫折とか、悩みに悩んで出した決意とかが

最終回までにいろんな形で提示されて、

そこから生まれる価値観や生き方を否定せず、支えようとする人々の姿が描かれてきたから。

 

お見送りのシーンはド定番でもちょっと変化球で、

葉山(向井理)に感謝の気持ちを伝えるために走る真柴(川口春奈)は

とんでもなくかっこよかった。

彼女に対して「片思いだった」と過去形で話す彼も、

普通だったら、好きだった相手に振られて

可哀想な"当て馬"に見えてきてしまうかもしれないけど、

全くそうは感じず、むしろ新たな道を進む彼の目が輝いているように映ったのも新鮮でした。

 

真柴が葉山からもらった言葉を道標にして、

抱いていた憧れを"恋心"ではなく"尊敬"に昇華させていくように、

葉山も真柴と駿(横浜流星)が夢に真剣に向き合っている姿に背中を押されて

一歩踏み出していく。

そして、駿も同じで、真柴が自分を奮い立たせてくれた言葉を時々思い出しては、

彼女に影響を受けながら、大きな賭けに挑んでみる。 

本作における恋愛は「人生のゴール」「最大の幸せ」ではなく、

あくまでも人生を豊かにするための手段の一つとして描かれていく所に好感が持てました。

 

最初は「着飾る=悪」で、身の回りの飾りを少しずつ取っ払っては

シンプルな恋を目指す2人の関係を描く

物語になっていくのかな?と思っていましたが、全然違っていて。

大切な人のために着飾る事を肯定する作品だと、途中から気づかされましたね。

「リコカツ」もそうでしたが、違う場所について行く訳でも、今の仕事を諦める訳でもなく、

相手が好きでいてくれる自分になるためにお互いに新天地で頑張るというオチは、

平成時代だったら考えられなかったかもしれません。

あとは、初回の感想でSNSの扱い方についてこう書いていたんですが↓

せっかくSNSがモチーフとして取り扱われているので、

そこで良い写真を一生懸命投稿して、フォロワーが増えて得る幸福感、

つまりSNSならではの特徴を悪く捉えた安直な描き方にならない事を願いたいです…。

人々の心を掴む技を身につけている事、時代に見合ったコンテンツを作れるって

十分誇れる仕事だから。

SNS界のインフルエンサー」「インスタ映え」は小馬鹿にされるなど

ネガティブなツールにされがちなSNSも、良い面も描きつつ、

かつ意見を発信する事の怖さや不安も…といった

さじ加減に落とし込まれていたので良かったです。

 

火10枠の恋愛ドラマは基本的に主人公が自己中で共感出来ず、

恋愛描写を優先させようとして仕事パートが雑になってしまう作品が多かったため

リタイアしがちだったんですが、

若者をターゲットにした作風は共通していても、

こんなに見応えのある作品に出会えたのは久しぶりだった気がします。

いつだ?どっちにかかるんだ!?と翻弄させられる

星野源さんの「不思議」タイムも楽しかったです(笑)

 

そして、これまた個人的な印象ですが、

今までなんとなく良作が少ないように感じた川口春奈さんや、

"旬の俳優"と呼ばれて以降は作品に恵まれていなかったイメージのある横浜流星さんにとって

1つの代表作になったんじゃないでしょうか。

特に川口春奈さんについては、水10のお仕事系ドラマで

バリバリ働く変わり者の役も見てみたい。

同じ涙でも似通う事なく、全く違うものに感じさせる演技が素晴らしかった。

脚本家の金子ありささんにも、

新しい視点の入ったオリジナル作品も描かれるんだ!という驚きがありました。

 

いろんな意味で"可能性"を感じさせた作品だったと思います。

次作は期待度薄なんですが…さて、どうかな?

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓今までの感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net


ナイト・ドクター(Night Doctor) 1話 感想|退職してくれ元研修医!

