2021年冬ドラマ-知ってるワイフ一覧

知ってるワイフ 8話 感想|津山主任が報われる世界に戻して!

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

尺が余ったから、カップルの話が周りに広まるくだりに、

篠原(末澤誠也)が樋口(安藤ニコ)に、西(マギー)が小谷(猫背椿)に告白するという

恋愛で活気づく社内のエピソード=サブ要素を盛り込んでみました感。

う〜ん…それだったら、回想を通して澪(広瀬アリス)に未練がある様子を何度も描くように、

沙也佳(瀧本美織)に対して「なんで…?俺はいつ間違えたんだ?

いつ彼女を傷つけてしまったんだ?」と過去を振り返っては苦しむ

元春(大倉忠義)の心情を掘り下げていって欲しかったかなぁって気もします。

まぁ、沙也佳よりも澪の方が気になっていたから、回想の量にも変化が出たんじゃ…

と言われてしまえばそれまでなんですが(笑)

 

でも、今回の元春にはちょっと見直しましたね。

すぐ隣に自分の好きだった相手がいて、告白を受けたにもかかわらず、

また一緒になりたい欲望が出そうなのを何とか堪えつつ

「俺"たち"はダメだ」と精一杯の言葉で断ってみせた。

沙也佳に離婚届を出された時は、特に抵抗する事もなく記入していたから、

澪の時も含めて、きっと結婚も流されるまま決めたんだろうな〜と思っていた分、

偉い!やるじゃん!と妙に嬉しくなってしまいましたわ。←誰w

 

元春は自分の気持ちに蓋をして、

澪と沙也佳は「本来の自分」を見せてきたって感じでもある展開。

 

沙也佳に関しては。

上原(小関裕太)に言われた「本当の沙也佳さん、見たいなぁ」が

離婚届を出すきっかけになったんでしょうけど、

落ち込んでいる時でも彼の甘い言葉になびかない彼女は

案外芯がしっかりとした人なんだと思いますよ。

元春にとっては「お嬢様」としか見られていないのに苛立っただけで…

もっとサバサバとして知的な性格である事を知ってくれる人が出てきたら、

本当の幸せを勝ち取れるのかも。

一方で…元春よりもツッコミたくなったのは澪です(笑)

離婚すると知ってから「剣崎主任が好きです」は早過ぎない?

あなたにも付き合っている人がいるんですよ??まだ離婚届提出してませんよ??

今回はたまたま津山(松下洸平)に聞かれていなくて良かったかもしれないけど、

いないのを確認した上で告白したのだとしたら…確信犯ですよ、これは(苦笑)

ヒロインらしい可愛げのある澪は好きでも、元春に近づこうとする澪は好きじゃないねぇ。

彼の良い所しか見ていない澪に、ぜひ1話の彼の酷さを見せてあげたいですw

 

ラソン大会に全員強制参加させられて、運動が苦手な人にも走らせる銀行もかなり地獄ですが、

一番地獄を見ているのは(見る事になりそうなのは)津山だと思いますよ。

元春がタイムスリップしていなければ、婚約していた相手とも結婚できたはずだし、

双子の赤ちゃんも授かっていたはずだし、

好きだった相手が振り向いてくれない苦しみを新たに味わう経験はしなかったはず。

かつての世界でも、今の世界でも、恋人と長続きしないのは

ある意味運命なのかどうか…(泣)

 

この流れなら、元春と澪が元サヤになるのが妥当でしょうけど。

それだったら!ちゃんと1話の頃の世界に戻って

津山にも本来得るはずだった幸せな日々を取り戻させてあげて!!!

