SPドラマ一覧

夢食堂の料理人 感想|皆でフォローし合えばきっぱれる。

 

f:id:rincoro_ht:20190724015658p:plain

 

料理が鮮やかで、美味しそうに見えるドラマにハズレなし!

序盤は当時のオリンピックの料理担当が、どんな過程でチームを結成し

仕事をしてきたのかなど、若干ダイジェスト風な作りの印象を受けましたが。

最終的には、どのキャラも愛しいと感じられる、人の温かさがじんわり胸に響く

作品になっていたと思います。

 

また、「ダイジェスト風」とは書きましたが、三郎(高良健吾)・恵子(松本穂香)らの

オリンピック選手に直接関わる上での成長「みんなで支え合えば物事は上手く行く」を

メインに描き出しつつ。

それぞれのお国事情、郷土料理でも地域によって違いがあるという事、

男尊女卑の傾向にあった社会など、当時の時代・文化も物語に含ませてみせた

「学んで楽しく見られるドラマ」として昇華されていた1時間半でした。

 

当時と今とで如何に時代が進歩しているのか強く感じられたのは、

陸上選手・カディナが食べたいと言っていた、チャドの郷土料理「ダラバ」の件。

ダラバがどんな料理か想像出来なければ、そもそもチャドがどこにあるのかも分からない。

今を生きる私たちであれば、ネットで検索すればすぐ答えは出てくるけれど、

当時はネットもなく、人伝てで時間や労力を割く方法が主に使われていた…と。

これは、多くの視聴者が検索するという実体験もしましたし、

「当時の人々は如何に苦労したか」「当時の人々が築き上げて今がある有難み」を

伝えるには分かりやすく、最適のエピソードだったんではないでしょうか。

 

最初は三郎チーム4人の中で、1人異風を放っていた印象の山田(宮舘涼太)でしたが、

上京して東京に馴染むために頑張って来たんだに!と勢いよく方言を喋る姿には、

ああ…溶け込めて良かったなぁ...と思わず涙しました(笑)

みんな直向きに仕事を頑張る、良い子だったなぁ。

恵子ちゃんは素直に応援して行きたい。三郎くんの秋田弁は可愛らしかった。

しかしまぁ、高良さんに「田舎育ちの若者」役はドンピシャですね〜…

方言を喋る役のイメージが強いんですけど、何だろう?そんな役多かったっけかな?

 


ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ 前編 雑感|賢さが問われるラップバトル

f:id:rincoro_ht:20190713010018j:plain

 

雑感で。

トクサツガガガ」の小芝風花さんを見て好感度が上がり、

彼女目当てで、とりあえず前編を視聴。

うむ…やっぱり、上に挙げた作品で主演を張った事への影響は大きいですねぇ。

乗りに乗った「旬」みたいなモノが感じられました。

茨城弁も可愛いし…これはこれで魅力が伝わる役だったんじゃないでしょうか♪

 

ストーリーの方は特に書く事がないんですが、

ラッパーに対して「それ、韻踏めてないやん!」とか「リズミカルなラップやん」とか。

題材の通り全体的にラップが多いので、時々ツッコミを入れつつ

ゆる〜く楽しめたら良いかなぁと思ってます。

…っていうか、前後編にしなくても単発で足りたような気が(笑)

まぁそこは置いといて。

 

明日もリアタイはする予定ですが、多分後編の感想は書かないかもです。

 


ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ 前編 雑感|賢さが問われるラップバトル

f:id:rincoro_ht:20190713010018j:plain

 

雑感で。

トクサツガガガ」の小芝風花さんを見て好感度が上がり、

彼女目当てで、とりあえず前編を視聴。

うむ…やっぱり、上に挙げた作品で主演を張った事への影響は大きいですねぇ。

乗りに乗った「旬」みたいなモノが感じられました。

茨城弁も可愛いし…これはこれで魅力が伝わる役だったんじゃないでしょうか♪

 

ストーリーの方は特に書く事がないんですが、

ラッパーに対して「それ、韻踏めてないやん!」とか「リズミカルなラップやん」とか。

題材の通り全体的にラップが多いので、時々ツッコミを入れつつ

ゆる〜く楽しめたら良いかなぁと思ってます。

…っていうか、前後編にしなくても単発で足りたような気が(笑)

まぁそこは置いといて。

 

明日もリアタイはする予定ですが、多分後編の感想は書かないかもです。

 


もみ消して冬 2019夏 感想|約1年振りでも、北沢家のヤバさは健在だ。

  

f:id:rincoro_ht:20190629230424p:plain

 