 

f:id:rincoro_ht:20210621223443p:plain

 

最初に言っておくと…役者は悪くない。

むしろ好きな役者さんばかり。

でも、このドラマではみんな嫌いになりそうだわ…(泣)

 

口を開けば嫌味ばっかり、説教ばっかりの面々はもちろんなんですが、

特に不快感が残ったのは研修医上がりの深澤(岸優太)。(あの、岸くんは好きです…)

「穏やかに過ごしたい」「平和に行きたい」

はぁ?医者の立場で何言ってんだ??と本気でムカついてきましたw

研修医ならまだ理解は出来るけど、もう4年目なんでしょ?

それに、その発言は内科医の仕事を舐めているようにも感じますしね。

内科医だって目の前の命を一刻も早く救うために必死だろうし、

責任の重大さは昼でも夜でも関係ないと思うんですが…違うのかな。

そして患者を救えなかったトラウマを思い出して器具も使えなくて

一人立ち尽くす事しか出来ないシーンも…

深澤がある程度腕の良い優秀な医者で、初めて失敗を犯してしまったという背景が描かれた上で

流すべきものだったのではないでしょうか。

実際の所、彼、いっつも何もしてないから、同情のしようがないんですよ(苦笑)

 

何も出来ない割には、先輩にタメ口。

タメ口と言えば桜庭(北村匠海)もそうで、彼もいざとなったら発作で動けなくなるタイプ。

この2人は給料泥棒でしかない。

まっ、深澤の場合、大人の事情&メインキャラだから退場させられないって所なんでしょうけど、

普通だったら妹を下手したら死なせようとしていたのを知った時点で

医者失格だと認めて辞めるんですよねぇ。逆に続けようとする方が恐ろしい。

仮に妹だと知って"妹だから"受け入れようという考えに至ったら、

それはそれで不公平ですし。

辞めてくれた方が、自分のためにも今後運ばれてくる患者のためにもなると思うんですけど…

どうして医療ドラマって、病院に行きたくなくなるような作品が多いんでしょう。

 

ああいかんいかん。ここまで登場人物への愚痴ばかり吐いてきたから

内容の感想を書かねばなんですが…

内容自体も、数多くの医療ドラマの定番シーンを継ぎ接ぎした印象しか残らなくて

最後まで心が動きませんでしたかね。

急患に出くわす主人公!花火大会で事故が起きる!働かせて下さいとお願いする!

彼氏と上手く行かなそう!→全部「やっぱりな」の連続で面白くない(汗)

台詞も全体的に"語り過ぎ"で、

葛藤や登場人物に関する説明台詞が多いから間延びして感じてしまいましたし、

継ぎ接ぎの展開が原因で、緊迫した雰囲気にしたいのか

少しコミカルな作品として見て欲しいのか、

初回としては本作のコンセプトが曖昧なまま終わってしまったような気がしました。

 

「ラジエーションハウス」「アンサング・シンデレラ」のスタッフが関わっているだけあって、

デイドクターとの対立構造とか、救急を上げて他の診療科を下げるだとか、

本来看護師か医療事務がやりそうな仕事まで全て医者がやってしまう所とかも似ています。

このスタッフの事だから、"医療業界のリアル"は面白おかしく脚色されてしまうのだろうと

半ば諦めの気持ちでいましたが…それにしてもベタ過ぎて。

 

命を救う大変さを一番知っているはずの指導医が実は後輩想いな良い人なのも、

男性は胸の大きい女性が好きという破廉恥な要素に頼るのも安易。

で、早速、休日もまともに2人で過ごせなくて"すれ違い"が起こるくだりが出てきましたが、

ナイトドクターを描く前に、恋愛も救急の仕事も充実させている主人公を描いてこそ

令話時代における「働き方改革」に繋がってくるのではないかとすら思いました。

 

まぁ、今回の内容は「初回だから」大目に見ますが、

次回以降も登場人物に不快感が残ったり、新鮮味がなかったりしたら

感想は書かなくなってしまうかも…。

イライラしながら書くのも良くないのでね。

次回の感想が投稿されていなければ、お察し下さい(汗)

(ちなみに、サブタイトルは「泣くな研修医」をもじったものです。

この作品もベタでさっさかリタイアしちゃったんだよな…) 

 

 