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


知ってるワイフ 7話 感想|結局は「元春が悪い」で終わるw

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

前回「俺が沙也佳(瀧本美織)を幸せにする」と言って始まった第2章。

なるほど…元春(大倉忠義)の決意を、"あの頃の思い出"をほぼ挿入しない形で、

澪(広瀬アリス)とのやり取りを減らした形で見せてきましたか…。

でも、彼はやっぱり出来る人ではないので、沙也佳と関わっていく中で

「俺は今の生活に満足しているんだろうか」「このままで良いんだろうか」という葛藤や

一緒にいてどことなく楽しくないという不満も描かれていて、

暗喩的に澪への未練も表現されている。

この演出は面白いですね。恋愛モノとしては結構新感覚。

 

ただ…これは個人的なイメージですけど、

韓流っぽさが再び顔を覗かせた気がしなくもないです(笑)

夫婦喧嘩で沙也佳が怒鳴っている姿が初回の澪と重なってしまう所だとか、

誹謗中傷で書き込む言葉に「整形美人」が出てくるとか、

「どこかに連れてって」「どこ?」「遠い所」なんてファンタジーな会話が

急に繰り広げられるのだとか。

特に"怒り"の感情をヒステリックに見せる印象が強い。

女性が怒鳴っているシーンを見ると、どうしても心がズキズキしてしまいますなぁ。

 

回を重ねるごとに、少しずつ沙也佳に同情したくなったけれど、

今回の「自分の事が最優先」的な自分勝手っぷりにはちょっと引く。

でもさ…よくよく考えたら、これはある意味策略なんですよ。きっと。

現に、澪だって元春の手を頭に乗せたり、母を置いて元春と2人っきりになったり

かなりあざとい行為をしているのに、責められる描写は全然ない。

既婚者の元春の前で母が澪の事を「私が思い描いていた理想の嫁」と褒めるのは、

沙也佳を"結婚するのを間違えた相手"と例えているようなもんでしょうし。

澪を良い印象づけるために、結構酷いキャラに描かれているとは思うんですよね。

そもそも、ビハインドで悪口を書く気にさせたのは2人が原因なのに、

何の心当たりもない様子で「なんでそんな事したの?」みたいな冷ややかな目で

見られているのが可哀想。

 

まぁ…結局は「元春が悪い」で落ち着くんですけど。

婿の立場で贅沢な暮らしさせてもらってる事に対して感謝の言葉もかけず、

頭の中は元妻の事ばかりなくせして「だから謝っただろ!」「俺は召使い」は、ない(笑)

沙也佳は彼のどこを好きになって結婚したんでしょうねぇ。

社長令嬢だったらパーティーでいろんな人と知り合う訳で、

ごく普通の銀行員に恋に落ちる事は早々ないだろうに…ビビッときたのがどこなのか知りたい。

 

上原(小関裕太)は最終的に当て馬ポジで終わるとは思ってます。

後は…元サヤで終わるのかどうか、本当に分からない。(基本的に応援はしている。)

だって全然学習してないんだもん(泣)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

  

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


知ってるワイフ 6話 感想|澪もタチ悪い気がしてきたぞ…?

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

私は基本的に本作が好きで、好意的に見ていますが、

少しでも「おや?」と感じた所は出来る限り書き残していくスタンスを取っているので。

今回だけは引っかかる所があったので、書かせて欲しいです。

 

まず、元春(大倉忠義)と澪(広瀬アリス)の距離を縮めさせるためとは言え、

いくら何でも展開が都合良すぎるんじゃないかなぁ…と。

飲み会で上司に付き合わされて、

津山(松下洸平)が酔っ払っているからという事情は分かりますけど。

それでもあの性格上、澪が困っているなら助けに行くはずだし、

なのに津山に連絡をしている(た)様子が澪から見受けられないから、

本来今の彼氏であるはずの彼が中盤からほとんど登場してこないのが

不自然に思えてしまいました。

それに、認知症の母親が出て行ってしまって、一人で抱え込むほど不安だったのにもかかわらず、

夜遅くになっても元春に唆されるまで、警察に捜索願を出さなかったというのも何か変。

 

そして、元春自身「何も気づかなかったし、知ろうともしなかった」状態から

「気づきはしているけど、どこを改善して行ったら良いのか分からない」状態にと

段階を踏んで変化しているのも分かるのですが、

今回からは、今までの"大きな気づき"を得ていく流れをやめて、

沙也佳を幸せにすると決意した ある意味"第2章"ともとれる内容にしたためか、

結局右往左往するだけで話が進んでいないなぁ…という気も。

支店長の稟議書のくだりが、個人的には余計だったんですよね。

あの棒読みのコントが滑っている上に、浮いているようにも感じたので、

社内パートももうちょっと本筋に絡めて欲しかった。

 