ああ〜そうそう…そんな感じだったわ。

北沢家全員がやる事考える事クレイジーだったとか、

「例えばの話」を尾関(小瀧望)にする所とか、火サスのテーマ多用や変顔とか。

視聴するごとに、連ドラの頃の懐かしさに浸りながら見続けた2時間でありました。

 

山田涼介くんは、昨日の金ローの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」も見ていたもんですが、

昨日と今日では全くの別人みたいで(笑)

ジャニーズのアイドルなのに!!! 不憫過ぎて、可哀想で、でもそんな彼が可愛らしくて

応援したくなる…本作ほど中の人を推して上げて描かないのも珍しい。

普段では見られないような変顔やブサイクなキス顔←役柄として褒めてる

久々に見て満足出来たのも、続編をやる価値があるなぁと思える一つの要素でした。

 

メイド役の桜井日奈子ちゃんが出なかった事や、主題歌が「上を向いて歩こう」な

良い感じ風にする気満々な曲に変わってしまったのは、少々残念ではありましたが…

そこに行き着くんかい!なカオスさや、気軽に楽しめるユルさは健在で、

程々に面白かったです。

 

けど…残り30分まではちょっとグダッた感じがしたかな?

本作は「あり得ない方法で事件をもみ消す」「兄妹に振り回されて結局頑張っちゃう秀作」

が見所だと思ってるので。

1時間半分の話は秀作の恋や仕事の奮闘記がメインで、

彼に茶々を入れる博文(小澤征悦)や千晶(波瑠)の出番が少なかったように感じられて、

「もみ消し案件、来た〜!」などと、残り30分までは

見たいものを中々見させてくれない もどかしさがあった気がします。

連ドラの頃は、今回はどんな事件をもみ消すのか?という楽しさもあったので、

本作は2時間SPよりも連ドラの形の方がハマるのかもしれませんね。

 

ともあれ、続編・単発として約1年後に帰ってきても、どのキャラも相変わらず立っていて、

今後また続編やるにしても誰一人欠けて欲しくないなぁと純粋に思える作品でした。

ドラマロスを埋めてくれて感謝!

カンニングペーパーの件りには一番声出して笑いましたw

 

 

↓連ドラ時代の感想はこちら(今より拙いですが〜〜)↓

kimama-freedays.ddns.net

 


もみ消して冬 2019夏 感想|約1年振りでも、北沢家のヤバさは健在だ。

  

f:id:rincoro_ht:20190629230424p:plain

 

ああ〜そうそう…そんな感じだったわ。

北沢家全員がやる事考える事クレイジーだったとか、

「例えばの話」を尾関(小瀧望)にする所とか、火サスのテーマ多用や変顔とか。

視聴するごとに、連ドラの頃の懐かしさに浸りながら見続けた2時間でありました。

 

山田涼介くんは、昨日の金ローの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」も見ていたもんですが、

昨日と今日では全くの別人みたいで(笑)

ジャニーズのアイドルなのに!!! 不憫過ぎて、可哀想で、でもそんな彼が可愛らしくて

応援したくなる…本作ほど中の人を推して上げて描かないのも珍しい。

普段では見られないような変顔やブサイクなキス顔←役柄として褒めてる

久々に見て満足出来たのも、続編をやる価値があるなぁと思える一つの要素でした。

 

メイド役の桜井日奈子ちゃんが出なかった事や、主題歌が「上を向いて歩こう」な

良い感じ風にする気満々な曲に変わってしまったのは、少々残念ではありましたが…

そこに行き着くんかい!なカオスさや、気軽に楽しめるユルさは健在で、

程々に面白かったです。

 

けど…残り30分まではちょっとグダッた感じがしたかな?

本作は「あり得ない方法で事件をもみ消す」「兄妹に振り回されて結局頑張っちゃう秀作」

が見所だと思ってるので。

1時間半分の話は秀作の恋や仕事の奮闘記がメインで、

彼に茶々を入れる博文(小澤征悦)や千晶(波瑠)の出番が少なかったように感じられて、

「もみ消し案件、来た〜!」などと、残り30分までは

見たいものを中々見させてくれない もどかしさがあった気がします。

連ドラの頃は、今回はどんな事件をもみ消すのか?という楽しさもあったので、

本作は2時間SPよりも連ドラの形の方がハマるのかもしれませんね。

 

ともあれ、続編・単発として約1年後に帰ってきても、どのキャラも相変わらず立っていて、

今後また続編やるにしても誰一人欠けて欲しくないなぁと純粋に思える作品でした。

ドラマロスを埋めてくれて感謝!

カンニングペーパーの件りには一番声出して笑いましたw

 

 

↓連ドラ時代の感想はこちら(今より拙いですが〜〜)↓

kimama-freedays.ddns.net