最後に余談なんですけど、本作のタイトルの正式名称は

「Night Doctor」なのか「ナイト・ドクター」なのか分かりづらいんですよねぇ。

HPのタイトルや、ゲストとして番宣に来た時は英語の方だったんですが、

フジテレビ公式サイトのドラマコーナーだとカタカナの方って言う。

「SUITS/スーツ」みたいにするなら良いけど、どっちかに統一して欲しいです。

一応、感想の方はどちらのタイトルも併記しておきましたが…。

 

 


ドラゴン桜(2021) 9話 感想|売却賛成派の教師の気持ちがよう分からん。

 

f:id:rincoro_ht:20210425222518p:plain

 

ヤンキー2人組の岩井(西垣匠)と小橋(西山潤)は坊主にされてから半年以上経っているけど、

髪が伸びては剃り直しているんだろうか…っていうふとした疑問は置いといて(笑)

本作のマスコットはもちろんその2人なんだけれども、

同じくらい、健太(細田佳央太)にも癒されているんですよねぇ。

進学校の生徒達にバカにされても言い返さない藤井(鈴鹿央士)の変化を

後ろでこっそり見届けてからの、

休憩時間にバナナを差し入れて励ましにいく彼の優しさに泣ける。

昆虫好きで、観察するのが好きな彼だからこそ活きるシーン。

そして藤井も、東大専科のメンバーに憧れられたり、尊敬されたりで

なんやかんや愛されキャラに。

少し前だったら「ありがとう」の言葉も言えなかっただろうし、

頭を下げるなんて信じられなかっただろうし。

回を重ねるごとに驚くほど丸くなっていく成長過程も、ある意味本作の見所の1つとも言えますね。

 

…って、今回の感想はこんな感じでずっと書いていきたかったのに、

後半以降に売却桜を盛り込んでくるもんだから、

放送終了後はどうしてもそのパートの余韻が残ってしまうのがなぁ。

せめて前半で一気に解決してくれた方がマシでした。

前から書いていますがそもそも興味がないし、

米山(佐野勇斗)の逆恨みなんて知らんこっちゃないし、

1つの舞台で描いている事は「学園スポ根モノ」と「復讐モノ」で相容れない題材なので、

違う話に切り替わった途端、本作が何を目指しているのか不明瞭になってしまうのが

本当に残念でなりません。

 

藤井が文転してから勉強に食らいついていく様子とか、

瀬戸(高橋海人)がこの時何を考えていたのかとか、そういう部分を知りたいのに、

余計な話のせいでカットされるのか…と思うとモヤる。

この手の作品の醍醐味って、若者ならではの繊細な感情にも触れて

初めて成り立つ気がするんですけど違うんでしょうか。

本作の場合は、視聴者を惹きつけやすいエピソードを羅列させただけ。

セミファイナルなのにもかかわらず「いよいよか〜!」っていう盛り上がりが感じられないのは、

やっぱりそこが原因な気がしています。

いや、勉強をしているかしていないかって言われたら

確かにしてはいるんですけど、特別講師による授業を受けたり

桜木式メソッドを聞いたりする事が全てではないんですよね。

 

高原(及川光博)の裏切りの件も、まぁそうだろうな…と思っていたので、特に驚きはなく。

売却桜にイマイチ興味が持てないのは、リゾート施設開発計画に対する

現実味のなさも原因の1つなのかもしれません。

このご時世で繁盛するか?っていうのもありますが…

大体、子供と学校を守る立場の教師達がなぜ賛成の考えに至ったのかがよく分からなくて。

リゾートで働く事に賛成なのか、それとも退職金を倍出されたのか…

どちらにせよ、教え子の母校を壊そうとする教師は教師失格だと思います(苦笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


リコカツ 10話(最終回) 感想|結婚後の2人の様子もぜひSPで!