引っかかった所はこれでおしまい。

で、本編に関しては…今回は最終的に沙也佳(瀧本美織)も久恵(片平なぎさ)も交えて

女の敵は女」みたいな女性同士の修羅場を匂わせる終わり方をした訳ですが。

何というか、実は澪がその中では一番タチ悪いんじゃないかなぁ…と思ってますw

もちろん、お互い別々に大切な人がいる者同士で、断ち切ろうとしているのなら、

交番に連れて行った時点で警察に任せて帰れば良い元春は言わずもがな。

でもさ…"彼は既婚者"という認識は澪にもあるんでしょ?

だったらなんで「もう大丈夫だから、ありがとう」と断りを入れずに

2人で長い時間を過ごそうとするのか。

もしかしたらまた母が出て行くかもしれないのに、なんで家の鍵を閉めないのか(笑)

彼女がモンスターになってしまった理由も分かる気はしましたが、

周りが見えなくなる点では共通しているのかも…とも思えてきましたよ。

 

実際、沙也佳の言う事は"ど正論"でしたからねぇ。

「あたしに嘘ついて、ずっと一緒にいたんでしょ!」

「あたし昨日から言ってたよね。話したい事があるって。

なのにあたしの事ほっといて、どういう関係なの?」

「彼女がいけないのよ。普通上司を連れ回す?」

本当に元春も澪もその通り過ぎて、もう庇いようがないのが(苦笑)

通常だったら多分、登場人物が"見ていない"所で主人公の動きを書いて、

視聴者にそれを伝えさせて、想いがすれ違う両者に対して

「違うんだよ!本当は…」とじれったい気持ちで見てしまうもんなんですけど、

本作の場合はそういうのがない。

沙也佳の事はちょっとヒステリックで怖そうだな…と思ってましたが、

今回の件を考えると、同情する方に傾きましたかね。

 

買ったお惣菜の盛り合わせとは言え。

料理の準備が終えたらすぐに、元春と2人で食事をした回数はどれくらいなのか。

今日はご飯をちゃんと食べたのか。

プライドが高い性格なだけに、心配になってきましたよ。

もう上原(小関裕太)と結ばれちゃいなよ!とさえ思います(笑)

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

 


知ってるワイフ 5話 感想|元春に春は来ず…(泣)

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

神様はお見通しなんでしょうねぇ…

元春(大倉忠義)の考えが甘過ぎる事を(笑)

だから戻りたくても戻らせてはくれなかった。

 

前回と感想が被りますけど、

どうしても澪(広瀬アリス)とやり直したいと強く思うのであれば、

現妻・沙也佳(瀧本美織)との関係を断ち切って

仕事も恋も全部失うまでの覚悟がないと許してくれないと思うんですよ。

それか、もう過去の思い出はきっぱり捨てて、沙也佳との人生を選ぶか。

しかし…元春の場合はどちらも中途半端だ。

沙也佳も幸せに出来ていなければ、

"新しい繋がり"を持った上で元妻と接近しようとしているのがアカン過ぎる。

 

タイムスリップしてから自分が今まで知らなかった澪の顔や想いを知って反省して、

次こそは笑顔で過ごせる人生を送らせてあげたい!という気持ちになるのは痛いほど分かる。

私も「あの時こうしていれば」と後悔する事が多々あるから。

でも、澪が味わった苦悩を今度は沙也佳が味わっている事を自覚していない限りは、

戻ってもまた繰り返すだけだと思います(笑)

澪が熱出た時も「澪」「澪」で頭がいっぱいで、沙也佳の存在を完全に忘れていたでしょ?

澪への嫉妬に対して「君の方が綺麗だよ」なんて

まるで浮気した男が誤魔化すような軽い褒め言葉で返したでしょ?

タイムスリップしていなかったら多分一生気づけなかったんだろうなぁ…と思えるくらい

元春が苦しむ姿を見せるから、成長して最後は元サヤの結末になれたら良いなぁと

願ってはいるんですけどね。

どうやったら"次のステージ"に突入出来るんでしょうねぇ…(泣)

 

主人公に関する感想はここまでにしておいて。

ドラマの世界でかつ、タイムスリップモノなら必ずやりそうな

「再び過去に戻れる」のくだりをナシにして、

中間地点でここまで現実味を帯びせる作りになってきたのは面白いですね。

単に人生をリセットする話…じゃなくて、

「人生をやり直す事がどれだけ重いか」

「やり直した事で生まれる痛みとどう向き合っていくのか」という、

"タイムスリップ=フィクション"と"戻りたくてももう戻れない苦しみ=ノンフィクション"が

同時に混在している作りが何だかクセになります。

 

個人的には元サヤ派で、最終回で「今度は上手く行きそうかも…?」と

視聴者が想像を膨らませられるような締め方をして欲しい派ですが、

今回の結末を見る限り、このまま新しい人生を、夫婦の形であれ独身の形であれ

生きて行く展開になってもおかしくなさそうです。

 

うん…じわじわハマってきておりますな…(笑)

個人的な話をすると、木曜2本のドラマは2018年の冬から本格的に見続けていますが、

2本とも面白いっていうのはかなり珍しいかも。

(今までは、どっちかが微妙、たまにどっちも微妙…というイメージだったもんで。)

 

そういえば、もう1つ気になっている良治(生瀬勝久)と久恵(片平なぎさ)の方の

進展はなかったですね。

久恵の婿認識の件は「切っても切れない縁がある」で終わりなのかしら。

何かありそうなんですけど…

良治が元春に対して言った「変えたくて変えたんだろ?」の言い方からして、

自分が彼と同じように元妻とやり直したいと感じた経験があっても、

結局はやり直せなかったからお前も今の人生を生きるしかないんだよ…

という"含み"を持たせているように思えたんですよ。

え?考え過ぎだって?

まぁ…後の祭りだと言うほど呆れているのも無理はないですが(笑)

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

  

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


知ってるワイフ 4話 感想|澪に近づくならまずは離婚を!

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

いや〜…凄いな。

回を重ねるごとに元春(大倉忠義)がかっこ悪い人に見えてくる(笑)

澪(広瀬アリス)への嫉妬とか、動揺する気持ちとか、揺れ動く感情とか…

もろ顔に出てしまっている所がとんでもなくダメダメである。

でも、ちょっと表現は違うかもしれないけど、

主人公を(全然冴えないという意味合いで)あそこまで当て馬っぽく描くのも

随分潔いなぁと思いますよ。

変に主人公を立てたり、彼の考え方を肯定するような描写・演出をしたりしないからこそ、

いざ"何か"に気づいた時のショックを同じ目線で味わえる面白さがあると言いますか。

どん底まで印象が下がったら…もう後は上がるしかないってやつですね。

 

今回の元春にとっての最大の"気づき"は「俺が彼女を鬼にした」という事。

いや、今更か!とツッコミたくもなってしまうけれど、

初回から散々おぼっちゃん気質を見せてきた彼の事だから、

ここでようやく気づくのも妥当なのかな…とは思いました。

で、その時に着ていた、ちょっとヨレた地味目なTシャツが

また良い仕事するんですよ。

キチッとした銀行でのシーンとか、洒落た店で3人で食事するシーンとか、

私服だからというのもあるけど

他の2人と随分浮いているような違和感を覚えたのは、恐らく意図してのものだったみたい。

元春がいかにちっぽけな人間であるかを際立たせていた気がします。

 

今までに得た大切なものを犠牲にしてまで手に入れた世界で

今度こそ幸せに満ちた生活を送るはずだったのに、

自分は昔と変わらず、自分自身も澪も沙也佳(瀧本美織)も

誰一人幸せに出来ていないという現実を思い知る…。

それに気づいた時に一気に襲ってきた感情を

どう整理して良いのか分からないような"心の揺らぎ"を

大倉さんがあまりにも丁寧に演じるから、

好き同士だったはずなのに結婚生活が上手くいかなかった人って

きっとこうやって絶望感を味わうんだろうなぁ…というのがよく伝わるし、

結婚経験もしていないのにグサッとも来る。

 