 

f:id:rincoro_ht:20210417030506p:plain

 

紆余曲折あったけれども、2人は無事に結ばれるエンドになったかぁ。

で、個人的に想像していた「好きだけど、夫婦として寄りは戻さない」部分は

緒原家と水口家の両親が担う事に。

とは言っても、夫婦の形は夫婦の数だけある…というモノローグがあったように、

ここの関係性もニュアンスがちょっと違う。

前者の方はなんとなく「まめ夫」の4人のような

一言では簡単に表しきれない関係になって行って、

"お友達から"始める後者の方は

もしかしたら米粒くらいの可能性はありそうな予感がさせられました。

 

結局「リコカツ=離婚活動」をしていたのはその2組だった訳ですが、

パリ研修の3年間、婚姻届を出して正式に結婚するのを待ち続けた

咲と紘一の様子を見てみる限りは、

「リコカツ=遠距Re婚活動」の意味合いも含まれていたのかもなぁ…と。

価値観も職業も交わる事がないほど違う場所にいる2人が再婚を決意し、

再婚するにあたって、相手に相応しい人になるために自分を磨いていく過程も描く。

平成までのラブストーリーなら、プロポーズして両想いだと知ったらハッピーエンド!で

通用したと思うけれど、令和になって共働きも増えてきた今、そうは行かない。

元々離婚に踏み切った理由は、今の仕事に誇りを持っている所にあったので、

どちらかが妥協するのでもなく

お互いに話し合って双方納得の行く結論に収まったのは良かったです。

そして、時間経過もちらっとだけ描いて「◯年後」で場面転換出来たと思うけれど、

カウントダウンに合わせて2人の3年間もちゃんと見せてくれたのも嬉しかった!

 

水無月山田幸男先生(白洲迅)の方は、

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)への応援の仕方が回りくどくて(笑)

所持する事で2人の思い出である家を守ろうとしてくれたのはありがたいけど、

本人達からしたらやっぱり面倒くさい。

でも、そんな彼も最終的には家を手放す事となったし、

一ノ瀬(田辺桃子)も筑前煮を差し入れとして同僚に振る舞うようになったし…

今まで2人を掻き回してきた脇役は皆それぞれ落ち着くべき所に落ち着いて。

いろんな形の"けじめ"が描かれ、それも通常時間内で上手くまとめられていた

最終回になっていたと思います。

 

一体どういう展開になるのか、期待半分不安半分で見始めた本作でしたが、

これはドラマ史において中々意欲的な作品だったんじゃないでしょうか。

ただの群像劇ではなく、両親の様子を通して

離婚を「人生でいつか訪れるかもしれない選択」という身近なものとして描写する。

極論を言ってしまえば、咲と紘一は、"もう1人の"私たち…でもあったのかな。

見ていくうちに「私だったらこうする!」って考えが出てくるんだけど、

2人が自分の考えと違う方向に行き始めると

もどかしい気持ちになってしまう=感情移入させられてしまう点においてもよく出来ていました。

オリジナルっていうのがまた凄いし、

個人的には今まではっきり面白いとは言い難かった、ちょっと惜しい作品が多かった感じのした

脚本家・泉澤陽子さんに対する印象も変わった気がします。

 

そして、この作品で、

時にはすっぴんに近いメイクで自然体な咲を演じてみせた北川景子さんも、

演技の幅広さを感じさせた永山瑛太さんも、もっと好きな役者さんになりましたね。

咲のふとんにもぐる紘一なんかは…わんこみたいで本当に可愛らしかったなぁ。

もうこの不器用で一途で可愛い2人に会えないと思うと寂しい。

SPで良いので、新婚生活とか、子育てとか…その後の様子も見たいです!

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

 ↓今までの感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


コントが始まる 9話 感想|勝敗なんてつけなくて良い

 

f:id:rincoro_ht:20210417232351p:plain

 

「夢って、追いかけない方が良いの?」

この言葉を聞いた時、うわぁ…残酷な視点盛り込んでくるなぁ…と。

まだ希望を持ち続けたい年頃の小学生がそれを言ってしまうっていうのもあるけど、

真壁夫婦の出産に立ち会っていた時に生まれた太一(伊藤駿太)が…

っていうのがまたグサッとくる。

 

そうだよなぁ。子供だと人生経験があまりにも少ないから、

物事の裏側までは察する事が出来ない。

試合の勝ち負けじゃないけど、

子供の時にいっぱい遊ぶであろうゲームの「ゲームオーバー」とも似ている。

勝ったら&ステージをクリアしたら成功。負けたら&クリア出来なかったら失敗。

若ければ若いほど勝敗をつけやすい。

でも…そんなはっきりとした子供の視点が描かれたからこそ、

以前の里穂子(有村架純)の「10年間の頑張りが無駄になるとは限らない」ももちろん、

「負けたって事が失敗とは限らない」「人間関係をいくつ築けたかが勝敗を決めるんだと思う」

と話す俊太(神木隆之介)の考え方にも、

酸いも甘いも嚙み分けてきた者ならではの奥深さが増した気がします。

"勝敗"に対して、1つの意味しか知らない子供と、複数の意味を知っている大人の対比…

バーベキューでのくだりは、とても惹きつけられるものでした。

太一くんは今はちんぷんかんぷんでも、俊太の言葉の意図が分かる時がいつか来るはず。

 

"終わり"を彷彿とさせる残り火や、カップに少し残ったコーヒーのカットを

時々挿入していた演出も、もうすぐ解散を迎えるマクベスを表しているようで印象的。

でも、彼らにとっては"終わり"ではない。

焚いている火が消えそうになっていたらまた点ければ良いし、

昔を懐かしんではじっくり語り合う機会はまた訪れるかもしれないし、

飲み干したコーヒーは、春斗(菅田将暉)がネタ作りをする原動力に変わっている。

 

そうそう、俊春(毎熊克哉)について触れてくれていたのも良かったです。

彼の就職先がブラック企業なんじゃないかと少し不安だったんですけど、

そこで働く事に対する想いを聞く限りだと、もう心配はいらないみたいですね。

周りの大切な人を満足させてみて、そういう生き方が出来た時に初めて

自分を満足させられる気がする…の部分が、

昔も今もマネージャーとして尽くしてきたつむぎ(古川琴音)と重なりました。

彼もマルチ商法にハマって仕事も友達も失って、どん底状態に陥って引きこもり…なんていう

一見"負けた"と捉えられる経験を過ごしてきたけど、

その充電期間が今の自分に繋がっている。

春斗だけが何も進路が決まっていない状態ですが、

彼のように、一旦立ち止まって休んでみるのもアリなのかも…とも思わされました。

 

コントの方は、2人の様子の実況=サッカーの試合の実況、司会者=歯科医者と

2つの意味がかけられているのも面白かったです。

厳格な父親を演じる潤平(仲野太賀)…きっとその役に愛着が湧いてしまうでしょうねぇ。

 

次回は最終回って事で…

解散が失敗じゃないとは分かっていても、春斗大好きな2人のエピソードを見てからだと

やっぱり寂しいものはありますよ…(泣)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


レンアイ漫画家 11話(最終回) 感想|君は僕の…の答えは夕陽の見える防波堤で

 

f:id:rincoro_ht:20210409000213p:plain

 

正直…どうなってしまうんだろうか、前回の感想で書いた通り本当に駆け足になって

無理くりハッピーエンド!になってしまうんではないかと、

途中までうっすらとした不安が頭を過ぎりながら見ていました(笑)

不器用な人は、自分との向き合い方もとことん不器用なんだなぁ。

漫画を忘れるためにデイトレーダーを始めたり、

内心泣きそうな心境でパリピな男を演じてみたり、島に籠って新作を描いたり…

なんで大型客船じゃなくて漁船で行った!?ってツッコミたくもなったけれど、

そんな所も含めて、ああ、なんかもう、清一郎(鈴木亮平)らしいな、愛しいなって…。

勇気を振り絞って想いを伝える彼の姿に、

2人みたいに私もぎゅっと抱きしめたくなっちゃいました。

 

最初は「???」でしかなかったキャラ変にもきちんと理由があり、

今までの物語の地続きの話だったと分からせる。

登場人物は一般的な職に勤めているのが前提で、

いかにも漫画ちっくな設定と、思わず見入ってしまう感動的なシーンを描き分ける点において、

本作ほど"ラブコメディ"のお手本と呼べる作品は中々なかったんじゃないかなぁ。

再プロポーズのくだりも、その場が防波堤だというトンチキさも吹っ飛ぶほどの

ロマンチックな雰囲気が漂っていて。まるで洋画を見ているみたい。

主題歌と物語の親和性については前々から書いてきたけれども、

今回に至っては…夕陽も良い仕事し過ぎでしょ!