仕事で疲れているのを言い訳に相手を想いやれず、

「俺はこんなに頑張ってるんだから」を押し付ける所には

ちょっと思い当たる節もありましたし、

絶対何か抱えている泣き方だというのも、澪の様子を見れば分かる。

 

そして、前回の感想で「久恵(片平なぎさ)も同じく

タイムスリップ経験者なのか」と書きましたが、

良治(生瀬勝久)とのシーンを見てみると、

もしかしたら良治は元春と同じ「妻を変えるためにタイムスリップしてきた」立場で、

久恵は澪と同じ立場なのかとも考えられますね。

そしたら、「会っていないはずなのになぜか昔から知っている感じがする」のも

辻褄が合いそうですし。久恵もまた夢を見ているのかも?

ここもどんどん気になってきましたな。

 

最後に、これは本作の良し悪しを言っているんじゃなくて、

単純に元春へのツッコミなんですけど…

澪に未練があって近づきたいんなら、

まず現妻と離婚して独身になってからにして!

と言いたいです(笑)

既婚者が違う女性に近づいたら、普通に浮気ですしねぇ。

頭を触る手もなぜか離そうとしないw

沙也加も言えないまま何か悩みを抱えているのが分かりましたし、

堪忍袋の緒が切れる前に早くケジメをつけた方が…

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


知ってるワイフ 3話 感想|考えに変化が生まれるが故の切なさが…

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

何というか…本作に対する印象の変化を、

「出会いは最悪!でもなぜかどんどん好きになっちゃってる…」っていう

少女漫画であるあるの展開と重ねて見てしまっている私がいます(笑)

 

最初は元春(大倉忠義)の描写にうんざりした部分もありましたし、

何ならちっとも魅力を感じませんでしたけど、

初回で彼の"どん底"を見せたのが今では物語の面白さに繋がっていて。

確かに、今回でも「黙ってとは何ぞ?」などとイラッときたり、

回想がちょっと長いかな?と思いもしたりしましたが、

徐々に反省の色を見せているのが伝わるので

ついつい同情したくもなってしまうんですよねぇ…。

そして、"どん底な現状"を最初の段階で提示したお陰で、

度々出てくる回想や澪(広瀬アリス)の"あの"シーンにも

「あの時こうだったら」という深みも増してくる。

中々チャレンジングな構成ですけどね。

初回で脱落した方、戻ってきて〜!あの内容にした理由が分かるよ〜!!

って言いたいですw

 

そして、「あの時こうだったら」という元春の気持ちにひしひし共感して

切なくなってしまうのは、大倉忠義さんと広瀬アリスさんの演技にもあって。

大倉くん、なんでちょっと冷めたような、

訥々とした喋り方をされるんだろう…と思っていたんですけど、

恐らくアリスさんの笑顔を振りまいてイキイキとした演技を際立たせて、

"上手くいっている彼女"と"上手くいかなかった彼"で

二者間の立ち位置の違いを明確に表すためなのかもな〜…と考えてます。

自分は澪との人生を終わりにしたんだ。だからもう振り返らないようにするんだ!っていう

"強がり"にもとれますし。

でも二人は偶然出会ってしまう。運命は時に残酷。

その度過去を思い出しては、自分が彼女の笑顔を失わせてしまったのだ…と

ひたすら後悔する姿が人間臭くて、そこが妙に面白いんですね。

 

今の所、元春には負の感情が膨らんできている状態ですが、

きっと元サヤに戻るだろう…とほんの期待をしながらも見ています。

当時は両想いなつもりでも、どうしても生徒と先生の関係から始まった以上

一歩踏み込めない部分は無意識にあったでしょうから。

タイムスリップした今、両者は大人で、澪も理想ばかり言ってられない事は

社会を通して学んだかもしれません。

同じ職場で働いているとなると、生活を共にする時間も増えて、

相手を知る機会も増えてくる訳で…

そっちの出会いの方がお互い将来や現実的な事も考えられそうですし、

上手く行きそうな気がしています。

(まぁ、不仲になった原因として、

一概に"出会うタイミングが悪かったから"とは言えないですけどねw)

 