って思いました(笑)

 

久しぶりに画像を使って「グッと来た部分」を書き残すとすると…

↓清一郎があいこを想って描いた漫画原稿を返す時はまだ淡いんだけど、

f:id:rincoro_ht:20210618003110j:plain

↓あいこの誕生日に向けていろいろと計画を練っていたのがおじゃんになったと気づき、

清一郎が狼狽し始める時には徐々に夕陽が差し込んできて…

f:id:rincoro_ht:20210618004008j:plain

↓あいこが「聞かせろ!」と強気な姿勢で攻めてきた時には

一気にオレンジの色味が濃くなっていく…

f:id:rincoro_ht:20210618004429j:plain

この暖かくてかつ強いオレンジの光は、あいこの性格を表しているようでしたし、

特にここで2人にフォーカスを当てるカメラワークなんかは

"2人だけの世界"を光が包み込んでくれている感じがして堪らなかった。

「俺は…俺は君の、たった1人の、人生の相方でいたい」

精一杯頭を撫でるあいこのタイミングで流れるいつもの主題歌の出だし

「♪君は僕の何ですか? もしかして もしかして」

今まで、関係性がぼんやりと見えてきた部分も、迷い始めて分からなくなってしまった部分も

全てこの主題歌の出だしが"問いかけ"として物語を紡いできたけれども、

最終回ではしっかり"答え"の役割を果たしているのが伝わる流れ。

さらに鳥肌が立ったのは「赤い糸で絡まってゆく 2つで1つのカタワレ」もシンクロさせてきた所!

清一郎があいこを高く抱っこして、この歌詞が流れたら

今度は彼の顔を彼女の胸にうずめていくという密着具合…

まさしく赤い糸で絡まってるじゃん…なんて、胸がときめいてしょうがなかったです。

もう、絵ですよ。←あれ、さっき洋画って言ったのにw

高い抱っこのシーンは額縁に入れて飾りたいほどの美しさでした。

 

全体を振り返ってみれば、初回=第一印象はとにかく突飛な設定と演出で

面白おかしく見せようという空回りな印象が強くて、

「あ、これは私の苦手系なやつだな」と思っていて。

3話くらいまでは複数のエピソードの展開の仕方のぎこちなさに

勿体なさを感じていたけれども…

それでも、ちょっとでも「応援したい」「見守ってみたい」という気持ちで見続けてきた理由は

清一郎が時たま覗かせる"優しさ"と"ポンコツ"の二面性に惹かれてしまったからなんですよねぇ。

この描写がなければ、とっくにリタイアしていたかもしれない。

完走出来て嬉しかったです。

完璧とは言えないし、都合の良い所もあったけど、

逆にそれが清一郎とあいこを描く本作らしくて…結果的に愛すべき作品になりました。

 

本作でお見かけするまで、演じてきた役柄的に義理堅いイメージのあった鈴木亮平さんの

新境地になった作品だったと思いますし、

最終回だけで言えば、キャラ変にも柔軟に対応出来る役者さんは

役作りのために体重増減するほどの

ストイックな鈴木亮平さんでなければ成立しなかったでしょうね。

吉岡里帆さんも、悪女役は「カルテット」を最後に、

それ以降はポンコツ系の役ばかり演じられていて

イマイチ魅力的に映らなかった時もあったんですけど、

あいこという役はその系統の中では最も光っているように見えました。

等身大でしたよね…はっきりものを言う時のキリッとした表情に、

乙女らしい繊細さに、和やかな雰囲気を醸し出す佇まいに…

劇中でいろんな表情を見せる吉岡さんが好きでした。

 

2人を囲む登場人物もみな個性的で、ツッコミどころもあって楽しかったなぁ。

これはあくまでも個人的な考えですが、

竜星涼さんは、三枚目な役を極めてみてもアリなのかもしれませんね。

 

はぁ…ここまで面白くなるなら、録画を残しておけば良かった…(泣)

今期のフジテレビのプライムタイムのドラマ3本、

どれも当たりだったのって2018年4月期以来では…?