ただの記憶障がい持ちだと思っていた分、

澪の母・久恵(片平なぎさ)がまさか過去を変える前の元春を知っているとは思いもしなくて、

ますます本作の展開に興味が湧いてきました。

サスペンスだったら、証拠隠滅させるためにひっそり消されるパターンですね(笑)

久恵も元春と同じく、タイムスリップ経験者なのか…

過去と現在を行き来しているうちに、

どっちが正しい情報かこんがらがってしまったって所なんでしょうかねぇ。

物語にどうやって介入していくのか。気になる。

 

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


知ってるワイフ 2話 感想|"見方"が分かってきた感じ。

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

なるほど…やっぱり過去に飛んでは、また現在に戻る…というのを繰り返す訳だ。

前回は夫婦関係や人物説明を映像化し過ぎていて、そこに尺を取られたが故に

タイムスリップならではの魅力を十分に味わえなかった残念感がありましたが、

今回は全体的に「過去に飛んだら何がどう変わったのか」を軸に物語を進めており、

見やすくなったような気がします。

そして、本作を、主人公をどう見れば面白いと思えるか…というのも分かってしまったり。

 

澪(広瀬アリス)との出会いがなかったら今いる子供もいなくなるのなんて、

多くの人は想像出来るはず。

でも、元春(大倉忠義)はとにかく自分大好きっ子で、

自分の幸せを求める事だけを考えて動いているから、その発想には至らない(笑)

澪の好きないちごシェイクを咄嗟に呟いてしまったり、彼女を守ろうと抱いてしまったり…

迂闊な部分を見せるのは、同じくタイムスリップを扱った「テセウスの船」の心と少し被って

ツッコみたくもなってしまうんですが、

初回の時点で彼には共感出来ないと分かった所で、

もうこれは"人物に気持ちを重ねて見る"のではなく、"一人の人生を見届けてみよう"と

割り切った方が楽しめるんじゃないかとも思えました。

だって…言動に一々反応してたらキリがないし、ネガティブな感情が溜まっていくだけ。

 

そして、もう一つ気づいた事としては、

多分、元春自身の"後悔と気づきの物語"なんだろうなぁ…という事。

本作の捉え方が少し変わった理由としては、澪が新社員として配属されてきて、

仕事場でもカラオケでもいろんな一面を見る度に「澪の本性は一体…?」と

考え始めるシーンがあったから。

俺と結婚しない選択をしたら、冷静な対応が出来ていた。

親しみやすい人柄だと社内で評判になっていた。

でも、メンタルが強い=逞しい所は変わらない…なぜ?いつどこで彼女は変わってしまった?

まだ自分とは向き合っていなくても、少なくともタイムスリップしていなければ

"澪そのもの"をじっくり見る機会はなかった訳で、

今回はとりあえずそれに気づく事は出来た。

初回を見た限りでは、タイムスリップした事に特別興奮している感じでもなくて、

ただ流されていっているだけの印象ではありましたが、

「神様の飴と鞭による試練」の元で、小さいものでも1つずつ"違和感"を覚え始める元春が

段階を踏んで"ダメダメだった自分"が"それなりの幸せを手に入れた自分"へと変わっていく

成長物語として見てみたら、もしかしたらイケるんじゃないかなぁという気がしてきました。

 

謎の男(生瀬勝久)との出会いだけでなく、

同期の千晴(松下洸平)の恋愛事情や ←澪との恋愛に参戦する可能性も…?

沙也佳(瀧本美織)の何やら穏やかではない表情など、

サブ要素を充実させているのも悪くないと思います。

あとは、作風がどうも真面目っぽいので、

コミカルな演出を取り入れてメリハリをつけてくれたら…。

 

今回から見始めても恐らくついていけそうな内容なのを考えたら、

本当、初回は"掴み"としては弱かったですね。

ドラマ好きなら3話くらいまで様子見する事はあっても

(もうこの方向性で行くんだな…というのが見えた場合は初回で切る場合もあるけどw)、

そこまで見ずに判断してしまう視聴者の方が多いですから…。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 

↓前回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net

 


知ってるワイフ 1話 感想|自分と向き合ってから出直してきて。以上!