最終回も満足の行く終わり方だったのも、かなりポイントが高いです。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓今までの感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


着飾る恋には理由があって 9話 感想|相手にかけてあげる言葉の難しさ

 

f:id:rincoro_ht:20210420233554p:plain

 

怒りを引きずらず、間に合わなかった件についてすぐに謝れて、

電話した事やその電話番号が駿(横浜流星)だと気づかなかった事もきちんと共有して、

お詫びにご飯作りました!今度こそ2人で出かけよう!と自然な流れで次の予定も立てて…

2人の間に心のすれ違いを生じさせる形で話を引き延ばす展開にしないの、

恋愛ドラマではかなり珍しいし、本当に潔くて良いなぁ。

前回の感想にも似たような事を書いたけれど、駿を一度好きと決めたら

その気持ちにブレがないんだもんな…真柴(川口春奈)は。

 

確かに、視聴者には登場人物の心境を早いうちに分からせて、

それが意中の相手にはまだ伝わっていない(あえて描こうとしない)所に

歯がゆい感情を抱えさせて、

「本当は違うのに!」「早く想いを告白しちゃえば良いのに!」などと言わせて

盛り上げる恋愛ドラマだって全然アリ。

それはそれで登場人物に感情移入して、

応援する事に熱中してしまいたくなる面白さがあるから、否定はしない。

でも、全てのカップルが先延ばしにするタイプだとは限らないだろうし、

2人みたいにあっさりと想いを打ち明けられるカップルがいたって良いじゃん♪って思ってます

シェアハウスの住人同士で、部屋も隣だから…っていう共通点のお陰でもあるかもしれませんね。

そもそも、真柴と駿がぶつかるべき問題はそこではないですし。

 

にしても、おしゃれな物に囲まれて着飾る事を辞める真柴に、

将来を考えて画家になる事を諦めようとする羽瀬(中村アン)ねぇ…。

2人の描写を見ていると、ちょっと「コントが始まる」と重なってしまいました。

(一度でも)注目の的になった者、長い間日の目を浴びなかった者で状況は違うんですが、

どちらの作品の登場人物にしても「キラキラ輝いている世界に入る事を夢見ていた自分」

「いつしか"現実"ばかりを目の当たりにするようになり挫折を覚えてしまった」点では

似ている気がします。

 

で…未来人でもない限り、こういう時はどんな言葉をかけてあげるべきか、

彼女にとってどんな選択が正しいのかなんて分からない。

でもさ、陽人(丸山隆平)の場合、

「せやったら」から始まるプロポーズは違うなぁ…と思っちゃいます(泣)

言葉は言い方1つで結構変わる。

弱っている羽瀬を想って言ったのは理解出来るけれども、

その言い方だと逃げ道を作っているかのように聞こえるので…これは羽瀬の方に同情します。

 

一方で、駿の方は"あえて言葉を濁す"のが焦れったい。

でもそれは、真柴が最終的に自分らしい決断をしてくれる事、彼女を信じている証拠でもある。

真柴は彼から「じゃあ一緒に逃げちゃおうか」って言葉が欲しかったのかもしれないし、

元々は自分と違って何も持たない所に惹かれて好きになったんだけど、

彼も同じように、過去からずっと逃げていた自分に前を向いて歩き出す力をもらって

今こうして新たな道を切り開いて行けているから、

その成長をずっとそばで見ていれば、「求めている言葉をくれる=優しさ」ではない事には

気づくはずなんですよね。

 

インフルエンサーを諦めて北海道に行くか、それとも東京で頑張り続けるか…

最終回前に恋人が転勤するくだりは王道でも、この2つの選択肢で揺れ動く所は

実に本作らしいなぁと思います。

そして…今回も星野源争奪戦は葉山(向井理)の勝利。

あれはずるいさ。駿派の私でも、通行人に泣いている姿を見せないように

そっと隠すシーンにはやられましたよ。

しかも、「俺が今隠してあげてるぜ!」じゃなくて

「あれ…もしかして、隠してくれてる…?」って薄々気づく程度のさり気なさ。

しかーし!もう遅い。残念ながら、来週で終わりなので、当て馬になってもらわなくては…

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net