 

f:id:rincoro_ht:20210108000414p:plain

 

全然掴み所のない初回だった…。

何を一番に見せたいのかがしっちゃかめっちゃかなんですよね。

 

500円という安さだから過去も部分的に変えられるという仕組みなんでしょうけど、

回想=主人公の背景紹介との配分がとにかく悪過ぎる。端的に言い換えれば、クソ長い。

元春(大倉忠義)が後悔を抱き始めた相手と出会ったきっかけを描くのは

確かに初回で押さえるべきポイントだとは思う。

ノローグや台詞量の多さで尺を埋めるより、そちらの方が丁寧でマシだとも思います。

でも…もうちょっと整理出来なかったかなぁ。

過去に戻った事でまた回想で見た流れと同じ展開をやるくらいだったら、

序盤の段階で"家族の問題"と"澪(広瀬アリス)が怒っている原因"を提示して、

何であんな妻になってしまったんだ〜…と頭を抱えている所に

小池(生瀬勝久)のあのシーンを挿入すれば、本作がどんな物語かも分かりやすいし、

同じシーンの繰り返しによる助長感も薄まったんじゃないでしょうか。

 

それで、タイムスリップするまでの過程が面白ければ良いんですけどねぇ…

仕事も家庭も特に困窮している様子でもないし。

一番困るのは、元春自身に「過去を変えたい」「こんな自分を変えたい」という意志が見えず、

あ、過去にタイムスリップしちゃった〜…なんか知らんけど戻ってきちゃった〜…

みたいな、ただただ流れに振り回されているようにしか感じられない事ね。

落ち度に気づこうとせず、「自分は間違ってない!なんで気持ちを分かってくれないの!」

ってムキになってしまう面倒臭さはあるあるでも…

この手のドラマにその性格は不向きだなぁと。

成長や隠された真相が見えるから面白味があるんだと(笑)

自分に非がないと思っている限りは、何度やり直してもまた同じ事を繰り返すだけですし。

当時はお嬢様オーラを放っていた沙也佳(瀧本美織)と結ばれるパターンになったとしても、

多分、今の澪のような状態にしてしまうでしょうね。

まぁ…色々経験しつつも、最終的には元サヤに収まるオチだと思いますけども。

 

疲れている嫁に向かって「肉じゃがもらってきた?」という無神経な発言をしたり、

ゲームが壊れた!でもケーブルを確認しないまま諦めて新しいゲーム機を買ってきたり

(早くに買ってきていたので、多分この流れだと考えてますw)

しているのを見ると、きっと彼は子供の時から分からない事があれば親に頼りっぱなしで、

甘やかされて育ってきたんだろう…というぼっちゃん気質なのが何となく分かる。

LINEする時間くらいはあっただろうに、何の連絡もよこさない。

全体的に元春の方が悪い。

だからと言って、澪に同情出来るかと言えば…ちょっとしづらいです。

ダメダメな夫、認知症の母親の件を考慮しても、

カニ爪を投げて怒鳴ったり、ゲーム機をわざと水没させたりするのはやり過ぎですし、

感情の起伏が激しくて「そこまでやる?」と疑問に感じる部分も多々あるんですよねぇ。

ヒステリックなのは韓ドラ由来…なのでしょうか。

どちらかが(というか主に元春が)

"自分に足りないモノ"に気づく展開を早めにやってくれないと…

夫婦のギスギスした関係を見続けるのはキツイものがあります。

 

予告からして、そんなにコメディコメディはしていないんだろうとは察しましたけど、

真面目な内容と幻想的なOP映像が噛み合っていないのも少し気になりますね。

バック・トゥ・ザ・フューチャー」風の演出はありましたが…

せっかく2つの月が象徴的に映し出されているんですから、

もっと"架空の物語"にこだわって、

ワープするシーン以外にも遊び心を取り入れてみたら良いのに。

 

やっぱり海外リメイク作品は上手く行きづらいね…とは思いつつも、

「僕らは奇跡でできている」橋部敦子さん脚本だから…というわずかな期待を込めて

もう少し様子見するつもりではいます。

 

 

↓次回の感想はこちら↓

kimama-freedays.ddns.net